• NEWS
  • 最終更新日:2022.10.25

YouTube動画制作のおすすめ制作会社とソフトを解説【メリットや選び方のポイント】

YouTubeは需要が高まっている市場のため、動画制作に挑戦するなら今がベスト。しかし、動画制作で成功するためにはスキルを磨く長い期間が必要です。

そこで本記事では効率的に動画制作を成功するためのおすすめな動画編集ソフトや制作会社を紹介します。

YouTubeの動画制作に挑戦しようと考えている人が、成功するためにはどんな手段が最適かや、成功させるためのコツがわかります。ぜひ参考にしてください。

YouTubeの動画制作は需要が高まっている市場

YouTubeは世界的にも、日本でも多くの利用者がいるサービスです。調査によると、世界・日本ともにSNSの中でも2番目に利用者が多い結果に。YouTubeの動画制作は世界的にも日本国内でも需要が高まっている市場と言えるでしょう。

YouTubeの利用人口は世界で20億人以上

YouTubeは世界的に見ても広く普及しているサービスです。世界の月間利用者数は3位で20億人もの人が利用している結果に。

YouTubeは100カ国・80言語に対応しており、世界的に需要があるとわかります。YouTubeは毎日10億時間視聴されていることからも、YouTubeのマーケティング市場は現状非常に高い需要があると言えるでしょう。

日本では6,500万人、50代以上も4割が利用

YouTubeの人気は日本でも年々増加しています。現在日本では6500万人が利用。SNSの利用が少ない50代・60代でも4割が利用しています。

YouTubeの需要は若い世代だけのものではないことは明らかです。

YouTubeの動画制作は、どの年代をターゲットにしていても有効であることから、これからも需要の拡大が見込めます。

YouTubeの動画制作を成功させるコツ3つ

動画制作をするうえで重要なポイントを3つ紹介します。自分で動画編集する場合には、以下のようなことがクリアできているか確認しましょう。

外注する場合には、最低限この3つの対策ができるか相談して外注先を決めると失敗しません。

ターゲットを絞った動画にする

動画制作で重要なのは、ターゲットを明確にすることです。その他大勢に向けた動画よりも、特定の誰かに向けた動画の方が、課題解決力が高いため視聴者に好まれて、SEO評価が高くなる傾向にあります。

SEO評価が高くなると動画を上位表示させることが可能になり、検索表示回数や再生回数を高める結果に。

検索表示回数や再生回数の上昇はさらにSEO評価が高まり、好循環を生み出します。

そのため動画制作をする人は、まず誰をターゲットにしたコンテンツを作るのかを決定しましょう。始めに決めておくことで動画の方向性を統一でき、後々の視聴者離れを防げます。

VSEO対策をする

動画制作をするうえで目標にするのが、多くの人に見てもらって利益を出すこと。そのために重要なのがVSEO対策です。

VSEO対策をすると、YouTubeで上位表示させるだけでなくGoogleからの評価も高まるため、インターネットからの動画検索・動画への流入が可能になりさらに評価が高まります。

具体的なVSEO対策として、以下6つのポイントを意識すると良いでしょう。

  • タイトルにキーワードを含める
  • 説明欄にキーワードを含める
  • サムネイルで興味を引く
  • タグを活用して検索表示回数を意識する
  • 目次機能を利用して視聴者のストレスを軽減する
  • 字幕を設定して文字による情報も追加する

YouTubeからの評価では、特にタイトルや説明欄が重視されます。

検索画面に動画が表示される際のランキングは、タイトルや説明欄の動画コンテンツが視聴者の検索内容と一致しているかや、これまでの視聴者の評価をもとに決定しているためです。

そのため、タイトルと説明欄を作り込むことが重要といえます。

また、検索に表示された動画のクリック率を上げるためにサムネイルで興味を引くのも重要です。

サムネイルと動画の内容が一致していないと視聴者からの離脱につながります。サムネイルでは動画の内容が端的に伝わる内容を作成しましょう。

YouTubeの公式ガイドラインでも、サムネイルを自分でカスタマイズすることを推奨しています。YouTubeによると、高評価など高いパフォーマンスを出している動画の90%は、サムネイルをカスタマイズした動画です。

視聴者を離脱させない動画作り

サムネイルで動画に誘導した後は、動画を最後まで見てもらうことで視聴維持率の項目で評価を高められます。

YouTubeでは再生回数よりも再生時間が重視されるため、クリックされてもすぐ離脱されれば評価が高まりにくいためです。

離脱を防ぐために重要なのは、以下の3つが挙げられます。

  • タイトルと動画の内容が一致している
  • 編集で話すテンポを良くする
  • 効果音などで飽きさせない

そのほか前の章で紹介した、目次で目的の場所に移動できるようにしたり、字幕をつけて内容を理解しやすくするなどが試聴維持率対策として有効でしょう。

特定のターゲットに、VSEO対策をして離脱されないよう編集を工夫することがYouTube動画制作を成功させるポイントです。

YouTubeの動画制作におすすめの制作会社は?

YouTubeの動画制作を制作会社への外注がおすすめです。

クオリティの高い動画を自分で制作するためには、編集ソフトを使いこなすなど、スキルを磨く必要があります。

そのため、スキルを磨く時間を削減したい方や、動画の質を高めるために企画に専念したい方にとっては、制作会社に依頼するほうが結果的に効率がよくなる可能性があるからです。

費用がかかるデメリットがあるため、時間を短縮したい方は制作会社を、費用を節約したい方は自分で制作すると良いでしょう。

また、動画制作会社に依頼して失敗した経験があると答えたのは、約8割。どの制作会社に依頼するかを慎重に決めるのも成功の秘訣です。

YouTube動画制作ならTUUUBEがおすすめ

TUUBEでは「デジタルマーケティング×YouTube」を軸にして、YouTubeの運営代行や動画コンテンツの制作を行っています。自社のチャンネルやメディア運用で得たノウハウを活かすため、YouTubeで成果を出せる動画制作が可能です。

TUUBEを利用するメリット

TUUBEへ動画制作を依頼するメリットは以下3つです。

  • 累計3億再生超えのYouTubeチャンネル運営の実績
  • 累計100社以上との取引実績
  • アニメーションから実写まで幅広く対応可能

TUUUBEに依頼した際のチャンネル運用フロー

TUUBEでは企業も大手からベンチャーから依頼を承っているため、さまざまなケースに対応してきた実績があります。また、動画の幅もアニメーションから実写まで対応しているため、TUUUBEの運用実績ジャンルと一致する動画を制作したいと考えている人も多いでしょう。

また累計3億再生超えのYouTubeチャンネル運営ノウハウを元にした、戦略的かつロジカルな動画制作により「ターゲットユーザーに刺さる動画制作」が可能です。

気になった方はぜひ問い合わせてみてください。

お問い合わせ

YouTubeの動画制作を外注するメリット3つ

YouTube動画制作を外注するメリットを3つ紹介します。制作会社に依頼すると、はじめからクオリティの高い動画を制作できるのが魅力です。また、制作会社によって特色があるので、自分に合った会社を探せるのもポイント。

効率よく動画制作をしたい人は、ぜひ制作会社に外注することも検討してみましょう。

高品質な動画を制作し、時間を節約できる

制作会社には動画制作のノウハウがあるので、はじめから高品質な動画の制作が可能です。個人でやる場合には、スキルが上達するまで時間がかかり、動画で収益化するのに時間がかかる可能性があります。

そのため動画制作会社に外注すると、その時間をカットして効率的に動画制作の結果を出すことが可能です。

動画編集にかかる時間は個人差がありますがおよそ5〜10時間ほど。企業の動画運用の場合、編集を外注するだけで社員1人の約1日の労働時間に相当する作業時間をカットできます。

YouTubeは定期的に動画投稿を続けるのが成功の近道なので、累計の作業時間を考えると、外注した際の時間コストのカットは大きな恩恵です。

また、制作会社によっては企画の段階から相談できる場合もあります。これまで動画の企画に時間がかかっていた企業は、悩む時間を減らせるのもメリットです。

制作会社により得意ジャンルがあり予算も選びやすい

動画制作会社にはそれぞれ得意ジャンルやアピールポイントがあるため、自分の目的に合わせて依頼先を決めましょう。

例を挙げると、アニメーションに強いのか・CGに強いのか・納品スピードの速さを売りにしているのかなど、各企業がさまざまにアピールしています。

そのほかにも編集のみで費用をカットできる場合やサムネイル作成も含む場合、企画から運用まで一貫する場合など、制作会社により業務の範囲を選んで予算に合わせるのもおすすめです。

また、音声だけ他の作業をしながら聞けるのも動画のメリット。その場合はナレーションも必要な場合もあるでしょう。

制作会社に依頼すると、ナレーターの選定も任せられるので、追加予算を考える必要がないのも魅力的です。

制作会社の特徴から、どの作業までを依頼するかなどをしっかり選ぶと、予算に合わせて制作会社に依頼できます。

分析などのアフターフォローをもらえる

制作会社によっては、動画製作だけでなく、動画を伸ばすことをサポートしてくれる会社もあります。

動画をもとに分析して、今後の改善点を見つけ動画制作に反映してくれるので、動画制作で早く結果を出すならフォローがしっかりした制作会社に依頼するのが最短ルートです。

また、チャンネルの運用まで任せられる制作会社に依頼すれば、YouTubeの企業アカウントの業務をほぼすべて外注できます。

そのほかにも、コンサル業務も対応している制作会社もあるので、YouTube初心者でわからないことが多い企業におすすめです。

しかし、全ての制作会社がアフターフォローしてくれるとは限りませんし、アフターフォローの質の高さは会社の経験値にもよるので、サポート力や実績を事前調査する必要があります。

YouTubeの動画制作の外注先を決めるポイント3つ

YouTubeの動画制作の外注先を決めるポイントを3つ紹介します。3つのポイントを踏まえたうえで重要なのは、複数の制作会社を候補に選び、比較検討することです。

前述の通り、制作会社に動画制作を依頼して失敗した経験があると回答した人は8割ほど存在します。

制作会社選びを失敗しないためにも、入念に調査しましょう。

予算を決めてから会社選びをする

動画制作は中長期的に伸ばして結果を出すものです。そのため、予算も長い目で見て継続的に払える価格を設定しましょう。

調査によると、動画制作を依頼して失敗したと感じた理由の約25%が、費用が高かったため失敗したと回答しています。予算決定は最初が肝心です。長期的に払っても問題ない価格を設定しましょう。

制作会社によって動画製作費は異なります。会社によっては低コストをアピールポイントにする会社も。

動画制作の相場は安くても10万円〜20万円ほどはかかると言われているので、それを高いと感じる人は、低コストを売りにしている制作会社を探しましょう。

制作実績を確かめる

動画制作を依頼して失敗した経験がある人の中でも約50%の人が理由を「質が低かった」と回答しています。

このような失敗を防ぐためのポイントとして、サイトなどで制作実績を記載している制作会社を選ぶと失敗が少ないでしょう。実際のチャンネル名が記載されている場合は動画を実際に見て確かめるとよりリスク軽減が可能です。

また、製作実績として、再生回数やPVをどれだけ増加させたかなど、運用の実績を掲載する会社もあります。制作会社に運用や分析のサポートも求めている人は、特に製作実績を重視して選び、最短で結果を出せるようにしましょう。

自分の目的と一致した会社か

動画のジャンルや方向性にあった制作会社を選ぶのが、動画制作を成功させるポイントです。動画制作の目的が一致した会社を選ぶメリットは以下2つです。

  • 失敗するリスクを減らせる
  • 動画制作の結果を出すまでの期間などをイメージしやすい

目的と一致している制作会社を利用すると、会社選びを失敗するリスクを減らせます。失敗した場合の行動として考えられるのは、新しい制作会社を探すか、自力で編集するかですが、はじめからリサーチを徹底して会社選びをすればこの時間をなくすことが可能です。

また、自分と同じようなジャンルの動画制作経験が豊富であれば、どんな動画が評価されるのかのノウハウがあり、どれくらい動画を投稿すると結果が出てくるかなどの未来図をイメージしやすく、今後の方針も定まります。

YouTubeの動画制作におすすめなソフト3選

YouTubeの動画を自分で行いたい人は、ソフトを利用するのがおすすめです。ソフトを利用すると、始めたばかりの人でもクオリティの高い動画を制作できます。

動画ソフトのメリットは多くのソフトが販売されていることから、無料のアプリから月額制のソフト、買い切り型などがあり自身の予算に合わせて柔軟に選択できる点です。

ソフトを選ぶ際には、どんな機能があるソフトだと希望の編集ができるのか、使用するパソコンのスペックは問題ないかなどの観点から選ぶと良いでしょう。

Final Cut Pro

Final Cut ProはHIKAKINさんやはじめしゃちょーさんといった著名なYouTuberも利用者が多いソフトです。

Final Cut Proにはさまざまメリットがありますが、特に取り上げたい点は2つ。metalエンジン搭載で高パフォーマンスな点と買い切り型の購入方法です。

metalエンジンを搭載しているため、動画編集をスムーズに行えます。ソフトによってはパソコンのスペック次第で動作が重くなることも。しかしFinal Cut Proはmetalエンジンの効果と、Mac専用のソフトである点から、PCの性能も一定であるためその心配がありません。

また、買い切り型の購入方法なのもポイント。ソフトは月額制プランがほとんどですが、その場合継続的にコストがかかります。その点Final Cut Proは買い切り型なので追加費用はかかりません。

しかし、これはデメリットにもなります。デメリットは、買い切り型のため初期費用が多くかかることや、Mac専用のためWindows PCでは使用ができないことです。

Final Cut ProはすでにMacユーザーである人におすすめのソフトと言えます。

Final Cut Pro のメリット

  • metalエンジン搭載で高パフォーマンス
  • ワークフロー機能で一貫した編集が可能
  • 追加のソフトウェアなしでもモーショングラフィックが利用可能
  • 無料の編集ソフトiMovieからの移行がスムーズ
  • 買い切り型で追加費用がかからない

Final Cut Pro のデメリット

  • Final Cut Pro はWindows版がない
  • 初期費用が多く必要

Final Cut Pro公式サイト

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proは高機能なソフトです。SNSごとに動画を最適化したり、音声をテキスト化してくれる機能など、使いこなせば作業時間を削減できる機能が盛りだくさん。

また、動画編集へのサポートが充実しているのもポイントです。著名な動画クリエイターによる動画でAdobe Premiere Proでの動画編集方法を学んだり、認定資格に挑戦して学習したことが身についているか確かめたりできます。

月額制プランのため、まずはお試しで使ってみたい人にもおすすめです。しかし、使い続ける場合には継続して月額料金を払わなければいけないので注意してください。

Adobe Premiere Proは高機能なソフトで魅力的ですが、全ての機能を使いこなすには慣れる時間が必要であることや、自分がしたい動画制作に対してオーバースペックではないかも注意するポイントです。

また、高機能であるためスペックの高いPCを用意する必要があります。そのため場合によってはPCを買い換える費用も生じる可能性も。

以下でまとめたメリットとデメリットを考慮して、Adobe Premiere Proで動画編集をするのも検討してみてください。

Adobe Premiere Proのメリット

  • 投稿先のSNSにあわせて動画を最適化
  • 音声のテキスト化で字幕とキャプションを簡単に作成できる
  • 著名な動画クリエイターによる動画から動画作成方法を学べる
  • Adobe Premiere Pro認定資格で動画編集技術を可視化できる

Adobe Premiere Proのデメリット

  • 月額制で継続的に費用がかかる
  • 高機能のためPCのスペックが重要

Adobe Premiere Pro公式サイト

PowerDirector

PowerDirectorは印象的な動画を制作するのにおすすめなソフトです。テンプレートが豊富なので、デザイン力に自信がない人でもおしゃれな動画を制作できます。

その他にも図形や吹き出しを簡単に作ることが可能です。図形や吹き出しの注目させる効果を活用すると視聴者の印象に残りやすくなります。そのため、PowerDirectorは動画制作をしていてなかなか結果が出ない、制作方法を見直して改善したい人におすすめのソフトとも言えるでしょう。

また、PowerDirectorではブログで動画の編集方法を発信しています。動画制作についておさらいしたい人は要チェックです。

PowerDirectorのデメリットは、機能を使いこなすまでの期間やモデルが複数あり選ぶのが難しいことなどが挙げられます。

PowerDirectorのサイトにいくと、数々のソフトが販売されているため、結局どれがいいのかが分かりにくいです。ビデオ編集だけでも8つ販売されており、しっかりリサーチしないと選ぶのが難しいでしょう。基本はPowerDirector365を選ぶのがおすすめです。

また、口コミには動作が重いという声も。PowerDirectorを使う場合も、PCのスペックに気をつけたほうが良いでしょう。

PowerDirectorのメリット

  • テンプレートが豊富
  • 図形や吹き出しで注目させる効果を簡単に作成
  • 動画の編集方法をブログで発信

PowerDirectorのデメリット

  • 機能が多すぎて使いこなすまで時間がかかる
  • モデルが複数登場しておりどれがいいか判断する時間が必要
  • 動作が重いという声もある

PowerDirector公式サイト

YouTubeの動画制作まとめ

YouTubeの動画制作を個人でする場合のおすすめソフトや、外注のための制作会社や、動画制作を成功するためのコツを紹介しました。

YouTube動画制作を成功させるためには、ターゲットを絞り、SEO対策や動画編集の工夫が必要です。

個人で編集する場合も外注する場合も、まずは動画の方向性やテーマを決定しておきましょう。

軸が定まってから、個人で編集する場合はソフトを使いこなせるようにし、外注する場合は軸を踏まえた動画制作の相談をすると効率的に動画制作を成功できます。

YouTubeは今後も需要が見込める市場で、動画制作をするなら今がベスト。ぜひ挑戦してみてください。

まずはお気軽にお問い合わせください

YouTube を活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を行なっています!!
また Web 広告動画や YouTube 動画の受託制作でも多数の実績があります!!

ご相談・各種お問い合わせはこちら