• NEWS
  • 2021.07.26

【2021年最新版】YouTubeマーケティングで企業が取るべき戦略は?5ステップを解説

デジタルマーケティングに重点を置く企業が増えている昨今、「企業はマーケティングにおいてYouTubeを活用すべき」という意見を聴く機会が増えています。

実際にYouTubeマーケティングが注目されていることやその重要性を理解していても、企業としてどのように戦略立てて活用していけば良いか分からないというマーケティング担当者の方も多いのではないでしょうか。

本記事では多数のYouTubeチャンネルのプロデュースを成功に導いた他、国内最大級のYouTubeニュースメディア「LogTube」の運営を行う株式会社TUUUBE「企業がYouTubeマーケティングで取るべき戦略」をテーマに、基本的なポイントを解説します。

YouTubeの活用を検討している企業のマーケティング担当者さまは是非ご参考下さい。

YouTubeマーケティングとは?

初めに大前提としてYouTubeマーケティングとは一体どのようなものなのかという基本事項をおさらいします。

YouTubeマーケティングとはその名の通り、企業がYouTubeチャンネルの運用を通じてプロモーションやブランディングを行う手法です。

日本国内はもちろん、世界的に見ても最も利用ユーザーの多いYouTubeという動画配信プラットフォームを活用したマーケティングを行うことで潜在顧客の獲得や企業の認知拡大に大きなメリットをもたらすことができます。

YouTubeマーケティングは奥が深く、より詳細な特徴や活用メリットから学び直したいという方は以下の記事をご参考下さい。

企業こそYouTubeを活用すべき?企業向けYouTubeマーケティングを基本解説

YouTubeマーケティングで企業が取るべき戦略

当然ですが「とりあえずチャンネルを開設して定期的に動画をアップしておけば良いだろう」というような考えでYouTubeマーケティングに踏み出せば、いつまでたってもマーティング効果が得られず投下した予算が無駄になってしまいます。

企業のYouTube戦略

企業がYouTubeマーケティングを成功させるには戦略に基づいたチャンネル運用が必要です。
それでは企業はどのような戦略でYouTubeマーケティングに臨めば良いのでしょうか。

運営方針の明確化

YouTubeマーケティングにおける戦略で運営方針の明確化を行うことは非常に重要です。

YouTubeは良くも悪くも参入ハードルが低いプラットフォーム
「重要だと言われているから」「注目されているから」「流行っているから」という理由で運営方針を明確化せずYouTubeチャンネルの運用を開始する企業は意外にも多く、期待した成果が得られず早期に撤退してしまうというケースも少なくありません。

企業のYouTube戦略としてまず初めに、以下のポイントを明確にしてみて下さい。

YouTubeチャンネルの運営方針
アプローチするターゲットは明確ですか?
コンセプトや提供する価値は定まっていますか?
獲得したい成果や目標は明確ですか?

運営方針は企業の業種・業態や達成したい成果・目標によっても変化しますが、最低でも上記の項目は明確に言語化することができ、チャンネル運用を行うチーム内の共通認識として全員が理解している必要があります。

ユーザーニーズファースト

企業のYouTube運用戦略として見落とされやすいのがユーザーニーズファーストの考え方です。

言うまでもなくYouTubeでは動画を利用した発信方法を取ります。
動画を利用したマーケティングを行う際にが陥りがちである初歩的ミスが、企業主体で発信したいコンテンツを制作してしまうこと。

当然、企業が発信したい内容をコンテンツに組み込むことは重要ですが、ユーザーが求めている情報を発信することは更に重要です。
オウンドメディアの反応やユーザーアンケート、SNSや広告出稿の傾向など既存のマーケティング手法から分析してユーザーが求めている情報はどのようなものなのか、常にユーザーニーズファーストの姿勢でコンテンツを制作することが企業のYouTube戦略では重要になります。

余談となりますがGoogleが各プラットフォーム上でのデータから最新のインサイトとトレンドを考察するThink with Googleでは、「ユーザーが閲覧する動画を選ぶ際、クオリティよりも興味・関心への関連度合いが1.6倍も重要である」という考察も発表されています。


出典:Think With Google

企業としては動画のクオリティや完成度に力を注いでしまうことも多いですが、YouTubeマーケティングの視点で見ると、よりリソースを使うべき部分は他にあるのかもしれませんね。

YouTubeのプラットフォーム性・アルゴリズムを理解する

企業がYouTubeマーケティングを成功させる為に、運用担当者がYouTubeのプラットフォーム性・アルゴリズムに対して一定の理解を持っておくことは非常に重要です。

YouTubeではホームや関連動画でのレコメンド機能、ユーザーがキーワードを検索した際のSEO順位など、動画とチャンネルのタッチポイントに複雑なアルゴリズムが利用されています。

完全にこのアルゴリズムを理解しておく必要はありませんが、ただ単に動画を発信するだけでなくプラットフォーム性やアルゴリズムを前提としたアプローチを行い、より動画のリーチが広まるよう仮説検証を繰り返すことが重要な戦略となります。

チャンネル運用を成功に導く5つのステップ

それでは実際に企業がYouTubeチャンネルの運用を始める際、どのような段階を踏めば良いのでしょうか。

先ほど解説したYouTubeマーケティングで企業が取るべき戦略をベースに、チャンネル運用を成功に導く5つのステップにまとめていきます。

YouTube運用の5ステップ

ステップ1.チャンネルの運営方針を再確認

企業がYouTubeチャンネルの運用を始めると決めたなら、まずはチャンネルの下準備を行いましょう。

まずは基本的な運用方針をまとめていきましょう。
性別、年齢、趣味嗜好など、ターゲットとなるユーザーは明確でしょうか?
トンマナの揃ったチャンネル名・チャンネルアート・アイコン・メタデータになっていますか?
動画投稿頻度や制作のスケジュールの見通しは立っていますか?
コンセプトや提供するチャンネルの価値は定まっていますか?

ステップ2.コンテンツ発信

YouTubeマーケティングの戦略で最も重要と言える「価値のあるコンテンツを作成する」というポイント。
ユーザーニーズファーストな情報を発信する為に、既に実施しているマーケティング手法からアプローチしたい視聴者が求めている情報を考えてみて下さい。

もちろん最初は仮説から始まっても問題ありません。
重要なのは自分たちが発信したい動画ではなくユーザーが求めている動画という視点を持ってチャンネル運用していくことです。

ステップ3.分析とPDCA

企業のYouTube運用は動画投稿を行った後からが始まりだと言っても過言ではありません。

動画を投稿したらYouTube Analyticsを使った基本分析を行いましょう。
自社のチャンネルで最もエンゲージメントの高いコンテンツにはどのような特徴があるのかを分析することで顧客が求めるニーズが見えてくることは珍しくありません。
再生時間や再生率のほか、視聴時間、視聴者維持率、セッション継続時間から人気のジャンルを分析しましょう。

また、積み重なっていく分析結果をもとにロジック立ててコンテンツ企画を行うことも非常に重要です。
YouTubeマーケティングは今やどの業種でも競合も行っている可能性が高く競争が激しいことは言うまでもありません。

効率的なPDCAを回していくことが企業のYouTube戦略では重要な意味を持ちます。
※YouTubeAnalyticsと分析について学びたい方は以下の記事を参考下さい。

【初級編】YouTubeチャンネルの分析方法は?YouTubeアナリティクスの見方や見るべき指標を解説

ステップ4.YouTube SEO

成果が出るまでに一定の時間がかかるYouTubeマーケティングにおいてSEOは成功への近道とも言える重要な戦略です。

YouTube SEOでは主に「キーワード」「タイトル/説明文」「サムネイル」などの注意点が存在します。

コンテンツ作成の際にYouTubeSEOを意識して投稿するだけで視聴される確率が何倍にも高まる可能性があるため、絶対に行いたい施策です。
専門的で敬遠されがちですが非常に重要なポイントとして意識しましょう
※YouTube SEOと分析について学びたい方は以下の記事を参考下さい。

【企業向け】YouTube SEOはキーワードで決まる?効果的なYouTube SEOキーワード選定方法 簡単3ステップ!

ステップ5.YouTube外ツールとのシナジー活用

YouTube運用戦略として忘れられがちなのがYouTube外ツールとのシナジー活用を行っていくというポイントです。

自社で運用しているオウンドメディアがあれば埋め込みや誘導枠等で活用する、もしくはSNSアカウントを運用していれば連携を行う、またはメールマガジンを配信していればコンテンツを拡散するなどYouTubeは既存のマーケティング手法と連携が取りやすいという特徴を持っています。

効果を最大限に高める為に、既存のマーケティング手法とのシナジーを考えていくことも重要な戦略となります。

自社だけでは難しい…正しいYouTube戦略

本記事では企業が取るべきYouTube戦略に関して基本的なポイントを解説しました。

本記事を読んで「自社でもYouTubeを活用したい」と考えている、あるいは「YouTubeを運用しているけれど事例のように成果がでない」と悩んでいるマーケティング担当者さまも多いはずです。

YouTube運用代行の活用

実際に企業がYouTubeを活用、そして成功に導くためには行うべきステップが複数存在します。

企業が運用するYouTubeの方向性・戦略の策定などベースとなる部分からチャンネル開設・実際の設定、そして根幹となる動画コンテンツの制作。
実際に動画がアップされた後はアナリティクスの分析から運用改善など。

YouTubeに関する専門知識を持っていない状態でYouTubeマーケティングを成功させることは至難の業だと言えます。

企業がYouTubeマーケティングを検討する際、まずはYouTubeマーケティングを専門に活躍する企業に相談するというのは有効な手段です。

本記事を執筆した株式会社TUUUBEはジャンルを問わず数々の企業のYouTubeチャンネルを立ち上げから運用まで支援する実績のあるYouTube運用支援会社です。

TUUUBEのYouTube運営代行

TUUUBEのYouTube運営代行

YouTubeに特化したプロフェッショナルによる運用実績と、国内最大級のYouTubeニュースメディア「LogTube」の運営を通じて日々収集されるYouTube関連の最新情報を組み合わせることで企業のYouTube活用を数多く支援しています。

「自社でYouTubeを活用したい」「YouTubeを始めたが思うようなマーケティング効果が出ない」

このようなお悩みを持った企業のマーケティング担当者さまは、以下フォームよりまずは株式会社TUUUBEにお気軽にご相談下さい。

まずはお気軽にお問い合わせください

YouTube を活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を行なっています!!
また Web 広告動画や YouTube 動画の受託制作でも多数の実績があります!!

ご相談・各種お問い合わせはこちら