• NEWS
  • 最終更新日:2022.10.25

【初心者向け】TikTok動画制作のコツとおすすめアプリ・ソフト

TikTokは20億ダウンロードを突破し、世界的に注目されているSNSサービスです。日本でも中高生に人気で、多くの利用者がいます。

購入品を紹介すれば爆発的に売れるなど、経済効果もあるTikTok。参入したい人も多いでしょう。

そこで本記事ではTikTok動画制作を成功させるコツや、おすすめの編集ツールを紹介します。アプリ2つは無料で利用できるものなので、気軽に始められるのもメリットです。

TikTokの利用年代は若年層中心から徐々に40代などへも普及が始まっています。将来的には今よりも幅広い世代への需要が高まることが予想される市場なので、ぜひ今のうちに知識を身につけましょう。

TikTokとは?

TikTokとはByteDanceが運営するソーシャルネットワーキングサービスです。世界的にも人気で、累計20億ダウンロードを突破しています。

日本では中高生を中心に若い世代から人気を得ており、2018年のJC・JK流行語大賞ではアプリ部門で1位になるほど。

また、現在では中高生だけでなく、3人に1人の利用者が25歳〜44歳であることからも、TikTokの需要が高まっていることは明らかです。

TikTokの動画の長さは当初15秒でしたが、60秒・3分と延長し、2022年2月に上限を10分まで延長しました。

しかし現在でも主流は15秒の動画で、より多くの情報量を伝えたい場合には60秒や3分を使用するケースが多い傾向です。

そのため、バズることでフォロワーを増やしたいときには15秒動画を中心に、企業の情報をしっかり伝えたい場合には情報量の多い最大10分までの長い尺の動画を投稿すると良いでしょう。

2021年、日経トレンディと日経クロストレンドが発表した2021年ヒット商品ベスト30では、購入品紹介動画で紹介した商品が人気を集める「TikTok売れ」が1位に。経済効果もあるため、企業にとってもTikTokは注目すべき市場といえるでしょう。

YouTubeショート動画と似ていますが、TikTokはYouTubeに比べてフォロワー数が少なくても一定の反応をもらえる可能性が高いのがメリットです。

TikTok動画制作のメリット3つ

TikTokで動画制作するメリットは、 BGM中心のため世界に向けて多くの人に発信できる点と、フォロワーの数が少なくてもバズる可能性が高いことです。

また、ターゲットに合わせて商品誘導に成功すれば「TikTok売れ」という経済効果から商品の売上を伸ばせる可能性があります。

世界に向けて多くの人へ発信できる

TikTokは世界で20億ダウンロードを誇ることと、音楽を中心にしているため言語の壁が他のSNSサービスより低いことから世界へ向けた発信が可能です。

TikTokと聞いて多くの人がイメージするのは、音楽に合わせて口の動きを合わせている「リップシンク」でないでしょうか。

リップシンクは口の動きと簡単なダンスのみで投稿できるため、誰でもマネができることから拡散性が高く世界的に流行しました。

ダンスと音楽による表現がメインのため、海外のユーザーにも理解しやすいのが魅力です。

また相互フォローによるフォロワー増加を狙うため、国籍関係なくフォローする人も多いので、最近外国人にフォローされることが増えた……と不安に思った人は安心してください。

TikTokでは外国人でも気軽にフォローして相互フォローになるケースも多いので、いいねの数次第では自分の投稿が海外にまで伝わる可能性も高まります。

多くの人に動画を見てもらいたい場合には、自分から海外の人をフォローして相互フォローで人脈を作っておくと良いでしょう。

若年層に向けたより限定的なターゲティングが可能

TikTokの利用者は中高生の若年層が圧倒的に多いため、限定的なターゲット設定で商品への誘導が可能です。

商品やサービスに興味を持ってもらうためには、多くの人の共感を得るより、一部の人に強く共感してもらいましょう。

TikTokではまず年齢というターゲット設定を若年層と設定できています。そのうえでさらに女性・男性か、普段どんな生活をしているか・どんな悩みがあるかなどの観点からターゲットを絞ることで限定的なターゲティングが可能です。

TikTokを利用することで、年齢というターゲティングを自然とクリアしているので、SNS集客の経験が少ない企業や個人でも効果的な宣伝をしやすいのがメリットでしょう。

また TikTokで広告を出す場合、特定のユーザーをフォローしているアカウントへの限定的な表示が可能になるなど、TikTokではユーザーの情報をもとにした情報提供の力が他のSNSよりも強いことから商品への誘導・購入行動へ結びつけやすくなっています。

前の章で紹介したように「TikTok売れ」という経済効果もあるほど、TikTokは商品購入への誘導効果が高いSNSです。

利用者に合ったターゲット設定をして商品を紹介すれば、効果的に宣伝ができる可能性が高まります。

フォロワーが少なくてもバズらせやすい

YouTubeやTwitter、Instagramなどはフォロワーが一定数いなければバズらせることは難しいサービスです。

例として、YouTubeではバズらせるための方法として、検索の上位表示やおすすめ・関連動画に動画が載るような仕組みを作ることが挙げられます。

その際にはこれまでの動画の表示回数や再生回数・視聴維持率などの評価が高いものが、視聴者の検索した意図を満たせると判断されるので、検索の上位やおすすめ欄・関連動画で紹介される仕組みです。

そのため、これまでの動画の積み重ねがバズらせるためには重要な指標でした。

その点、TikTokはアルゴリズムが他のSNSとは異なります。TikTokのアルゴリズムは、投稿したすべての動画が最低でも300回再生が見込めるよう調整されています。

他にも、おすすめ欄に人気の投稿ばかりが表示されないようにするなどの仕組みもあるため、これまでの動画の評価やフォロワー数などの数値が低い初心者でもバズらせることも可能です。

TikTokではスワイプすると動画が自動で流れてくるので、他のサービスと違い「たまたま流れてきた動画が面白かったのでいいねする」というリアクションを得ることもできます。

いいねが増えれば急上昇中の動画として取り上げられさらに反応がもらえる可能性も。

そのためTikTokはフォロワーが少ない時期でも動画の内容次第でバズる可能性があります。

TikTokの基本機能を活用してリサーチ

TikTokの基本的な閲覧機能を紹介します。TikTokの他SNSとの大きな違いはアプリを開くとすぐに自動でおすすめ動画が流れてくることです。

また、右側にスワイプすることでフォロワー数だけでなく累計のいいね数もわかるので競合となる相手のリサーチに役立てられます。

アプリを開くとおすすめが自動で流れる

TikTokの最大の特徴は、アプリを開くと全画面で動画が流れ始めることです。ここではおすすめの動画が自動で流れます。

下から上にスワイプすると次のおすすめ動画が流れるので、ユーザーにTikTokをより長く使用するように誘導する仕組みです。

このおすすめ欄はTikTokのアルゴリズムにより判断されており、これまでにいいねなどの高評価をした動画の傾向から判断されています。

TikTokの公式によるおすすめフィードの要因は以下の通りです。

  • ユーザーのこれまでの「いいね」や「シェア」などの履歴
  • 動画の情報(キャプション・サウンド・ハッシュタグ)
  • デバイスの設定(言語や国の設定)

この中でもデバイスの設定の優先順位は低く、ユーザーのこれまでの傾向をもとに動画の情報がマッチするものを選んでいます。

そのため、ユーザーにとっても興味のある内容が多いためストレスなく動画を見続けられるようになっています。

右側にスワイプで動画配信者のプロフィール画面へ

おすすめで気になった動画があったとき、右側へスワイプすると配信者のプロフィール画面へ移動します。

フォロワー数や累計のいいね数の他、傾向からその他のおすすめのアカウントなども閲覧可能です。

下にスクロールすると過去の投稿動画を閲覧できます。動画1つ1つの再生回数も表示されているため、人気の動画がわかり、見たい動画がすぐ決められます。

また、右にスワイプするとこのユーザーがいいねした動画もわかるため、好みの動画を投稿している他のユーザーを見つけることも可能です。

左側にスワイプでフォロー中の動画がわかる

ホーム画面のおすすめの動画から左側にスワイプすると、フォロー中のアカウントの動画がわかります。

フォロー中のユーザーの新着動画を見たいときには左側にスワイプしましょう。

TikTokで流行る動画の作り方|コツ4つを紹介

TikTok動画を成功させるためには、TikTokのアルゴリズムに適した動画を投稿しておすすめされることが重要です。

アルゴリズムの中でも重要な再生完了率のために最初の3秒を意識したり、反応やシェアをもらえるような動画作りをしたり、ハッシュタグを活用するなどが挙げられます。

最初の3秒で興味を引く

TikTokをバズらせるためにはおすすめ動画に選ばれることが重要です。おすすめ動画を選ぶTikTokのアルゴリズムの要素の1つとして、視聴完了率があります。

視聴完了率は動画のどこまでを見られたかという指標です。つまり、動画を最後まで見られた方が評価は高くなります。そのため、動画が最後まで見られるよう工夫が必要です。

動画広告では最初の3秒で7割の視聴者がスキップするというデータがあるため、動画制作でも最初の3秒が肝心といえます。

最初の3秒で興味を引くための対策として、インパクトのある動画・画像を冒頭に持ってきたり、加工でインパクトを出す、興味を引くキャッチフレーズを載せるなどが挙げられます。

また、動画全体の視聴完了率の基準として、アメリカのVisible Measures社が行った、動画の離脱率に関する実験を参考にしてみてください。

この実験によると、最初の10秒で20%・30秒で33%・60秒で44%・90秒で50%以上が動画から離脱している結果に。

そのため自分の動画を分析して、このデータよりも離脱率を低くするよう目指してみましょう。

ハッシュタグを活用する

TikTokでバズらせる方法の1つとして、人気のハッシュタグをつけるのもおすすめです。

ハッシュタグをつけると、フォロワー以外の目に留まる可能性が高まるため、いいねやコメント、フォローに繋がる可能性があります。

ハッシュタグをテキストに入力すると、人気のハッシュタグが候補として出てくるため、参考にしてみてください。

また、TikTokではハッシュタグチャレンジという企画があります。企業などが商品のPRとして行う企画です。

チャレンジのハッシュタグとともに動画を投稿することで、チャレンジに参加するようアカウントを誘導し、多くの動画が投稿されることでハッシュタグを多くのユーザーに認知させます。

ハッシュタグチャレンジのメリットは、投稿に誘導するという性質から多くのユーザーを巻き込める点と、口コミや写真投稿などのユーザー行動に結びつきやすいことから、さらにそのチャレンジに関する投稿を見た人の購買意欲向上にもつながる点です。

ハッシュタグチャレンジは、印象に残るBGMやインフルエンサーの起用をするとユーザーの興味をひきやすくなります。

ハッシュタグを活用して投稿をバズらせましょう。

TikTokのアルゴリズムに適した動画を作る

TikTokにも他のSNSと同様、アルゴリズムがあります。アルゴリズムに適した動画を作るとおすすめに選ばれやすくなり、バズる確率を上げることが可能に。

  • 再生時間
  • 再生完了率
  • 複数回再生数
  • シェア数
  • いいね・コメントなどの反応
  • ハッシュタグチャレンジへの参加
  • 同じアカウントの動画視聴数

以上のような項目がTikTokでは重視されていると考えられます。

再生時間だけでなく、1つの動画の複数回再生数や同じアカウントからの動画視聴数など、中毒性のある動画や投稿された動画全体の質の高さが重要だといえるでしょう。

また、シェア数やいいね・コメントなど、視聴者の反応による拡散がTikTokでは重視されています。

動画の最後に反応をもらえるよう誘導するのもおすすめです。

人気の音楽に合わせる

TikTokでは音楽が中心となっているので、今人気の音楽をBGMにするだけでも、効果的です。

慣れている音楽を聞くとそれだけで共感を生めるので、動画から途中離脱されるのを防げます。

TikTok発の音楽が一世を風靡することが現在では多くなってきました。例として、瑛人さんの「香水」や、Adoさんの「うっせえわ」などが挙げられます。

いずれも使用しやすい歌詞や印象に残りやすいポイントのある音楽です。

また、2022年のTikTok上半期トレンドが広瀬香美さんの「ロマンスの神様」に決定したり、かつて倖田來未さんの「め組のひと」が人気になったりしたことなどから、過去の音楽が脚光を浴びるケースも多くあります。

TikTokの人気音楽は新曲から過去の曲まで多岐にわたることから、常に情報のアンテナを貼り続けることが重要です。

TikTok動画制作の撮影の流れ5STEP

TikTok動画の撮影から投稿までの流れは以下の5つの手順です。

  1. 15秒モード・60秒モード・3分モードから選択・動画を撮影する
  2. 上にある「楽曲を選ぶ」から楽曲選択する
  3. 右横にあるボタンをタップして好きな加工をする
  4. キャプションの入力とカバー選択する
  5. 動画の公開範囲・コメントの設定をして投稿完了

加工では以下のようなことが可能になります。

  • 文字の挿入
  • ステッカー
  • エフェクト
  • フィルター
  • クリップ調整
  • 字幕

撮影済みの動画や画像から投稿する流れ2STEP

TikTokでは撮影済みの動画や画像から投稿する方法もあります。手順は以下の2つです。

  1. 動画撮影画面の右下にある「アップロード」を選択
  2. 同様に右横のボタンから好きな加工をする

TikTok動画制作の注意点2つ

トレンドの移り変わりが早い

TikTokではさまざまなトレンドが生まれています。現代では、TikTokで流行ったものが少し後にテレビや雑誌で特集されていることが多い印象です。テレビで特集されるほどバズるトレンドはごく一部です。そのごく一部の流行りを逃さないよう努力しなければなりません。

また、TikTokでトレンドは次々生まれるため、移り変わりの早いトレンドの中から最適なものを見つけ出す必要があります。

TikTokのクリエイターからの意見に、「TikTokトレンドの移り変わるスピードが鬼のように早いので撮り溜めが全然ダメになっていく」という声がありました。

TikTokはフォロワーに活動的なアカウントとして定期的に見てもらうことも重要なので、1日1回は投稿するのが理想的です。

その中で撮り溜めをせず日々移り変わるトレンドに合わせた動画の企画をするのが最も効果的といえますが、非常に難しいでしょう。

TikTokの利用者は若年層でターゲットが限定される

TikTokの利用者は圧倒的に中高生の若年層が多いため、ターゲットは限定されます。

TikTokの利用率は少しずつ増えていますが、サラリーマンなどの層へのアプローチはまだ他のSNSの方が有利といえるでしょう。

TikTokではハッシュタグチャレンジによる商品誘導など、「TikTok売れ」という効果もありますが、あくまでもターゲット設定がユーザーとマッチした場合に起こる現象です。

商品のターゲットがTikTokのユーザー層と合っているかはよく確かめましょう。

若年層の利用が多いため、TikTokに向いているのは以下のような業種で、かつ若者も手に取りやすい低単価の商品を販売している企業です。

  • アパレル
  • 美容
  • 飲食

アパレルや美容は、ファッションへのアンテナを張っていることの多い若い女性がTikTokユーザーに多いため挙げられます。また、実際に使うシーンやコーディネートも紹介すると商品の使用イメージがわき、購買行動に繋げることが可能です。

飲食も、文章や画像よりもリアリティのある動画の方が魅力を伝えやすいため、TikTokとは相性が良いといえるでしょう。

TikTok動画制作に役立つツール4選

TikTokの動画制作をより高品質にする編集ツールを紹介します。TikTokだけでも動画編集は可能ですが、より評価を高めるには編集ツールの利用も検討したいところです。

始めは無料アプリを利用してみて、よりハイレベルな編集を求めたときに編集ツールに移行すると良いでしょう。

移行を視野に入れてアプリを使うなら、MacユーザーはiMovieからFinal Cut Proへ移行するとスムーズです。

TikTokだけでも動画編集は可能

TikTokだけでも加工機能を使って動画編集は可能です。しかし、編集ツールを使った方がより高品質な動画作りができます。

編集ツールを使ったメリットは3つです。

  • カメラで撮影するとより高画質になる
  • 編集できる幅が広がる
  • 動画の管理がしやすい

編集ツールを使うとよりハイレベルな動画を制作できるほか、動画の管理がしやすくなるメリットがあります。

 TikTok編集ツールの選び方

TikTokの編集ツールを選ぶ中で、確認しておくべきポイントは以下の3つです。

  • 豊富なエフェクト
  • 対応デバイス
  • 価格

TikTokは動画で全てを伝えるからこそ、エフェクトなどの加工手段の多さは重要です。また対応デバイスが豊富な場合、スマートフォンアプリで外出中にも作業できたり、家ではパソコンの大きな画面で作業ができたりするなどのメリットがあります。

編集ツールを選ぶときに価格も気になるところ。本記事では完全無料アプリも紹介するので、予算に合ったツールを選びましょう。

【無料アプリ】iMovie

iMovieはiPhoneやMacに初期からあるアプリなので、安心感がありますね。

iMovieでは、以下のようなことができます。

  • オリジナルムービーを作るマジックムービー
  • 20のストーリーボードで人気のビデオを作成可能
  • ハリウッド映画のような14種類の予告テンプレート
  • 13種類のビデオフィルタで美しいムービー

iMovieではカットや倍速など、動画編集の基礎を押さえているのがポイント。写真や動画があれば初心者でも動画制作が可能です。

また、AirDropを使ったiPhoneとiPodのスムーズな移行も魅力的です。外部ディスクへのミラーリングも可能なので、屋外ではiPhoneで、自宅では大画面でも作業できます。

完全無料のアプリなので、気になったら使ってみやすいのもポイント。

【無料アプリ】InShot

こちらも無料のアプリです。iMovieと異なるできることは以下の通りです。

  • ビデオ速度を4倍速まで編集可能
  • さまざまな音楽を追加できる
  • 各SNS向けのぼかしボーダーでサイズ調整可能

また、InShotは無料のアプリですが、月額または年額のサブスクリプションで有料のマテリアルの利用も可能です。

ぼかしボーダーでSNSサービス向けの動画サイズを簡単に設定できるので、複数のSNSアカウントを持っている人はぜひお試しください。

【編集ソフト】PowerDirector Essential

PowerDirector Essentialはパソコン向けの編集ソフトです。できることは以下の通りです。

  • 9つまで動画を埋め込める PIP機能
  • アニメーション機能
  • 豊富なテンプレート
  • AI機能でユニークな映像を作成

PowerDirector Essentialはテンプレート素材やAI機能などから、センスに自信がない初心者でもおしゃれな動画を作成できます。

価格は月額制で2,180円、すべての機能を使うためには月3,980円必要です。

しかし、PowerDirector Essentialは高機能であるため使いこなすには時間がかかります。バージョンアップするかは使い慣れてから判断しましょう。

【編集ソフト】Final Cut Pro

Final Cut Proは著名なYouTuberも利用している編集ソフトです。Final Cut Proの魅力は3つあります。

  • metalエンジン機能で高パフォーマンス
  • ワークフロー機能で操作を一貫してできる
  • 買い切り型の購入方法

Final Cut Proは高パフォーマンスかつワークフロー機能が魅力的なので、これまで編集ソフトが重くてストレスだった人におすすめのソフトです。

デメリットは、買い切り型で追加費用がないぶん初期費用が大きくなる点が挙げられます。

Final Cut Proの価格は36,800円です。PowerDirector Essentialを1年半ほど使用した場合と同額になります。

またFinal Cut ProはMac専用のソフトなので、iMovieからの移行がスムーズなのもメリットです。そのため、iMovieの無料機能では満足できなくなったときにFinal Cut Proへ移行するのも良いでしょう。

TikTok動画制作まとめ

TikTokは音楽中心で世界へ向けた発信ができるため多くの人に見られやすいことや、アルゴリズムによって一定に人に動画が見られるようになっていることから、フォロワーが少なくても動画をバズらせられる可能性が高いコンテンツです。

TikTokで効率的に評価を高めたいなら、アルゴリズムに適した動画作りを心がけましょう。

動画の評価を高める方法の1つとして、編集ツールを使って動画のクオリティを高めることも重要です。

まずは無料アプリで編集のコツを掴み、有料の編集ソフトへ移行すると良いでしょう。

TikTokは若年層を中心に、日本でも人気のSNSサービスです。ハッシュタグチャレンジなどの企画もあり、購入に繋げやすいサービスであるため、今後参入する企業や個人も多いでしょう。

今始めることで将来の売上に関わる可能性もあります。ぜひ挑戦してみてください。

まずはお気軽にお問い合わせください

YouTube を活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を行なっています!!
また Web 広告動画や YouTube 動画の受託制作でも多数の実績があります!!

ご相談・各種お問い合わせはこちら