• NEWS
  • 最終更新日:2022.08.27

YouTubeの分析・解析ツール6選|他人のチャンネルを分析できる?無料ツールも合わせて紹介

企業や自社商品のアピールをYouTubeで行う企業が増えており、中にはチャンネル登録者数や再生回数などが伸び悩んでいる企業もいるでしょう。

よりYouTubeチャンネルを伸ばすには、チャンネルのどの部分を改善すべきか分析・解析すると良いです。

YouTubeチャンネルを分析・解析するためにはツールの活用をおすすめしますが、「どのツールを選べば良いのか分からない」と思っているのではないでしょうか。

そこで本記事では、分析・解析ツールを使う理由や目的を始め、YouTubeの分析・解析ツール6選を紹介します。

紹介する分析・解析ツールの中には、他の人のYouTubeチャンネルも分析できたり、無料で使えたりできるものがあるので、用途に合わせて選びましょう。

今YouTubeチャンネルの運営でお困りのことがあれば、以下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。YouTube運用/YouTubeマーケティングに精通した担当者が最短即日でお答え致します。

お問い合わせ

YouTube分析・解析ツールを使う主な目的と用途

YouTubeの分析・解析ツールでは、現在のチャンネル評価や動画の評価など、これからのYouTube運用に役立つ情報が得られます。

具体的にどのような情報を分析できるのか、事前に把握しておくと自身に合った分析・解析ツールが見つけられるでしょう。

ここでは、どのような情報を分析できるのかを解説します。

自社のチャンネルの分析

YouTubeチャンネルを上手に運用するには、まず自社のチャンネルを分析すると良いでしょう。

ほとんどのツールでは、視聴者維持率・インプレッション・クリック率・視聴者属性・トラフィックソースなどが分析できます。

視聴者維持率は、配信動画を最後まで視聴してくれたユーザーの割合を表す指標であり、ツールによってはパーセンテージだけではなく、動画のどの部分で離脱しているユーザーが多いのかグラフ化しているケースもあります。

インプレッションはサムネイルが画面に表示された回数を表し、クリック率は表示されたサムネイルをクリックしたユーザーの割合を表します。

インプレッションの値が上がれば、基本的にクリック率も上がると言われており、クリック率アップにつながるサムネイルを作るならインプレッションの値を参考にすると良いでしょう。

視聴者属性では、年齢・性別・試聴された地域などが分析され、もともと設定していたターゲットに該当するのかが確認できます。

トラフィックソースでは、サイトやアプリ、SNSなどの外部サイト・関連動画・再生リスト・YouTube内での検索など、何をきっかけに動画を視聴したのか流入経路が分析した結果を表す指標です。

またツールによって、分析できる情報はさまざまであり、目標に達成するには何を知るべきなのかを明確にすると、YouTubeの分析・解析ツールをより効果的に利用できるでしょう。

以下の資料では、累計3億回再生のYouTubeチャンネルを運営するTUUUBEが、実際にYouTubeアナリティクスで分析する際に見ているポイントをチェックリストでご紹介しています。

【初心者必見】YouTube分析のPDCAチェックシート

他社のチャンネルの分析

分析・解析ツールによっては、他社のチャンネルを分析できるものがあります。

分析できる情報は、自社のチャンネルを分析した場合と同じように視聴者維持率や視聴者属性などです。

自社のチャンネルで値が悪かった部分に着目し、なぜ他社のチャンネルでは値が良いのか、または分析結果が良いのか、実際に他社のチャンネルの動画を視聴しながら比較すると良いでしょう。

また競合企業のチャンネルを分析し、どの部分が劣っているのか優れているのか、自社のチャンネルの弱点や美点を見つけられるきっかけになるケースもあります。

YouTubeトレンドの分析

YouTubeの分析・解析ツールの中には、YouTubeのトレンドを分析できるものがあります。

トレンドとはいわゆる「流行」であり、検索されることが多い、これから認知度が上がる見込みがあるものを指します。

2021年6月22日に発表された「YouTube カルチャー & トレンドレポート 2021」では、東海オンエアさんの48時間ウォーキングマシーンを歩き続ける動画や、サンシャイン池崎さんがジャスティスを1万回叫び続ける動画などが賞賛されています。

2つの動画の共通点は、長時間のチャレンジ企画であることです。

例えば自社商品を使った長時間チャレンジ企画を配信すれば、トレンドの波に乗って検索上位や関連動画などに表示されるケースも考えられます。

このようにYouTubeのトレンドをツールで分析して企画に取り入れるなど、企画を作成する際に役立つのではないでしょうか。

ただし、YouTubeのトレンドは変化が激しいので、トレンドにあやかった動画を作成する場合は、流行が終わる前にできるだけ早く配信することがポイントです。

YouTubeSEOの改善・分析

YouTube SEO対策は、多くの視聴者に見てもらうために必要であり、ツールを用いて分析すると改善点が見えてきます。

クリック数や再生回数が伸び悩んでいる場合は、YouTubeSEO対策の見直しをすると良いでしょう。

YouTubeで検索上位に表示されるには、まず検索ワードと動画内容が合っているのかが大切です。

例えば家電を販売する企業が「夏 おすすめ 家電」というキーワードを選定して動画を作成する際、動画内容はもちろんですがタイトル・概要欄・タグにキーワードを含ませると、検索上位に表示される可能性があります。

他にも視聴維持率やコメント数、高評価や低評価の数もYouTubeSEOに影響すると言われています。

YouTube運営において分析が重要な理由とは?

YouTubeチャンネルを上手に運営するには、定期的な分析が大切です。

理由は、もし再生回数やチャンネル登録者数が伸び悩んでいる場合、なぜ伸びないのかや動画のどの部分で離脱率が高くなっているのか、原因を見つけるきっかけとなるからです。

例えば、動画から企業サイトへの流入率が低いと感じた時、動画を最後まで見ている視聴者が少ない、またはそもそもクリック率が低いなど、さまざまな原因が考えられます。

そのような時にYouTubeの分析・解析ツールを使うことで、数字やグラフなどの分析結果からYouTubeチャンネルの改善点の明確化ができるでしょう。

また分析して悪い点を浮き彫りにするだけではなく、良い点もこれからの動画作成でも役に立ちます。

例えば、高評価が多かった動画やコメント数が多い動画など、好評だった動画がどれかを知るだけでも、良い点は残し悪い点は改善するという運営方法ができるでしょう。

さらにツールを使った分析方法や分析内容の見方を詳しく知りたい場合は、以下の記事をおすすめします。

【初級編】YouTubeチャンネルの分析方法は?YouTubeアナリティクスの見方や見るべき指標を解説

YouTube分析ツール6選|おすすめツール

さまざまなYouTubeの分析・解析ツールがある中で、無料ツールと有料ツールに分けておすすめのツール6選を紹介します。

各ツールの利用できる機能・メリット・デメリット・口コミをお伝えするので、ぜひツール選びの際に参考にしてください。

無料ツール

YouTube運用費用に余裕がない場合は、無料で利用できる分析・解析ツールを活用すると良いでしょう。

無料とはいえ、利用できる機能が充実している分析・解析ツールが多く、分析したい情報によっては無料ツールで十分であるケースがあります。

YouTubeアナリティクス

YouTubeアナリティクス

分析できる項目・機能 ・どのような方法で動画が再生されたのか(リーチ)

・総再生回数が長い動画や再生リストなど(エンゲージメント)

・視聴者の属性やアクセスする時間帯

・推定収益 など

メリット ・視聴者のニーズが分かる

・改善点が明確に分かる

デメリット ・データが反映されない場合がある
口コミ ・「Youtubeのアナリティクスで十分」

・「スマホで動画の概要欄の書き換えられる点がとても便利」

YouTubeのアカウントを持っていれば、誰でも無料で利用できるYouTubeの分析ツールです。

利用すると、概要・リーチ・エンゲージメント・視聴者・収益の5つのタブごとに分析結果が表示されます。

概要タブでは、視聴回数が多い人気動画や過去48時間または60分間のパフォーマンス、最新動画10本のパフォーマンスなどがレポート化されています。

リーチタブでは、自身の動画を視聴者がどのように見つけたのか分かるように、トラフィックソースの種類や関連動画、再生リスト、検索キーワードなどが確認できます。

エンゲージメントタブでは、過去28日間で総再生時間が長い動画や再生リスト、効果的だった終了画面、人気なコミュニティ投稿などが分析されます。

視聴者タブでは、視聴者が増加している動画やアクセス数が多い時間帯、ベル通知設定状況、チャンネル登録者の総再生時間、視聴者の地域別分布、よく利用される字幕言語などが表示されます。

また自身のチャンネルの視聴者が過去28日間に見た他のチャンネルや、過去7日間に再生した他の動画も見られるので、ライバルチャンネルが明確になるでしょう。

収益タブでは、推定月収や収益の内訳、収益額が高い動画などが表示されますが、あくまでも推定なので明確ではあるとは限らないと理解しておきましょう。

さまざまな分野において分析できるYouTubeアナリティクスですが、特に視聴者ニーズは詳しく調べられるので、ターゲットとニーズが合っているのかや、ターゲットの絞り込みを行う時におすすめです。

NoxInfluencer

NoxInfluencer

分析できる項目・機能 ・登録者の増加・減少数

・合計視聴回数

・動画の平均視聴回数

・グローバルランク

・国/地域ランク

・推定収益 など

メリット ・他のチャンネルも分析できる

・アプリやChromeプラグインとして利用可能

デメリット ・登録者数は前3桁しか表示されない
口コミ ・「他のチャンネルの分析ができてモチベーションが上がる」

・「チャンネル状況が詳しく確認できる」

中国企業が提供している無料ツールであり、日本語にも対応しているので問題なく利用できます。

チャンネル状況を始め、特定の動画の分析も可能です。

NoxInfluencerでは、Noxスコアという独自基準で数値化され、他のチャンネルでも同じように分析できます。

成功している企業チャンネルやライバル企業チャンネルなどを分析できるので、自社チャンネルとの比較もしやすいのではないでしょうか。

またYouTubeの他にも、Instagram・TikTok・Twitchの動画の分析もでき、YouTubeと連携しているSNSの状況まで確認できます。

NoxInfluencerの利用方法は、分析したいチャンネルや動画のURLを入力するだけです。

有料にはなりますが、会員になると使えるサービスの幅が広がり、プロ版ではチャンネル向上のための相談もできます。

vidIQ

vidIQ

分析できる項目・機能 ・1時間あたりの視聴回数(VPH)

・エンゲージメント率

・競合他社の統計情報

・総再生時間と平均総再生時間

・上位の視聴者維持率

・上位のYouTube再生リスト

・トラフィックソース

・上位のYouTube検索キーワード

・終了画面のクリック率 など

メリット ・スコアカードの点数でひと目で評価が分かる

・他のチャンネルの分析も可能

デメリット ・基本的に英語表記なので、日本語表記にすると少し言葉がおかしい部分がある
口コミ ・「無料プランで自身のチャンネルはもちろん、他のチャンネルの分析もできるので十分」

・「機能がたくさんあり本気でYouTubeチャンネルを分析したい方におすすめ」

Googleアカウントまたはメールアドレスで利用できるYouTube公認の分析ツールです。

vidIQでは、検索エンジンにどれくらい最適化しているのか、点数ではっきり表すスコアカード機能が利用できます。

スコアカードの点数が高いほどSEO対策ができていると考えられ、検索された時に上位に表示される可能性が高まります。

スコアカードで注目される点は、タイトル・動画の説明欄・タグにキーワードが入っているか、適したサムネイルを使用しているか、コメント欄でいいねや返信などコミュニケーションが取れているのかなどです。

また点数だけではなく、チャンネルの基本情報や、動画に付いたタグの一覧も確認でき、タグの後ろに付く「#◯(数字)」はそのキーワードで検索された時の順位を表しています。

他にもキーワード検索機能では、検索ボリュームや競争度などが調べられ、キーワードを選定する際に役に立つでしょう。

有料ツール

無料ツールでは利用できない機能を求めている場合や、YouTube運用費用に余裕がある場合は、有料ツールを活用してみてはいかがでしょうか。

kamui tracker

kamui tracker

分析できる項目・機能 ・YouTubeで伸びてる動画や企画

・企画とYouTubeのタイアップ動画

・同じような視聴者が見ているチャンネル

・タイアップ時の予測視聴回数

・タイアップ動画とインストール数の相関関係

・伸びそうなYouTuber など

メリット ・3,600万本以上の動画データを蓄積

・過去5年間の事例を網羅

デメリット ・一定数以上のチャンネル登録者数がいないと利用できないケースがある
口コミ ・「YouTubeのトレンドも知れるので、今まで以上に必須ツールです」

・「自身のチャンネルの位置付けができるので、モチベーションアップにつながりやすい」

株式会社エビリーが提供しているYouTubeの分析・解析ツールであり、YouTuberキャスティングやYouTubeチャンネル運用を行なっています。

さまざまな業種や商品の過去5年間のYouTuberタイアップ事例を蓄積しているので、現在伸びているYouTube動画や企画だけではなく、これから伸びそうなYouTuberまで分析可能です。

また同じような視聴者が見ている他のチャンネルも確認できるので、ライバルチャンネルの絞り込みにも役に立つでしょう。

チェックしたい動画のURLを入力すると、1時間単位で視聴回数などのさまざまな情報を測定することができるので、動画1つ1つを細かく分析したい場合におすすめです。

動画編集者・放送作家・コンサルタントなど、さまざまな分野のプロによるノウハウでチャンネル運用をサポートしてもらえ、実際にkamui trackerを導入し成功した企業は公式サイトに掲載されています。

AZTECA

AZTECA

分析できる項目・機能 ・キーワードの選定

・検索キーワードの上位動画

・動画の検索順位

・ニーズ調査

・競合チャンネルと比較

・アルゴリズム調査 など

メリット ・インストールが不要

・一部機能なら無料で利用可能

デメリット ・YouTube動画の情報検索の回数は上限がある
口コミ ・「無料版と有料版から自分に合ったものが選べて良い」

・「月額500円という安さで有料機能が使えて嬉しい」

株式会社メディアエクシードが提供しているYouTubeの分析・解析ツールであり、SEO担当者が作ったYouTubeツールとしても話題になっています。

AZTECAでは、主にYouTube検索順位を調べるものであり、自社チャンネルだけではなく、他社チャンネルの動画の検索順位・数字の動向の確認や記録ができます。

順位変動は、前日・1週間・1ヶ月前からと期間を指定できるので、順位の変動があった日や時間帯などの確認も可能です。

また数字だけではなく、グラフとしても情報が表示されるので、自身の見やすい見方で分析結果を確認すると良いでしょう。

Webブラウザ上で利用できアプリやプラグインとしてインストール必要がありません。

そのため、パソコンから確認できるのはもちろんですが、Androidのみ対応やiOSのみ対応といったことがないので、スマホ上からも情報の確認ができます。

TUBERS

TUBERS

分析できる項目・機能 ・登録者数や再生回数などのチャンネルの状況

・カテゴリー別ランキング

・カテゴリー別トレンドタグ

・直近の再生数とエンゲージメントが高いYouTubeチャンネルや動画

・ライバルチャンネルの検索

・チャンネル検索 など

メリット ・気になる他のチャンネルをまとめて分析できる

・自身と他のチャンネルを比較するライバル機能がある

デメリット ・チャンネル登録者数が少ない場合はチャンネル登録率予測が表示されない
口コミ ・「自分が知らない流行りが知れておもしろい」

・「Webも使っていましたが、アプリはアップデートしてより使いやすくなった」

クリエイターニンジャ株式会社が提供しているYouTubeの分析・解析ツールであり、Web版・アプリから利用できます。

TUBERSでは、まず自社チャンネルの現在の登録者数や総再生回数、動画本数、チャンネル登録率予測、動画の平均再生数、アップロード数、過去30日間平均エンゲージメント率が分析されます。

これらの情報は、他社のチャンネルを分析した際にも確認できます。

また国内・ビジネス&産業・企業公式チャンネル・美容&フィットネス・金融・コンピュータ&電子機器など、カテゴリー別にチャンネルランキングが見られます。

企業公式チャンネルとカテゴリー指定することもおすすめですが、自社商品やサービスに該当するカテゴリーを指定して分析することもおすすめです。

ライバルチャンネルが表示される画面では、主に自社チャンネル名と類似しているチャンネルが総登録者数の多い順に表示されます。

また直近の再生数とエンゲージメントが高いYouTubeチャンネルや動画も分析でき、YouTubeのトレンドから企画を考える際に活用すると良いでしょう。

【目的別】おすすめのYouTube分析ツール

ここでは、他人のYouTubeチャンネルを分析したい時、自社のYouTubeチャンネルを分析したい時、YouTubeのトレンドを分析したい時の3つの目的別に、おすすめのYouTube分析・解析ツールを紹介します。

先ほど紹介したおすすめのツール6選を見た上で迷う場合や、無料か有料かにこだわりがない場合は、ぜひ参考にしてください。

他人のYouTubeチャンネルを分析したい

他人のチャンネルを分析し、自社チャンネル運用で役に立てたい方もいるでしょう。

そこでおすすめしたい分析ツールが、「SOCIALBLADE」です。

SOCIALBLADE

自社チャンネルの分析はもちろん、他人のチャンネルのURLをコピペするだけで、簡単に分析できる無料分析ツールです。

表示される分析内容は、以下の通りです。

  • アップロード数
  • チャンネル登録者数
  • 動画の再生回数
  • 国名やチャンネル属性
  • チャンネル開設日
  • チャンネルの品質・グレード
  • チャンネル登録者数の世界ランク
  • チャンネル属性内のランク
  • 直近30日間のチャンネル登録者数
  • 直近30日間の再生回数
  • 月間・年間推定収益

ここで大切なのが、ただ結果を見るだけではなく、再生回数やチャンネル登録者数などの変動部分です。

例えばチャンネル登録者数が上がっているまたは下がっている日に着目し、その日に公開された動画に変動する原因が隠されているなどと考えられます。

自社のYouTubeチャンネルを分析したい

まずは自社のYouTubeチャンネルを詳しく分析し、これからのチャンネル運用に役立てたい方もいるでしょう。

そこでおすすめしたい分析ツールが、「YouTubeアナリティクス」です。

YouTubeアナリティクス

YouTube公認ツールであり、YouTubeのアカウントを持っていれば誰でも自身のチャンネルの分析ができるものです。

他社チャンネルの分析はできませんが、自社チャンネルの分析に特化しています。

特に視聴者の年齢や性別はもちろん、視聴している国・地域、時間帯、リンク先、どうやって動画を見つけどこまで見たかなど、細かい部分まで分析ができます。

そのためこれらの分析内容は、ターゲットの決定や、もともとのターゲットと実際の視聴者が一致しているのか確認可能です。

またよく視聴されている時間帯が分かると、効果的な投稿時間が明確になるでしょう。

YouTubeのトレンドを分析したい

YouTubeのトレンドから、新しい企画を考え出したいと思っている方もいるでしょう。

そこでおすすめしたい分析ツールが、「NoxInfluencer」です。

NoxInfluencer

YouTubeのトレンドから他人のチャンネルまで分析ができる無料ツールです。

NoxInfluencerでYouTubeのトレンドを分析するには、NoxInfluencerの「YouTube トレンド 見込み」にアクセスするだけで表示されます。

トレンドは、過去6日間のデータや音楽・スポーツなどのジャンル、国を指定して調べられるので、ターゲットに合わせてキーワードの選定が可能です。

分析されたトレンドを動画内容やタイトル、概要欄などに取り入れると、検索上位に表示される可能性があります。

YouTubeの分析内容を活用する方法

YouTubeの分析・解析ツールで分析した内容は、どのように活用すれば良いのか分からない方もいるでしょう。

まずは、決めているKPIの項目に着目すると良いです。

例えば、総再生回数をKPIに決めている場合は、総再生回数の確認から特定の動画の再生回数の確認へと、徐々に的を絞って再生回数が少ない原因を明確にしていくと、改善点が浮き彫りになります。

また動画視聴維持率をグラフで表してものでは、どの部分で離脱率が上がっているのかが確認でき、「その部分に離脱する何らかの原因がある」と考えられます。

このように分析内容から改善点を明確にしていくことで、次に行うべき運用計画が上手に立てられるでしょう。

分析内容をただ見るだけではなく、チャンネル全体の改善や動画の改善など、「どこを改善すれば良いのか」を自身でさらに分析すると良いです。

また自社チャンネルの分析内容だけではなく、他社のチャンネルを分析した際には、良い点を参考にして上手に活用することもおすすめです。

以下の資料では、累計3億回再生のYouTubeチャンネルを運営するTUUUBEが、実際にYouTubeアナリティクスで分析する際に見ているポイントをチェックリストでご紹介しています。

【初心者必見】YouTube分析のPDCAチェックシート

YouTubeの分析がうまくいかない時の対処法

YouTubeの分析・解析ツールから出た分析内容を、自社でさらに分析するとなると、なかなか成功につながらなかったり、改善点が明確にならないケースも考えられます。

その場合には、YouTubeチャンネル運用のプロであるコンサルタントから相談を受けることもおすすめです。

プロ目線で分析してもらうと、分析・解析ツールだけでは気づけなかった点が浮き彫りになる可能性があります。

コンサルティングが受けられるサービスはさまざまあり、コンサルティングのみのサービスや、運用代行とコンサルティングが込みとなったサービスもあります。

自社の運用予算などに合わせて、YouTube運用のためのさまざまなツールを活用すると良いでしょう。

YouTube分析ツールのまとめ

上手にYouTubeを運用するには、分析・解析ツールの活用が大切です。

ただ投稿を続けるよりも、1本1本の動画の質を高めながら、再生回数やチャンネル登録者数を伸ばすための試行錯誤がポイントとなります。

自社チャンネルを分析し、企業チャンネルでどの順位にいるのかや、離脱率が高いのはどの部分なのかなどを明確にすると、動画作成する上でさまざまな課題が明確になるでしょう。

特にYouTubeチャンネルが伸び悩んでいる場合は、さまざまな分析・解析ツールから自社に合うツールを見つけ、改善点を目に見える形にするだけでも変わる可能性があります。

もし、これから企業でYouTubeチャンネルの運営を考えている場合は、自社運営・他社運営問わずYouTubeチャンネルのプロデュース実績が多数の株式会社TUUUBEにご相談ください。

主な実績は以下。

・累計500万回超えの企業チャンネルの運用代行
・累計3億再生超えの自社YouTubeチャンネル運営
・立ち上げ2ヶ月で50万再生を超える特化型チャンネルの運営

ジャンル問わないYouTubeチャンネル運営のノウハウがある為、どのような企業様にも実績を伴うアセットが提供可能です。

まずはお気軽にお問い合わせください

YouTube を活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を行なっています!!
また Web 広告動画や YouTube 動画の受託制作でも多数の実績があります!!

ご相談・各種お問い合わせはこちら