• NEWS
  • 最終更新日:2022.10.21

【バズる】効果抜群!SNS動画制作のコツとおすすめ制作会社

現代では動画サイトの利用率が10代〜70代で90%以上と増加しています。SNS動画は利用率が高いため、多くの企業がターゲットにしている層へのアプローチが可能です。

本記事では、SNS動画制作を成功させるためのコツとして、バズらせる動画作りについてや、外注におすすめの制作会社、選ぶときのポイントなどを解説しています。

SNS動画で収益化したいと思っている企業が効果的にSNS動画を運用できるように解説しているので、ぜひ参考にしてください。

文字離れによりSNS動画制作の注目度がアップ

現代では文字離れが進んでおり、その他の情報収集・娯楽の手段としてSNS動画が主流になりつつあるのが現状です。

NHKの調査によると、2020年、特に10代〜40代は平日のテレビ視聴時間は2時間未満に減少しています。リアルタイム視聴をする割合が減っており、その時間をSNS動画への利用にあてている現状です。

また総務省の調査によると、13歳〜69歳のインターネット利用時間は増加傾向にあり、その中でも動画の視聴に関しては10代と20代で平均100分を超える利用時間に。

動画視聴に使用する端末は74%がスマートフォンです。2022年にはスマートフォンの所有比率が94%ほどとなっており、スマートフォンの普及率の高まりはSNS動画視聴にも影響をあたえることが予想されます。

ほぼすべての人がスマートフォンを利用している現代では、スマートフォンによるSNS動画視聴する人も増加していくと考えられるためです。

そのため、SNS動画の利用時間はさらに増加する可能性もあり、制作の需要も高まっています。

SNS動画制作のメリット3つ

SNS動画制作のメリットは、伝えられる情報量の多さとバズった場合の拡散力の高さです。SNSではバズると多くの人の目に留まるだけでなく、ファンがつくことで過去と将来の動画にも好影響を与える可能性があります。

また今後5G化が進んだ場合、SNS動画は質が高くなり、視聴者の満足度が上がって視聴回数が増加する可能性も。今のうちから動画やマーケティングの質を高めることが重要です。

動画による情報量は文字の5,000倍

動画には多くの情報を伝えられる力があります。同じ時間で伝えられる情報量は文字の5,000倍といわれており、圧倒的です。

動画では視覚だけでなく、聴覚も使って情報を得られるため効果的に情報を得られます。

ラーニングピラミッドによる学習効果によると、視覚のみを使う読書の学習定着率は10%なのに対して、視聴覚2つに訴えかけた場合の学習定着率は20%と2倍の効果を得る結果に。

動画で音声だけでなく字幕や実物の商品も使って視覚にもアプローチする動画にすると視聴者に多くの情報を届けることが可能です。

また、商品紹介動画やマニュアル動画で「自ら体験する」ように視聴者の行動を誘導すると、学習定着率は75%まで高まりより記憶に残りやすい動画になります。

SNS動画は多くの人の目に留まる可能性があるので、できるだけ多くの情報を伝えて興味を持ってもらいたいときには、視覚・聴覚どちらにも訴えかけ、実体験へ誘導できるような動画作りを意識しましょう。

バズった場合の拡散力が大きい

SNS動画は拡散性が高く「バズる」とより効果的に動画を多くの人に見てもらえます。

バズるとはいいねやリツイートなどで動画が拡散され注目を浴びることです。バズることに明確な定義はありませんが、インプレッション(表示回数)10万回、いいねやリツイート1万回程度の反応と考えておきましょう。

インプレッションとはその動画の表示回数のことで、いいねなどの実際の反応はあまりもらえなかった……という場合も、インプレッションが多ければ一定の人には認知されている可能性があります。

いいねが1万を超えてバズると、メディアの取り上げなどの依頼が来はじめ、掲載されるとさらに爆発的に拡散されていく好循環に。

バズった場合のメリットは、認知度が上がったり、ファンになる人が増加し今後の動画の反応も見込めたりすることです。

また、バズると追加で宣伝を投稿するケースも多いので、過去の動画が注目される可能性も。

バズることにより、少ない広告費で多くの人から注目を得ることが可能です。バズるとコメントなどの反応の増加も見込めることから、一般的な広告よりもリアルなユーザーの声が集まるため、企業や商品への信頼性も高まります。

SNS動画はバズると拡散力が強く、また過去の動画や今後の動画にも好影響を及ぼす可能性が高いのが魅力です。

5Gにより今後も需要拡大が見込める

2020年から5Gが導入され、当時の注目は相当なものでした。5Gはさまざまな事業で注目されていますが、SNS動画もその恩恵を受ける1つといえます。

5Gは4Gに比べ、通信の遅延が10分の1、通信速度が1Gbpsから10〜20Gbpsへ上昇しており、より快適な動画閲覧が可能です。

超高速・大容量通信が可能になったため、高画質な動画に対応ができ、より質の高い動画の提供が可能になるため、視聴者の満足度も上がり、動画の視聴回数や再生時間が増加する可能性が今後もあります。

そのため、SNS動画制作に参入したい場合は、これまで以上に質の高い動画を要求されるため、分析などのマーケティングを入念にすることが重要です。

5Gの導入はSNS動画制作においても注目すべきことですが、5G化はスローペースで普及していくと予想されています。2025年で普及率は50%ほどになる見込みです。

今のうちに動画やマーケティングの質を高めて、5G化に備えておきましょう。

SNSで収益化しやすい動画制作のテーマを紹介

SNSにもさまざまなサービスがあり、サービスごとに利用者の属性が異なるため好まれる投稿テーマも異なっています。そこで、TwitterとInstagramの人気ジャンルを比較します。

例えば、Twitterでは仕事・恋愛・友情・家族・教育・健康などのジャンルが反応が伸びやすいです。

その中でも、エピソード形式で最後にオチがある展開や、ためになる知識を提供するツイートがおすすめ。

Twitterでバズらせるなら動画だけでなく記載する文章にもこだわった方がフォロワーから反応がもらえる傾向にあります。

対してInstagramではグルメ・美容・ペット・フィットネス・ファッション・旅行・インテリア・アウトドアなどのジャンルが人気です。

InstagramはTwitterと違い動画がメインになるので、おしゃれな映える内容に仕上げるとフォロワーの反応も良いでしょう。

TwitterとInstagramなど、SNSサービスによって好まれるジャンルが異なることがわかります。

サービスとジャンルを合わせるメリットは、前に紹介した「バズる」可能性が高くなることです。

バズると拡散性が高まるので、積極的に狙いたいところ。人気ジャンルに合わせるとバズる可能性を高められるのでおすすめです。

SNS動画制作は動画の長さも重要

SNS動画は動画自体の長さも重要です。SNSがどのような特徴があるのかでユーザーが1つの投稿に対してどれだけの時間を割くかも変わるためです。

ユーザーのニーズに合わせた長さの動画にすると、ユーザーにストレスをあたえることが減るため、最後まで見られたり、動画の高評価につながります。

Instagramではもともと写真や動画を見ることに特化したコンテンツです。そのため1本あたりの秒数を減らし簡単に見れる内容に。30秒程度の見やすさを重視した内容にしましょう。

Twitterは画像と動画の他に140字以内の文章投稿も可能なコンテンツです。そのため、バズる動画はストーリー性のある内容や最後にオチがある内容が人気。そのため、Instagramよりも長い30秒〜45秒程度でストーリー性がある動画だと良いでしょう。

Facebookは文字数の制限がTwitterより多いので、動画も長めの1分程度。InstagramやTwitterのようなインパクトやオチよりも内容の充実性に重きが置かれます。

YouTubeは2〜3分が目安です。YouTubeは他のSNSサービスと異なりパソコンでの閲覧も多いため、他のサービスより長時間でも需要があります。

SNSサービスにより特色があるため、動画の長さもサービスに合わせると視聴者の満足度が高まり、拡散性が高まります。

SNS動画制作を成功させるコツ2つ

SNS動画を成功させるためには、拡散力を高めインプレッションへアプローチするバズる動画作りと、動画のクリック率を上げるためのサムネイル作りが重要です。

動画をバズらせるためには情報への信頼性や共感性、インパクトなどの要素があります。また、サムネイルや動画の方向性を統一するとユーザーのファン化につながるため、安定して反応をもらうために重要です。

拡散性の高い「バズる動画」作り

前のメリットの章で詳しく解説しましたが、SNS動画はバズると一気に拡散性が高まります。そのため、集客という観点からも積極的にバズらせたいところです。

バズる動画を作るためのポイントは、3つあります。

  • 最新の情報で信頼性がある
  • 共感性がある
  • インパクト(ギャップ)がある

最新の情報で信頼性がある

SNS動画は日々投稿されていくため、情報の鮮度は重要です。過去に他の人が取り扱った内容でも「最新版」であるだけで価値が生まれます。

今気になっている人は最新の情報を知りたいもの。リサーチは入念にしましょう。

また、SNSはトレンドの移り変わりが早いのも特徴です。そのため、最新トレンドを追うことで常に一定のインプレッションを得られます。

それだけでなく、最新情報を正確に発信することにより、ユーザーからの信頼を得られるため、ユーザーをファン化することも可能です。

共感性がある

動画に注意を引き続けるために重要なのがインパクトと共感性です。

動画を最後まで見たいと思わせるためには、視聴者に自分のことと思ってもらいましょう。そのために視聴者の悩みや現状を想定して、共感されるようなストーリーにすると、解決策を知りたいため続きを見たいと思われます。

また、共感性のある動画だと見終えた後に「ためになった」「他の人にも教えたい」という心情にさせるため、拡散のための行動をする可能性が高いのもポイント。

インパクト(ギャップがある)

最後の高評価・拡散につなげるためには、ギャップを持たせてインパクトを与えることが重要です。このインパクトが大きいほど、バズる可能性が高まります。

インパクトを与える例としては2つ。動画のストーリーに最後にオチをつけて動画内容を魅力的にすることと、投稿者の属性にギャップを持たせることです。

投稿者の属性の例として、ダイエッターのチートdayの爆食や、大手の企業のアットホームな日常など、普段の投稿やイメージから意外性を持たせる内容にすると、数ある投稿動画の中で際立ちます。

サムネイルで興味を引く

動画制作する際には合わせてサムネイルも作成しましょう。サムネイルはSNSの表示画面に表示される画像です。基本的には動画の内容に関連するもの、動画を内容が簡単に伝わるようなものを作成します。

サムネイル作成に力を入れることで得られるメリットは3つです。

  • 動画のクリック率が上がる
  • 動画の途中離脱を防ぐ
  • 投稿者を認識してもらえる可能性

サムネイルは画面に表示されている画像なので、視聴者が興味を持つかどうかはサムネイル次第です。そのためサムネイルで興味を引くと動画のクリック率を上げられます。

また、動画の全体の内容がわかるサムネイルを作成すると、視聴者もある程度内容を想定して見ているので、内容の相違による離脱を防ぎ動画を最後まで見てもらうことが可能です。

サムネイルが統一されたデザインだと、全体の動画のテーマも伝わりやすく、視聴者に印象付けられ、投稿したときに誰の動画かを理解してもらいやすくなります。

その結果、定期的に動画を見てくれるファンの獲得にもつながり、これまで投稿した動画全体での再生回数の改善も見込めます。

SNS動画は制作会社に依頼するのもおすすめ

SNS動画を制作するとき「できるだけ早く効果を出したい」「短い作業時間で収益化したい」と感じている人は、動画制作を制作会社に依頼して外注化するのもおすすめです。

動画制作を外注するメリットは2つあります。

  • バズる動画のノウハウがある
  • 運用・分析を任せられることもある

制作会社ならこれまでに培ったノウハウがあるので、自分で運用するより動画の効果が出るまでに期間を早められる可能性があります。

また独学の場合、クオリティの高い動画の編集スキルを磨く時間も必要ですが、外注するとこの時間をカットすることが可能に。

制作会社によっては動画制作後の分析・改善や動画のチャンネル運営もしてくれることも。

そのため、SNS動画制作は外注すると全体の作業時間の大幅なカットと効果の最短化の可能性があります。

SNS動画の制作ならTUUUBEへ

SNS動画制作を外注したいと思った人はTUUUBEに依頼するのがおすすめです。

TUUUBEは大手からベンチャー企業まで携わった豊富な実績があるので、悩みに沿った柔軟な対応が期待できます。

TUUUBEは制作会社の中ではまだ少ない、YouTubeの運営に特化した制作会社であるため、数あるSNSの中でもYouTubeを主軸に運用したい企業におすすめです。

アニメーションから実写まで幅広い動画制作が可能なのもポイント。Vtuber系・漫画系・実写・2Dアニメーション・3Dアニメーションとさまざまなケースごとの価格設定をホームページに記載しているので、価格を見て予算に合わせた動画を選択できます。

また、企画・構成から運営までほぼすべての業務を対応するので作業時間の大幅カットも可能です。

豊富なノウハウで企画・運用を行うので、動画のブランディングから悩んでいるという人も、興味があればTUUUBEに気軽に問い合わせてみてください。

お問い合わせ

制作会社にSNS動画を依頼するときのポイント2つ

制作会社に依頼するうえでのポイントは、企業の動画のテーマや目的に合った会社なのかや、サポートが充実しているかを確かめることです。

企業によってどのように動画マーケティングを行いたいかはさまざまあるでしょう。

  • 低コストで結果を出したい
  • ほぼすべての作業を外注したい
  • 予算がかかっても最短で結果を出したい

このような目的に制作会社が合致しているか、目的に合ったサポートがあるのかは重要です。

また、制作会社を決めるときには複数社を選定し、見積もりをもらって比較しましょう。見積もりの段階で価格が明確で追加費用が取られないかも判断するポイントです。

企業の動画のテーマに合った会社か

制作会社に特色があるので、理解したうえでテーマに合った制作会社を選ぶことが成功の近道です。

まずは目的に優先順位をつけてみましょう。少ない時間で効率良く稼ぎたいのか、時間はかかってもいいから低コストで稼ぎたいのか、動画制作のどの段階を外注したいのか……。

優先順位をつけてから制作会社の実績や方針で判断するのがおすすめです。

アニメーションを得意とするのか、実写を得意とするのかの制作実績や、企画に自信のある会社か、納品スピードの速い会社か、低コストを掲げる会社かなどの方針などの観点から選ぶと良いでしょう。

また、SNS動画の対して知見が少ない企業であれば、企画構成の段階から相談可能な制作会社を選ぶのがおすすめです。

逆に、方向性などもはっきりしていて動画撮影も明確にやりたいことがある企業は、編集などに業務内容を絞ってコストカットできる、対応が柔軟な制作会社を選びましょう。

サポートが充実しているか

動画制作を外注するメリットの1つとして、作業時間のカットが挙げられます。時間削減を最優先にしたい場合は、動画制作のどこまでをサポートしてもらえるか確認しておきましょう。

また、動画の運用面で分析・改善の提案がサポートに含まれているかも重要です。制作会社に依頼したいのは、豊富なノウハウに頼りたいという理由が大きいのではないでしょうか。

その場合、ただ動画を制作してもらうだけでなく、動画の改善点や、取り組んだことにどれだけの成果があって有効だったのかがわかった方が効率的に動画の質を向上できます。

動画制作から運用・分析・改善からコンサルティングまで、制作会社によりサポート内容は多岐にわたります。

そのため、外注先を決めるときにはサポートがどこまで含まれているのかを確認するのが重要です。

サポート力を重視する場合は特に、複数社で見積もりを取って比較検討して選ぶようにしましょう。

日本で主に利用されているSNSサービス上位5社

日本で利用されている上位5社のSNSサービスは以下の5つです。

  1. LINE
  2. YouTube
  3. Twitter
  4. Instagram
  5. Facebook

LINEは連絡ツールとして広い年代から利用されているサービスです。それ以外にも企業の公式アカウントの運用や、タイムラインで動画投稿など、サービスを拡大しています。

YouTubeは動画を気軽に見られるサービスとして世界的にも広く人気です。前述の通り、YouTubeはパソコンで見られることも多いため、他のSNSサービスよりも長い尺の動画でも視聴されるので、他のサービスと合わせて複数運用するのも良いでしょう。

TwitterやInstagramは拡散力の大きさが魅力です。動画をいいねやリツイートで拡散し、バズらせられる可能性が高いため、認知度を高めたい人には最適といえるでしょう。YouTubeとは違い、30秒ほどの動画が好まれるため、複数のサービスを使い分けるときの選択肢としておすすめです。

Facebookは世界的にユーザー数が多いサービスで、他のサービスとは違い実際に会ったことがある人とつながります。そのため属性に共通点があることが多く、共感性のある動画がバズりやすい傾向にあります。

SNSサービスにより特色があるので、把握したうえで自分に最適なサービスを選ぶと成功に近づくでしょう。

SNS動画制作まとめ

SNS動画制作を成功させるためには、バズらせて拡散を狙うことが重要です。バズらせるために、人気ジャンルを選んだり、動画の長さに気をつけたり、視聴者の興味を引くような動画作りをしたり工夫する必要があります。

SNS動画で早く成果を出したい、短い時間で効率的に収益化したい場合には制作会社に外注するのもおすすめです。その場合は、自分の目的に合っている、サポートが充実した会社を選ぶようにしましょう。

SNSの利用者は今後も増加していくと予想されます。また、5Gの導入によりSNS動画の需要も高まっていくでしょう。

SNS動画制作について今学ぶことで将来有利に働く可能性もあります。この機会にぜひ挑戦してみてください。

まずはお気軽にお問い合わせください

YouTube を活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を行なっています!!
また Web 広告動画や YouTube 動画の受託制作でも多数の実績があります!!

ご相談・各種お問い合わせはこちら