• NEWS
  • 2021.07.26

企業こそYouTubeを活用すべき?企業向けYouTubeマーケティングを基本解説

企業のマーケティングに関わる担当者の皆様は2021年現在「YouTubeマーケティング」「企業のYouTube活用」といった話題を耳にする機会が増えているのではないでしょうか。

実際に業界・業種を問わず企業がYouTubeチャンネルの運用に乗り出す事例は急増しており、企業のマーケティングやプロモーション施策としてYouTubeは重要な役割を担い始めていると言っても過言ではありません。

本記事では多数のYouTubeチャンネルのプロデュースを成功に導いた他、国内最大級のYouTubeニュースメディア「LogTube」の運営を行う株式会社TUUUBE「企業によるYouTube活用」をテーマに、YouTubeマーケティングの基本を解説します。

YouTubeの活用を検討している企業のマーケティング担当者さまは是非ご参考下さい。

YouTubeマーケティングの特徴とは

企業がYouTube活用を考える際、まず初めに「YouTubeマーケティングの特徴」を理解しておく必要があります。

企業がデジタルマーケティングを検討する際にはweb広告運用・オウンドメディア運用・SEO・メールマガジン等、多数の選択肢が存在します。
それぞれのマーケティング手法には適材適所のメリットがあり、企業のマーケティング担当は目的や目標に沿って適切な手法を選択し運用していく必要があります。

YouTubeマーケティングの特徴

それでは数あるマーケティング手法の中でYouTubeマーケティングにはどのような特徴があるのでしょうか。

・YouTubeのプラットフォーム性

YouTubeマーケティングの特徴として特筆すべきはそのプラットフォーム性です。
YouTubeのユーザーは世界で20億人を超えているといわれ、日本国内だけでも6000万人以上が利用する世界最大の動画プラットフォームです。

莫大なユーザーの動画視聴データは独自のアルゴリズムとして蓄積され、「おすすめ動画」「関連動画」と言ったレコメンデーションが働いています。
企業目線で見れば、精度の高いアルゴリズムで求める潜在ユーザーにプロモーションをかけることができる大きなチャンスであることは言うまでもありません。
裏を返せば、YouTubeのプラットフォーム性を十分に理解していなければYouTubeマーケティングを十分に活用することは難しくなります。


出典:YouTubeCreatorAcademy

YouTubeマーケティングの特徴として、このようなプラットフォーム性は必ず理解しておかなければならないポイントとなります。

・間接的効果

YouTubeマーケティングの特徴として2つ目に挙げられるのは「間接的効果が高いマーケティング手法」だというポイントです。

これまでのデジタルマーケティングはその手法内で効果が留まる物がほとんどでした。
例)web広告運用であれば運用するプラットフォーム内での効果に留まる、等

しかしYouTubeマーケティングは直接的なマーケティング効果に加え、高い間接的効果も期待できるという特徴を持っています。

YouTubeというプラットフォーム内で公開した映像は検索エンジンへの表示にも対応している他、webメディアへの埋め込みによる流入、あるいはSNSによる拡散による流入などYouTube外へリーチする可能性を高く秘めています。

企業こそYouTubeを活用すべき?

「YouTubeと言えば個人YouTuberのイメージが強い…」という方もまだまだ多いはず。
しかし前項でご紹介した通り、YouTubeマーケティングの特徴を考えると企業こそYouTubeを活用するべきことは明確です。

企業がYouTubeを活用すべき要素をいくつか挙げていきましょう。

・多様な活用方法

企業こそYouTubeを活用すべき大きな理由として、YouTubeが多様な活用方法が可能であるというポイントが挙げられます。

YouTubeマーケティングと言うと、プロモーションや販促など売上拡大を目的とするイメージがありますが、実際にYouTubeを活用する企業はプロモーションや販促などに加えてブランディング・認知拡大での活用、あるいは採用・人材募集での活用等多岐に渡る活用を行っています。

他のマーケティング手法では目的が独立してしまうことが多いですが、企業がYouTubeチャンネルを運用していればどの目的にも利用することが可能となります。

・訴求力の高い強烈なアプローチ

企業がYouTubeを活用し動画コンテンツを発信することで、テキストや静止画を利用したこれまでのマーケティング手法以上に訴求力が高い強烈なアプローチを行うことができることは間違いありません。

動画コンテンツはテキストや静止画と比較して情報伝達量が格段に多いということは言うまでもありません。
マーケティングの本質とも言える訴求力に優れた手法としてのYouTubeを活用することで企業は強烈な武器を手に入れることができます。

・幅広い層の潜在顧客へのアプローチ

YouTubeは国内でも6,000万人以上のユーザーが閲覧している他、男女や年代を問わず利用されているインフラとも言えるプラットフォームとなっています。

どの企業がマーケティングを行う上でも、潜在顧客となる層は100%利用していると言っても過言ではありません。

総務省が発表している「主なソーシャルメディア系サービス/アプリ等の使用率」を見ても、YouTubeが世代・性別を超えて圧倒的に普及しているサービスだということは明白になっています。

出典:平成29年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

幅広い層の潜在顧客が眠っていることに加えて、YouTube上ではアナリティクスによるユーザー分析・視聴分析も詳細まで可能なっています。

潜在顧客へのアプローチと貴重なデータ分析が無料で行うことができるプラットフォームを企業が活用しない手はありません。
※YouTubeアナリティクスを活用した分析に関しては以下記事をご参考下さい。

【初級編】YouTubeチャンネルの分析方法は?YouTubeアナリティクスの見方や見るべき指標を解説

具体的なYouTube活用方法・事例

それでは実際に企業はどのようにYouTubeを活用しているのでしょうか。
本項では具体的な企業のYouTube活用方法や事例を簡単のご紹介します。

・商品プロモーションに活用する「北欧、暮らしの道具店」

YouTubeマーケティングの大きな目的として商品やサービスのプロモーションに活用したいと考える企業は多いはずです。

最も簡単な手法としてはテレビやwebプロモーションで利用した広告素材をアップするだけでもYouTubeチャンネルの運用は可能ですが、「北欧、暮らしの道具店」ではより訴求力の高い方法でYouTubeを活用しています。

メーカーや小売店を展開する企業は、短尺のテレビCMや雑誌では顧客に自社商品の利用シーンを具体的にイメージさせることは難しいという共通課題を持っているケースが多いですが、YouTubeを活用することで視聴者がより商品の利用シーンをイメージしやすくなるアプローチが可能になっています。

出典:北欧、暮らしの道具店

また、オリジナルドラマなどのコンテンツも用意されており、ブランディングやファン化を推進する要素になっています。

出典:北欧、暮らしの道具店

・企業認知を訴求する「くら寿司」

くら寿司が運営する「178イナバニュース」はくら寿司の社員がYouTuberとして登場するチャンネル。

直接的な商品や店舗のプロモーションを行うのではなく、店舗や企業の裏側をコンテンツとして発信することで視聴者の興味を引き、結果的に企業認知の拡大に繋げる活用方法を取っています。

出典:178イナバニュース【くら寿司公式】
動画コンテンツは訴求力が高く、認知拡大にはもってこいの手法。
企業ブランドが認知されればプロモーション・採用・社会的イメージなど総合的に企業にもたらすメリットが大きいことは間違いありません。

他にもYouTubeを活用する企業は急増しており、成功事例も多数。
詳しくは以下の記事でも解説していますのでご参考下さい。

【企業向け】YouTubeマーケティングの成功事例9選!成功事例から学ぶYouTubeマーケティングの極意

企業がYouTubeを活用する為に

本記事では企業のYouTube活用に関して基本的なポイントを解説しました。

本記事を読んで「自社でもYouTubeを活用したい」と考えている、あるいは「YouTubeを運用しているけれど事例のように成果がでない」と悩んでいるマーケティング担当者さまも多いはずです。

実際に企業がYouTubeを活用、そして成功に導くためには行うべきステップが複数存在します。

企業が運用するYouTubeの方向性・戦略の策定などベースとなる部分からチャンネル開設・実際の設定、そして根幹となる動画コンテンツの制作。
実際に動画がアップされた後はアナリティクスの分析から運用改善など。

YouTubeに関する専門知識を持っていない状態でYouTubeマーケティングを成功させることは至難の業だと言えます。

企業がYouTubeマーケティングを検討する際、まずはYouTubeマーケティングを専門に活躍する企業に相談するというのは有効な手段です。

本記事を執筆した株式会社TUUUBEはジャンルを問わず数々の企業のYouTubeチャンネルを立ち上げから運用まで支援する実績のあるYouTube運用支援会社です。

TUUUBEのYouTube運営代行

TUUUBEのYouTube運営代行

YouTubeに特化したプロフェッショナルによる運用実績と、国内最大級のYouTubeニュースメディア「LogTube」の運営を通じて日々収集されるYouTube関連の最新情報を組み合わせることで企業のYouTube活用を数多く支援しています。

「自社でYouTubeを活用したい」「YouTubeを始めたが思うようなマーケティング効果が出ない」

このようなお悩みを持った企業のマーケティング担当者さまは、以下フォームよりまずは株式会社TUUUBEにお気軽にご相談下さい。

まずはお気軽にお問い合わせください

YouTube を活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を行なっています!!
また Web 広告動画や YouTube 動画の受託制作でも多数の実績があります!!

ご相談・各種お問い合わせはこちら