• NEWS
  • 最終更新日:2022.08.11

YouTube運用代行会社比較20選!特徴と料金を比較|管理やサポート/解析付きのサービス/選び方

企業が初期の段階からYouTubeチャンネル運営を円滑に進める手段として外部の専門会社に依頼するのも一手。

専門知識が無い状態で企業YouTubeチャンネルの運用を通じてマーケティングを行う場合、YouTubeの運用代行会社に任せることを検討してみてみましょう。

この記事ではYouTube運用代行会社の種類おすすめのYouTube運用代行会社を12社紹介

またその特長と料金をあわせて解説しています。

「YouTube運用代行会社の比較を簡単に行いたい」「YouTubeを使ってマーケティングを成功させたい!」

という方はぜひ参考にしてみて下さいね。

今YouTubeチャンネルの運営でお困りのことがあれば、以下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。YouTube運用/YouTubeマーケティングに精通した担当者が最短即日でお答え致します。

お問い合わせ

YouTube運用代行会社とは?

まず初めに「YouTube運用代行会社」とはどんなサービスを提供してくれる会社なのでしょうか。

YouTube運用代行会社とは、クライアントのニーズや目的に合わせてYouTubeチャンネルの運営を代行してくれる会社です。

YouTubeチャンネルの運営には「YouTube動画制作」「VSEO対策」「ブランディング構築」など、やるべきことはさまざま。一般的な企業の場合、これらの作業や運営を行うために多くのリソースを割く必要がありますが、忙しい場合YouTube運用まで手が回らないことも多くあるでしょう。

そこでYouTube運用代行会社に、自社のYouTubeチャンネルの運用を任せることで、自社で運営せずともYouTubeを活用した動画マーケティング・ブランディング構築が可能になります。

また、YouTube運用代行会社は、YouTubeをはじめとした動画マーケティング・ブランディング構築のプロです。

自社内で「YouTubeチャンネルを運用しているけど成果が出ない」と悩んでいる企業も企画・分析・戦略策定など専門的な分野の作業を任せることで、飛躍的にチャンネル登録者数・視聴回数を伸ばすことができた例もあります。

以下では、実際にYouTube運用代行会社がしてくれることYouTube運用代行会社に依頼するメリット・デメリットを紹介します。

YouTubeマーケティングを企業が行うべき理由3選

YouTubeは、子供から大人まで幅広い世代に利用されているサービスです。

YouTubeで活動しているのはYouTuberだけではなく、YouTubeマーケティングを目的とした企業も含まれています。

YouTubeマーケティングを始める企業がなぜ増えているのか?疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

ここでは、企業がYouTubeマーケティングを行うべき理由を3つ紹介します。

1.広告費勝負の市場から抜け出す

以前まで企業の宣伝方法といえば、広告代理店と契約して、テレビCMや雑誌などに掲載する方法をイメージするのではないでしょうか。

広告代理店と契約する際には、広告費を支払う必要があり、より多くの人の目につきやすい場所ほど高額な広告費を準備しなければいけません。

しかし、YouTubeマーケティングの場合は無料で始められるので、広告費の節約にもつながります。

また広告費勝負の市場は、高額の広告費を用意できる大企業にとっては有利なものの、中小企業にとっては少し不利な点もあります。

そのような市場から抜け出すためにも、YouTubeマーケティングはおすすめです。

2.ユーザーとの接点を最大化しLTVを上げる

企業が提供している商品やサービスは、ただ売れるだけでは確実にLTVを上げられるとは限りません。

LTV(Life Time Value)とは、「顧客生涯価値」を表す指標であり、顧客が契約している間に企業にどれくらいの利益をもたらしたのかが分かる数値です。

LTVを上げるには、顧客との接点を最大化することがポイントの1つです。

顧客の中には、商品やサービスの質の良さはもちろん、「スタッフの雰囲気や対応が良いから」という理由で商品やサービスを利用する方もいます。

YouTubeマーケティングの場合は、演者を雇って出演されることも1つの手ではありますが、実際に働いている社員が出演するのもおすすめです。

またコメントに対して返信するなどの対応をすると、視聴者も「寄り添ってくれる」「親しみやすい」などのイメージを抱きやすくなるでしょう。

3.ブランディング力を高め値段勝負から抜け出す

自社商品やサービスをより多くの人に売るには、商品の値段を下げることも1つの手です。

ただし、それではどうしても安っぽさが印象付いてしまったり、売上数が増えず売上額も伸び悩んでしまったりする恐れがあります。

企業がYouTubeマーケティングを始めることで、手軽にブランディング力を高められるだけではなく、成功すれば商品やサービスの質が認められ無理に値下げする必要もなくなるでしょう。

さまざまな年齢層や性別、職業の方が利用しているYouTubeという場を活用して、企業や自社商品をしっかり動画でアピールすれば、狙っているニーズに刺さる可能性もあります。

YouTube運用代行会社の比較前に知っておきたいYouTube運用代行の3パターン

YouTubeの運用代行サービスは大きく「動画制作会社」「YouTube広告運用会社」「綜合YouTube運用代行会社」の3つに分類できます。

YouTube運用代行会社の比較やサービス導入を検討されている方は、まずはYouTube運用代行の3パターンを理解して意思決定の際の参考にしてみて下さい。

以下で解説していきます。

1:動画制作会社

動画制作会社

動画制作会社は、YouTubeにおいて最も重要な要素である「動画コンテンツ」の制作に特化しており、PVやテレビのようなクオリティの高い動画を提供できることが強みです。

YouTube運営開始直後の方に対する注意点としては、動画制作会社が提供するYouTube運用代行サービスは「映像制作のプロ」であって「YouTubeのプロ」では無いという点。

YouTube運用代行を名乗る会社で最も多いのが動画制作会社がサービスを提供しているというケースが多いですが、YouTubeはクオリティの高い動画をアップするだけではチャンネルは成長せず、特有のアルゴリズムに対応した施策や分析が必要です。

そこで、KPI(組織の目標を達成するための重要な業績評価の指標のこと)を考えたうえでの提案や、マーケティング戦略を練った上での提案をしてくれる、総合YouTube代行会社「TUUUBE」がおすすめです。

動画制作会社のYouTube運用代行サービスを検討する際にはこのポイントに注意しましょう。

2:YouTube広告の運用を得意とする会社

広告運用

YouTube運用代行を名乗る会社の中には「YouTube広告の運用」をメインとする会社も多くあります。YouTube視聴中や視聴前、関連動画などに表示される広告の運用を行う会社です。

YouTube広告の運用会社は、YouTubeチャンネルを成長させたいのではなく、広告商品やサービスのPRを行う会社です。そのため、YouTubeチャンネルの登録者数増や視聴回数増、動画コンテンツのクオリティ改善など、YouTubeチャンネル自体を成長させる目的の場合は、マッチしないと言えるしょう。

YouTube広告の運用会社はPRを目的とするため、動画のクオリティーは高いです。しかし、チャンネル成長に必要不可欠なYouTubeのアルゴリズムやトレンドは理解していない可能性があり、チャンネルを成長させる目的には不向きと言えます。

3:総合YouTube運用代行会社

総合YouTube運営代行会社総合YouTube運用代行会社は、YouTubeチャンネルの運営を企画/制作/分析と行った全ての工程でサポートする会社です。自社でYouTubeチャンネルの運営を行い、実際に成長させた経験やYouTubeビジネスを網羅的に扱う企業多く、最新のトレンドに合わせたYouTube運営が可能です。

本メディア「LaboTube」を運営する株式会社TUUUBEも複数ジャンルのYouTubeチャンネルの運営を行う他、日本国内最大級のYouTubeニュースサイト「LogTube」の運営や企業YouTubeチャンネルのコンサルティングを行っています。

株式会社TUUUBEに関して詳しくはこちら

総合YouTube運用代行会社を選ぶ際のポイントは、その会社や担当者を信頼できるかどうか。YouTube運用代行会社はチャンネル運営者と寄り添って共同運営していくパートナーであるため、「コミュニケーションを取りやすいか」「自社と似たジャンルの実績はあるか」などの確認し、信頼した上で依頼しましょう。もちろん、実績がなくても成果につながる会社は多くありますが、リスクを最小限にするには、実績・コミュニケーションの取りやすさ・貢献度など複合的に判断すべきでしょう。

YouTubeというオープン化されたプラットフォームの性質上、実績の無い会社やコンサルタントが「YouTube運用代行」を名乗ることも多い為、比較検討の際には十分な注意が必要となります。

YouTubeチャンネルの運用にお悩みや課題がある方は、総合的なYouTube運営の知見のある株式会社TUUUBEへご連絡をいただければそれぞれのフェーズにあったご提案やご相談が可能になっています。YouTube運営でお困りの方は、以下のフォームよりお気軽にご相談下さい。

4:YouTube運用を得意とするフリーランス

YouTube運用を得意とするフリーランスは、動画制作会社やYouTube運用代行会社よりも依頼費を安く抑えられます。

フリーランスに依頼する方法は、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサービス、TwitterなどのSNSで探すケースがほとんどです。

企業側から作業内容や費用を提示する場合が多く、それらの条件に対し納得したフリーランスが応募する形で依頼成立となります。

またプロフィールや今までの実績をチェックし、ダイレクトメッセージで直接交渉する方法もあります。

どの方法で依頼するにせよ、依頼内容や費用、納期などを決めた上で募集すると良いでしょう。

ただし、フリーランスは個人で依頼を受けている場合が多いので、大量発注は難しいと言えます。

また人によって技術やクオリティーに差があるので、実力が十分にあるのかを見極める力が必要です。

YouTube運用代行会社の費用相場

YouTube運用会社の費用相場は何を依頼するかによって大きく変化します。おおよそ以下の通りです。

  • 動画作成のみ:5,000円~30,000円/1動画
  • 動画作成+企画・構成:5万円~10万円/1動画
  • 運用支援まで:30万円~50万円/月

このように動画制作から運用の支援までの依頼だと月に数十万円かかってしまいます。その対価に見合う仕事をしてくれるのかしっかり確認したうえで依頼するとよいでしょう。

YouTube運用会社のホームページを見ても費用を公開していない場合もあります。これは運用支援まですべて行うと作業が多く、場合によって金額が変わるためです。相談してから決める会社もあるのでホームページを確認しましょう。

また、YouTube運用を得意とするフリーランスに依頼する場合、YouTube運行会社よりも価格を安く抑えられます。相場は以下の通りです。

  • 動画編集のみ:5,000円〜30,000円/1動画
  • 動画作成+企画・構成:3万円〜10万円/1動画

あくまでも相場であるため、実績が浅いフリーランスの場合は費用をより安く抑えることが可能です。

しかし、その分動画のクオリティーが下がってしまったり、YouTubeチャンネル自体があまり伸びなかったりする恐れがあります。

フリーランスは人によって技術やクオリティーに差があるので、まずは1本から依頼してみると良いでしょう。

複数人のフリーランスに依頼してみて、その中から企業のYouTubeチャンネルのコンセプトに合うような人を正式採用するのもおすすめです。

YouTube運用代行会社の特徴と料金比較20選

ここではYouTube運用代行会社・YouTube運用代行会社各社の特徴や料金を比較し解説していきます。

Youtube運用代行会社 特徴 料金
TUUUBE株式会社 YouTubeに特化した幅広い知見
ジャンルを問わないTouTube運用成功実績が多数
相談後確定
APRESS株式会社 マーケッター視点 ¥320,000/月~
モバーシャル株式会社 VSEOに強み 相談後確定
株式会社グローバルリンクジャパン ファン作りが得意 ¥49,800/月~
株式会社WIQOMEDIAN 動画制作に強み 相談後確定
株式会社ロックハーツ VSEOに強み
全国に支部
¥100,000/月~
株式会社サヴァリ ECショップ特化 ¥100,000/月~
株式会社オリナス 女性向け商材のSNS支援が強み ¥200,000/月〜
株式会社Lugia 個人チャンネルを登録者数95万人まで伸ばした実績あり ¥20,000/本〜
株式会社pamxy 自社チャンネルも運営 相談後確定
株式会社ニューオーダー 司会進行役のキャスティング可能 相談後確定
グラッドキューブ 動画制作に強み ¥50,000/月~
KNOCK 「映える」撮影 相談後確定
pleete フルリモート対応が可能 ¥150,000/月~
火燵 内製化を支援 ¥30,000/月~
株式会社Faber Company コンサルティングサービスに強みあり 相談後確定
アベニールデザイン株式会社 YouTube運用だけでなく、複合的なマーケティング支援が可能 ¥100,000/月~
株式会社フロンティアチャンネル 俳優やモデル、インフルエンサーのキャスティング可能 ¥20,000/本〜
サムライト株式会社 YouTubeを研究したスタッフによる登録者数や再生回数の増やし方に特に強みあり。 ¥300,000/月~
VIDWEB(ビッドウェブ) 1,500名以上の映像クリエイターによって動画制作が強み ¥300,000/月~

一概にYouTube運用代行会社・YouTube運用代行会社と言えど、動画制作に強みを置く会社なのか・YouTube SEOに強みを置く会社なのかであったり、自社でYouTubeチャンネルを成長させた経験があるのか等さまざまな特徴があります。

自身のチャンネルの成長にはどのようなYouTube運用代行会社・YouTube運用代行会社がマッチするのか、これからご紹介する各社の特徴を参考にしっかりと検討してみて下さい。

TUUUBE株式会社

TUUUBEのYouTube運営代行

本メディア「LaboTube」を運営する株式会社TUUUBEもYouTube運用代行やコンサルティング、動画制作代行を行うYouTube領域のスペシャリスト企業です。

ジャンルを問わない企業のYouTubeチャンネル運営の支援事業はもちろん、国内最大規模のYouTube情報メディア「LogTube」の運営を行うなど、創業以来YouTubeにまつわる事業を最先端で行っているため、YouTubeに関するノウハウや経験値は国内でも随一となります。

YouTubeチャンネルの開設を考えている企業様は、まずはお気軽にTUUUBEにご相談下さい。

お問い合わせ

APRESS株式会社

マーケッター視点で YouTube の運営を担うことを特徴としています。戦略立案から配信までをワンストップでカバー。投稿後も PDCA を回して改善までをサポートしてくれます。

戦略立案では「誰に」「どんな価値を」「どのように」提供するのか整理し、予算やリソースの配分など、施策の優先順位決めまでアドバイスしてくれます。単なる動画作成だけに留まらない包括的なサポートで、プレのない企業 YouTube チャンネルの運営をアシストしてくれる頼もしい外部パートナーのような運用代行会社です。

YouTube チャンネル運営には様々な人員が必要になります。ディレクター、マーケッター、カメラマン、編集者、デザイナー、アナリスト、ツール提供会社などです。そうした人員との強固なネットワークもあり、あらゆる要望にもスムーズに対応してくれます。

YouTubeの運営においてはAPRESS式という独自の 運営メソッドを持っており、日々の実行の量と質を上げることが成果を出すために最善と考え、そのための方法論を研究、実践しています。プロフェッショナルとして、YouTube 運営に対する飽くなき探究心を持っていることも同社の強みといえるでしょう。

運用代行の料金は32万円/月からです。

モバーシャル株式会社

YouTube 運営において、特に知見の乏しさをカバーする役割を担ってくれるのが同社の強みです。

例えば vseo と呼ばれる動画の SEO 対策に同社は豊富な知見を持っています。Web マーケティングの下地はあっても YouTube の SEO 対策には手が回っていない。そうした企業は少なくありません。動画作成はもちろん、そうした部分のケアも行き届いているところが同社の強みの一つです。

企業が YouTube 運営をする場合、社内の運用体制の効率化も必要になります。動画の管理やアップロード、レギュレーションのチェックなど担当社員は通常業務に加え、煩雑な管理業務もこなさなければいけません。

そうした部分も同社が全て担ってくれるのです。また、著作権管理や配信期限の管理といった見落としがちな部分までもしっかりカバー。
まさに“社外部署”といっていい行き届いたフォロー体制であなたの会社のYouTube運営を担ってくれます。

料金は相談後に確定します。

株式会社グローバルリンクジャパン

YouTube 運営において、特にファンつくりで豊富なノウハウを持っているのが同社の特徴です。SNS に関しては Instagram や Twitter などの活用ノウハウをまとめた書籍も多数出版しており、 動画配信後のSNS による拡散を得意にしています。

YouTube 運営では多くの人に投稿した動画を見てもらうことも重要ですが、その後のコミュニケーションも大切です。それだけに、投稿やコメントへの返信、投稿の内容をチェックといった部分に豊富な知見を持つ同社は頼もしい存在といえます。

動画制作のクオリティも高く、大手企業からの導入実績が多いのも特徴です。それだけ信頼されている理由としては、SNS戦略に長け、いわゆる炎上対策もカバーできる点が挙げられそうです。

基本料金は49800円で、各運用作業料金が毎月別途かかります。

株式会社WIQOMEDIAN

「日本最古の YouTube チャンネルプロデュース会社」を謳う同社。それだけに YouTube の裏の裏まで知り尽くし、ファン開拓のノウハウも熟知しています。

2013年に日本初の YouTube 専門プロダクションとして創業。以降、2000本以上の動画作成やチャンネルプロデュースを行っています。そこで培ったノウハウは特に「共感性」をキーワードに熟成されてきました。

共感されるための動画づくり。高評価され、視聴時間を長くするための動画つくり。そうしたYouTube内で目にされやすくなるノウハウに加え、分析力や独自のファンの熱量数値化などにより、同社は「行動に結びつくファンコミュニティの創出」を強みとして、企業のYouTube運営をサポートします。

料金は相談後に確定します。

株式会社ロックハーツ

映像制作をルーツにする運用代行会社です。テレビ番組の制作を手がけてきたノウハウがあり、動画の企画からシナリオ構成などハイクオリティな動画作成は高い評価を得ています。一方で2019年からはWebマーケティング事業部を開設し、動画SEOにも注力。動画の質とYouTubeSEOの両面からYouTubeにおける最適化をサポートします。

高品質な映像作成が評価され、大手上場企業を始め多くの企業と業務提携しており、これまでに手がけた動画本数は3000本以上におよびます。それでいてリーズナブルな価格と短納期でリピートも絶えない優良企業です。

所属する映像クリエイターは50人を超え、制作実績は1000件以上。映像作家も1000人以上を擁し、脚本・台本もしっかり構成。クリエイティブな映像表現で作成する動画はまさにプロ仕様となっています。

運用代行の料金が10万円/月からで比較的リーズナブルです。

サヴァリ株式会社

ネットショップに関するノウハウを併せ持つのが同社の強みです。どうすれば EC サイトの売上アップにつながるのか。
そこから逆算した YouTube チャンネルの運営ができることは、特にEC ショップを運営する企業にとっては非常に利用価値の高い YouTube チャンネル運用代行会社といえるでしょう。

導入事例でも当然、EC ショップを運営する企業が多く、ファン獲得と EC サイトへの流し込みをうまくサポートしています。付随して、商品紹介やブランド紹介の動画作成に長けており、そうした目的が明確になっている企業にとっては一択といっていいYouTube運用代行会社といえます。

料金は動画制作で1本10万円からです。

株式会社オリナス

株式会社オリナス

株式会社オリナスは、女性向け商材のSNS支援に強いマーケティング会社です。主に飲食、コスメ、アパレル、スキンケア、不動産などのジャンルの企業をサポートしてきた実績があります。

サービス内容は、企画や戦略の立案、運用作業、撮影やコンテンツ制作、ユーザーへの対応、分析などです。東京都と大阪府の二カ所に拠点を置いていますが、打ち合わせなどはオンラインが主流となっているので、全国にある企業のYouTube運用に対応できます。

また分析した情報からエンゲージメント、登録者数の増減、競合他社チャンネルなどを報告して、その上改善点の提示もしてくれます。トータルサポートが魅力であり、長期的にYouTube運用を依頼する際におすすめです。

株式会社Lugia

株式会社Lugia

株式会社Lugiaは、YouTubeなどの webを活用したコンサルティング事業を行う2020年10月に創業の会社です。

YouTubeコンサルティング、YouTube運用代行、YouTube動画制作の3つのサービスを提供しています。YouTubeチャンネルの登録者数を95万人まで伸ばした実績があり、特にYouTubeコンサルティングに力を入れていると言われています。

またコンサルタントの中には、実際に芸人のYouTubeチャンネルを担当している方や、女性向け動画の編集を中心に担当している女性スタッフなどがいます。YouTubeチャンネルを運用する際、プロによりコンサルティングを希望する場合におすすめです。

株式会社pamxy

登録者39万人のYouTubeチャンネルを運用している点が同社の特徴です。自社運用で研究を重ねた企画や構成、SEOを活用した支援をしてもらえます。

登録者10万人を超える「ナイツ塙の自由時間」などの実写動画はもちろん、漫画動画のチャンネルもプロデュース。運用代行1ヶ月で登録者+9.5万人、累計再生数280万回超などの実績もあります。

元民放TV局員や制作クルー、放送作家などの専門チームが支援を担当するため、YouTube以外の分野においても知見が深く、業界業種ごとのYouTubeトレンド、現在のチャンネル診断など無料で相談できます。

企画コンセプトやYouTubeSEOなど、動画制作に留まらない部分まで相談したい場合にオススメです。

料金は相談後に確定します。

株式会社ニューオーダー

株式会社ニューオーダー

株式会社ニューオーダーは、YouTube運用代行だけではなく、Instagramの運用代行も行っている会社です。

株式会社ニューオーダーが提供しているYouTube運用代行サービスは、主にYouTubeチャンネル運用設計・YouTubeチャンネル運用改善・YouTubeチャンネル運用支援の3つがあります。

YouTubeチャンネル運用支援では、企画や構成台本の作成、取材・撮影・編集などのコンテンツ作成を行います。構成台本を作成すると、双方でコンテンツの完成形がイメージしやすいでしょう。

また株式会社ニューオーダーでは、他にも人気YouTuberを起用した企画やコンテンツ作りの相談も可能です。特に登録者数が少ない企業チャンネルの場合は、インフルエンサーの力を借りることもおすすめです。

株式会社グラッドキューブ

さまざまな配信先や用途に応じて、目標から逆算し、成果を求める動画を制作。フィード配信、ストリーム配信、デジタルサイネージなど、さまざまな媒体ごとに最適な動画を提案してもらえます。アニメ動画、商品説明など様々なジャンルの制作実績があります。

「Premier Partner Awards 2019」において、動画広告部門で日本国内第1位を受賞しました。

動画広告施策の立案、制作、集客まで一貫したウェブマーケテイングを提供してもらうことができますが、料金プランが細かく分かれているため、チャンネル開設、チャンネル解析など必要なものだけでも依頼できるのが特徴です。

運用代行の料金が5万円/月からでリーズナブルです。

株式会社KNOCK

「映える」ことにフォーカスした撮影が同社の特徴です。多数のウェディングカメラマン経験者が在籍しており、一瞬一瞬の表情をとらえる撮影や、おしゃれな映像制作を得意としています。

300社を超える制作実績と柔軟な企画力で、業種や動画タイプに捉われない支援をしてもらえます。

動画の企画・撮影・編集のほか、ナレーターのキャスティング、撮影・音声収録スタジオのアサイン、イギリス人作家による翻訳対応など幅広いサポートを取り揃えており、シチュエーションに合わせた対応が可能です。

料金は相談後に確定します。

株式会社pleete

TVCM、ネット配信番組、Web用CM、企業VP、セミナー動画、商品紹介動画、アイドルグループライブ告知映像、YouTube動画など、多数ジャンルの動画を制作。一つの視点にとらわれることなく、幅広い視点で提案してもらえます。

経済産業省、小学館など様々なクライアントの動画制作実績があり、今までに1000本以上のYouTube動画制作に関わっています。

同社が制作した登録者数90万人超のゲーム実況者・まひとくんの動画は、3ヶ月で600万再生を突破。その他にも再生数100万を超える動画を多数担当しています。 

ヒアリングから提案、企画、映像制作、試写、納品までフルリモートでの動画制作にも対応しているため、依頼がしやすいのも特徴です。

料金は動画制作で1本15万円からです。

株式会社火燵

YouTubeチャンネルの運用代行や動画制作だけでなく、企業の動画内製化を支援するコンサルティングサービスも実施していることが、同社の大きな特徴です。総務省や香川大学などの動画内製化支援を行なった実績があります。

運用代行の分野では、担当したチャンネルを登録者数20万人ほどにした実績も。

現在、動画内製化やYouTubeを始めようと検討中の方に、機材の無料選定相談を実施しています。

将来的に自社でYouTubeを運営していきたいと考えている企業に特におすすめです。

コンサルティングサービスの料金は3万円/月からです。

株式会社Faber Company

株式会社Faber Company

株式会社Faber Companyは、2020年11月からYouTubeチャンネルのコンサルティングサービスを提供している会社です。

「ミエルカチャンネル」という自社チャンネルを運用しており、主にSEOに関する情報を動画として発信しています。

株式会社Faber Companyのコンサルティングサービスでは、チャンネルのコンセプト設定・競合チャンネルの分析・ペルソナの設定・動画イメージやトンマナのすり合わせ・KGIやKPIの決定を行います。これらは開設準備に必要なことであり、これから企業チャンネルを作る場合にもおすすめです。

他に、ネタ出しやコンテンツ企画案の提供・スクリプトや構成案の設計・撮影や編集作業などのコンテンツ作成・分析と改善支援も行っており、やりとりはメールやチャットでのオンラインとなっています。

アベニールデザイン株式会社

アベニールデザイン株式会社

企画提案・撮影・編集・Webマーケティング・Web集客・課題の改善までサポートしてくれるのが同社の特徴です。撮影では、写真と映像のプロのカメラマンが請け負います。

業種や業態に合った他のWebサイトやSNSとの組合せを提案してくれます。プロのカメラマンが撮影した動画を用いると、より効果的な宣伝ができると期待できます。

企画提案や撮影はご自身で行いたい方は、編集のみの依頼も可能です。

YouTubeを始めたものの成果につながらない方は、YouTube運用のコンサルティングを受けるのをおすすめします。

コンサルティングは10万円/月から、YouTube運用代行は16万5千円/月から、動画編集は5万5千円/月からです。

株式会社フロンティアチャンネル

株式会社フロンティアチャンネル

株式会社フロンティアチャンネルは、YouTube動画制作などの映像・サウンド事業の他に、オンライン配信事業・キャスティング事業・IT事業を行っている会社です。

YouTube動画制作では、企画・撮影・編集・アカウント管理。コンサルティングなどを行っています。プロモーション動画の作成にも対応しており、自社商品やサービスを紹介する動画を作成してほしい際におすすめです。

また実写だけではなく、インフォグラフィックスやアニメーションなどの要望にも応えてくれます。

編集のみやカメラマンの手配のみの対応もできるので、1工程だけ依頼したい場合に活用すると良いでしょう。

サムライト株式会社

サムライト株式会社

現状や予算などのヒアリングを行い、目標を効率良く達成するために綿密な運用設計を立ててから、実際に設計通りに進行するのが同社の特徴です。チャンネルを運用する上で、メールやチャットでの連絡のやりとりとなります。

YouTube運用代行チームは、日々YouTubeの研究を行っている専門スタッフによって結成しており、登録者数や再生回数の増やし方などに特に強みがあります。

SNSとの連携はもちろん、人気YouTuberとコラボしたキャスティングなども積極的に行っています。

定期的にチャンネルをチェックし、改善点や改善策なども提案しているので、長期的にYouTubeを運用したい方におすすめです。

YouTube運用設計を立てるのは単発で30万円から、コンサルティングからディレクションなどの主なYouTube運用代行は30万円/月からです。

VIDWEB(ビッドウェブ)

VIDWEB(ビッドウェブ)

1,500名以上の映像クリエイターによって動画制作が行われているのが同社の特徴です。映像クリエイターの中には、日本国内だけではなく海外の方もおり、各分野に精通した人たちによって作られるので高品質な動画が期待できます。

動画制作の他に、動画広告や動画マーケティングまでしっかりサポートしてくれます。

実際に4,000本以上の動画制作実績があり、中には有名企業の宣伝動画もあります。

動画制作の種類は、実写・アニメーション・3DCG・VR・ドローン撮影・インタラクティブ動画など満載です。

動画制作は1本20万円からで、制作する動画の種類によって料金が大きく異なります。会社紹介や企業案内動画の場合は、50万円から400万円かかります。

YouTube運用代行会社の選び方

どのYouTube運用代行会社・YouTube運用代行会社に依頼するかは、企業チャンネルで目指す方向性や目的に合致した強みを持つ会社を選定するのがいいでしょう。

どのような方向性にするにせよ、上記の箇条書きのようにしっかりとした実績やノウハウがあるか、品質は問題ないか、またそれに見合った値段であるかを判断する必要があります。

【Youutube運用代行会社を選ぶ際の評価軸】

  • マーケティング戦略としてYouTubeチャンネルを運用できるか
  • 再現性のあるノウハウがあるか
  • 過去のYouTube運営の実績があるか
  • 投稿される動画の品質は高いか
  • 費用は安いのか。

昨今は運用代行会社の数も増え、高品質な動画作成に強みを持っている。動画SEOを得意にしている。価格がリーズナブルである。など特徴も多様です。

まずはあなたの企業がYouTubeチャンネルの運営において、何を目指し、どこに軸足を置くのか。そこを整理して依頼会社を選定する。それが成功へ近づく鍵となります。

本業が手いっぱいで動画編集に割く時間を確保できない。動画の品質にはこだわりたいが専門的スキルを持った社員がいない。

Web戦略にはそれなりに自信はあるが、YouTubeについてはほとんど知見がない…。

全体を任せるにしても、あなたの会社が抱える課題にマッチしていなければ、大きくつまずくことになりかねません。しっかりと特徴を見極めて、YouTube運用代行会社を選定しましょう。

YouTube運用代行を依頼するメリット・デメリット

YouTube運営を代行会社に依頼することで、「コンテンツの企画、そのための会議、投稿した動画の解析・レポート制作、広告の運用、動画に対するコメント対応」など、YouTubeチャンネルを運営する上での負荷を大きく削減することができます。

また、プロに依頼することで、これまでの様々なチャンネル運営の実績を生かし、自社で運営するよりも、目標まで無駄なくチャンネルを伸ばしていくことができるでしょう。

YouTube運用代行会社・YouTube運用代行会社にチャンネルが軌道に乗るまでの初期段階をサポートして貰い、担当者にある程度のノウハウが溜まった段階で自社運用に切り替えていくというのも1つのパターンです。

YouTubeチャンネルの運用代行費用を抑えるコツとポイント

「YouTubeチャンネルがあまり伸びない」と悩んでいる時、どのように改善すれば伸びるのかと移行錯誤するでしょう。しかし、改善方法が分からない場合は、YouTube運用代行会社に依頼する方法をおすすめします。

しかし、企業によっては運用代行の費用が限られているケースもあるでしょう。ここでは、YouTube運用代行の費用を抑えるコツとポイントを3つ紹介します。

外注する工程を明確にする

YouTube運用代行会社に依頼する前に、外注する工程を明確に決めておきましょう。

もし外注する必要がない工程まで依頼してしまうと、その分費用がかさんでしまいます。少しでも費用を抑えるには、依頼する工程を極力少なくすると良いでしょう。

また一部の工程だけ依頼する場合は、対応可能な会社やサイト選びが必要です。中には企画から撮影や編集、コンサルティングまでを1つの契約内容としているところもあるので、まずはどの会社を選ぶべきかリサーチしながら比較して決めましょう。

長期的な費用対効果を考える

YouTube運用代行を依頼する際、費用のみで判断するのではなく、長期的に契約した場合にこちら側が得られる利益が多いのかで判断すると良いでしょう。

YouTube運用代行会社の中には、月額数十万円〜でYouTubeチャンネルの運用に関する工程を全て担ってくれるところと、1本数万円〜コンテンツ作成のみを行ってくれるところがあります。費用のみだと、月額数十万円の方が高く感じるでしょう。

しかし、プロが携わる工程が多いほど、早く効果が出て費用対効果が大きくなる可能性があります。特に「YouTubeチャンネル運用に関するノウハウを何1つ持っていない」という場合には、全面的にサポートしてくれる運用代行会社への依頼をおすすめします。

自社でできることとできないことを分けて考える

YouTube運用代行会社を利用する前に、自社でできる工程とそうではない工程を分別しておきましょう。

特に自社でできない工程を明確にすると、YouTube運用代行会社にどの工程を依頼すべきなのかが明らかになるでしょう。

一方、自社でできる工程を把握しておくことで、依頼しなくても良い工程を明確にでき、依頼に必要な費用の削減にもつながります。

株式会社TUUUBEのYouTubeチャンネル運用代行サービス

初めてのYouTubeチャンネルを限られたリソースと経験の少ないメンバーで成功させることは非常に難しいのが現実です。
YouTubeチャンネルを有効活用する為に、YouTubeに関するプロをパートナーとして迎えることは大変有効な手段です。

まとめ

YouTube運営を外部企業に委託するメリットは2つ。最初から専門性の高いチームが関わることで、ムダな試行錯誤を省ける。もう1つは、クオリティの高い動画作成およびYouTubeSEO施策に取り組めることです。

企業としてYouTube運営に乗り出す以上、自前でやりたい思いもよぎるかもしれません。しかし、知見がほぼゼロなら迷わず外部に依頼する方が賢明です。

YouTubeは個人が取り組んでいることから手軽なイメージがありますが、企画立案および編集作業は大変です。完全に本業から切り離して専門チーム編成できる余力があるならいいですが、そうでなければアウトソースすべきです。

ただし、デメリットがあることも忘れてはいけません。
・自社に知見が貯まらない。
・コストがかかる。
この2点は織り込んだうえで戦略を練りましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください

YouTube を活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を行なっています!!
また Web 広告動画や YouTube 動画の受託制作でも多数の実績があります!!

ご相談・各種お問い合わせはこちら