• NEWS
  • 最終更新日:2022.07.26

VSEO対策とは?YouTubeSEOの意味とやり方を解説|VSEO対策6つ

「YouTubeチャンネルを運営しているけど再生回数(視聴回数)が増えない。」
「動画をたくさん投稿しているのに登録者数が増えない。」

YouTubeの運営を担当している方でこのようなお悩みを抱えている方は、VSEO対策が不足しているからかもしれません。

YouTubeに代表される動画プラットフォームでは、ユーザーに対してより動画を伝えやすくする動画のSEO対策である、VSEO対策が重要視されています。

この記事では、以下を中心にVSEO対策の基礎知識や方法を一から解説。

  • VSEO対策ですぐにできる対策6つ
  • VSEO対策の考え方やメリット・デメリット
  • VSEO対策の企業成功事例

YouTubeの動画や動画広告を利用してマーケティングする企業の担当者の方はぜひ参考にしてみてください。

YouTubeの「VSEO対策」とは?意味と役割・重要な理由

YouTubeのVSEO対策とは、YouTube内で配信した動画を上位に表示させるための方法です。VSEOは「Video Search Engine Optimization」の略称で、動画の最適エンジン最適化を意味します。

VSEO対策をする一番のメリットは、視聴回数の増加とチャンネル登録者数増加のきっかけを作れること。VSEO対策をすることでYouTube内で上位検索による表示が狙え、ユーザーに配信動画を視聴される機会が増えます。

それによりユーザーの検索意図にあった動画がレコメンドされることでチャンネル内の動画視聴維持率を高く保ち、広告予算を掛けなくても多くのユーザーに自社のサービスや特徴を認知してもらえるでしょう。YouTubeの視聴時間が長いと動画の評価が高まりやすく、多数のユーザーが見ている動画だと認識されて上位検索にもなり得ます。

また、YouTubeの動画配信は1日に40億本もの莫大な数が世界中で視聴されています。
そのためVSEO対策は1日に配信される膨大な数の投稿数のなかで埋もれないように、とても重要な対策です。

VSEO対策とSEO対策の違い

YouTubeにおける上位検索のためのアルゴリズムは、まだ一般的なWebの検索エンジンよりも精密ではなく、VSEO対策に力を入れている企業も少ないのが現状です。

つまり、今から動画プラットフォーム上でVSEO対策を行うことで、自社の動画を上位表示させるチャンネルに成長させるチャンスだといえます。

YouTube内部のVSEO効果

YouTubeのVSEO効果を利用すると、YouTube内およびGoogleで検索をした時に自社で作成した動画が上位に検索される可能性が高まります。

YouTube内部のVSEO効果は、比較的簡単に設定出来るため、すぐに実施できます。。VSEO対策の要素に動画に関するキーワードを組み込むだけで設定が可能です

今すぐVSEO対策を行いたい方はこちらをご覧ください。

YouTubeの検索結果に表示

VSEO対策をすることで、YouTubeの検索結果への表示回数が多くなります。YouTubeのアルゴリズムは動画のパフォーマンスとユーザーの興味関心度が高いと動画が上位表示される傾向にあります。

その詳細に関してYouTubeが公式に情報を明らかにしていませんが、概ね次のことが重要だとされています。

動画のパフォーマンス

 ・動画のクリック数(CTR)

 ・動画の総再生時間

 ・動画の評価、チャンネル登録数、コメント数、シェア、など(エンゲージメント)

ただし、動画が良い動画だというだけでは、上位検索表示にはつながりません。

ユーザーから高評価を得ている動画はユーザーニーズを満たしており、その満足度が高評価につながっています。

高評価された動画が「ユーザーにとって興味がある関連動画」として表示されることで、自動的に視聴のチャンスを増やしています。

ユーザーの興味関心は以下を意識することが大切です。

  • ユーザーが検索したキーワードと動画内容が一致していて、ユーザーの検索ニーズを満たしているか。
  • ユーザーが過去にどのようなチャンネルを視聴したか、動画を視聴したか

YouTube外部のVSEO効果

YouTubeのVSEO効果はGoogleで検索した時や、関連動画の表示にも関わっています。

YouTubeの外部のSEO対策は、以下のような事例によるものです。

  • YouTube動画がWebサイト/SNSに引用される。
  • Webの検索結果からYouTube動画に流入される。

VSEO対策はYouTube内部だけでなく、外部からの対策も有効です。、外部・内部対策の両方の相乗効果により、さらに多くのユーザーを集めるきっかけを作るでしょう。しかし、外部のVSEO対策は自社内でコントロールしにくい対策であるため、外部からのVSEO対策をしたい場合はVSEO対策を専門に扱うYouTubeマーケティング会社に相談することがおすすめです。

YouTubeマーケティング会社の詳しい説明は以下の記事をご参考ください。

YouTube運用代行会社比較12選!特徴と料金をわかりやすく比較 管理やサポート,解析付きのサービスも

Google検索の結果にYouTubeの動画が表示

Googleで何かを検索した時にYouTubeの動画が表示されているのを見たことはありませんか?

YouTube外部のVSEO効果はこのようにGoogleの検索結果にも関係します。Googleは世界最大の検索エンジンであるため、検索にされると、動画に関係したキーワードで検索している人に視聴してもらえるチャンスが高まり、YouTube以外からも、多くのアクセスを得られます。

Googleの検索結果で表示されやすい動画は以下の動画です。

  • レビュー動画
  • 実験動画
  • チュートリアル、ハウツーなど説明動画
  • プレゼンテーション動画

これらの動画を自社のチャンネルで公開している際は、一般的なWeb検索からの流入も期待できるため、VSEO対策の開始を検討してみましょう。

VSEO対策のメリット5つ

VSEO対策は他のWebマーケティングにはないメリットが多く存在します。

VSEO対策のメリットを把握できていないと、必要な時にVSEO対策を行うという手段を選べないため、効率の悪いマーケティングを行ってしまう可能性があります。

VSEO対策のメリットを把握し、必要な時にVSEO対策を行えるようにしましょう。

ここでは、VSEO対策のメリットを4つ紹介します。VSEO対策のメリットを把握し、必要な時にVSEO対策を行えるようにしましょう。

1.集客力が高い

VSEO対策を行うメリットは高い集客力です。

検索エンジンで1位表示されたWEBサイトを、ユーザーの28.5%がクリックするデータがあります。リスティング広告という検索結果の一番上に表示出来る広告でさえ、平均3%しかクリックされない事を考えると、集客力が高いことが分かります。

例えば月に10,000回検索されているキーワードで1位に表示することが出来れば、3,000のアクセスを集めることが可能です。

2.質の高いコンテンツが作れる

VSEO対策の2つ目のメリットは質の高いコンテンツが作れることです。

VSEO対策を行うということは、動画をよりユーザーの興味を引くコンテンツに改善していくという事例えば、よりユーザーが興味を引くキーワードをタイトル内に組み込んだり、ユーザーニーズを考えて動画を作ることでコンテンツの質が改善され、より高い視聴体験を実現できます。

3.潜在層にもアプローチしやすい

VSEO対策の3つ目のメリットは潜在層にもアプローチしやすい点です。

潜在層とは、自身のチャンネルを知らないが興味を持ってくれるユーザーのことVSEO対策を行い、キーワードごとにコンテンツを上位表示させることで、潜在層に対してアプローチすることが可能です。

特に検索エンジンでは、サジェストキーワードを意識した動画を作ることでひとつの動画が幅広いキーワードの検索に表示されやすくなります。

これはWeb上はもちろん、YouTubeでも同じように対策することで、より潜在層のユーザーに自社のサービスや特徴をアプローチできます。

4.費用対効果が良い

VSEO対策の4つ目のメリットは費用対効果が良い点です。

VSEO対策を行う上で、広告費はかかりません。質の高い動画作成や、キーワードのリサーチが必要ですが、広告費に比べれば低コストで、高いリターンが見込めます。

5.まだ他の企業が対策できていない

5つ目のメリットは、他の企業がVESO対策をまだ行っていない可能性があることです。

特に同じジャンルの競合チャンネルがVSEO対策を行っていない場合は、検索時の上位表示を狙うチャンスでもあります。

とはいえ競合チャンネルも後々VSEO対策を行う可能性があるので、定期的にチャンネルや動画を見直してVSEO対策を継続して心がけることが大切です。

VSEO対策のデメリット3つ

VSEO対策には、デメリットも存在します。

VSEO対策のデメリットを把握していないと、想定していたリターンが得られないなどのトラブルが生じる可能性があります。

VSEO対策のデメリットを把握し、計画的にVSEO対策を行いましょう。

1.効果が出るためには時間がかかる

VSEO対策の1つめのデメリットは「効果が出るまでに時間がかかる」点です。

動画を作成してから、そのコンテンツがYouTubeに評価されるまでには時間が必要です。そのため、VSEO対策は中長期的な視点で行う必要があります。

2.アクセス数・視聴率をコントロールできない

VSEO対策の2つめのデメリットは、「アクセス数・視聴率をコントロール出来ない」という点です。

VSEO対策に成功すると、膨大な再生数の増加を見込めます。しかし、増加幅の予想を立てることが難しく、ある日突然問い合わせが殺到するケースもあります。

そのため、問い合わせが殺到した際にも対応できるように、準備することが重要です。

3.アルゴリズムの変動に合わせないといけない

VSEO対策の3つめのデメリットは、「アルゴリズムの変動に合わせないといけない」点です。

YouTubeもGoogleなどの検索エンジンと同じように、アルゴリズムのアップデートが行われます。アルゴリズムのアップデートとは、検索順位を決めるルールが変更される事です。そのため、今まで1位表示だった動画が急に10位になる可能性があります。

このアルゴリズムのアップデートは、よりユーザーのニーズに合った動画を上位表示するために行われるため、ユーザーのニーズを満たす動画を作ることが重要です。

すぐに実践できるYouTubeのVSEO対策のやり方|6つ

YouTubeのVSEO対策は、動画の検索を上位表示させるためにとても重要ですが、どれもがすぐに実践できるものばかりです。

そのため、YouTubeマーケティングを成功に導くための6つのVSEO対策と注意点について解説します。

1.サムネイル/アイコンを設定する

ほとんどのYouTubeユーザーは動画のサムネイルを見て、その動画を視聴するかどうかを判断します。サムネイルは動画を検索した時に表示されます。

必ずユーザーにとって、何の動画なのかを理解しやすいサムネイル/アイコンを作成して設定するようにしましょう。

2.検索されたいキーワードを動画タイトル入れる

YouTubeの配信動画のタイトルにキーワードを組み込むと、Googleで検索した時にもタイトルに組み込まれたキーワードがヒットしてYouTubeの動画が表示され、視聴者の目に止まりやすくなります。

そのため、タイトルに組み込むキーワードはとても重要です。キーワードツールを活用して、検索にひっかかるキーワードを使うようにしましょう。

タイトルは短く、簡潔に、分かりやすく、見た人の印象に残るもので50文字以内に動画に関連するキーワードをできるだけ多く使うのがポイントです。

3.説明文(概要欄)を入れる

YouTubeの動画には説明文(番組概要欄)という項目が設けられています。説明文(番組概要欄)にもタイトルと同じキーワードを設定するようにしましょう。

説明文は250〜350文字程度にして、その中に出来るだけ多くのキーワードを設定しましょう

説明文は長いとユーザーは読んでくれません。そのため、説明文は250〜350文字程度で作成するのがベストです。加えて、キーワードツールを使って共起語などを盛り込むのもオススメです。

4.ハッシュタグ/カテゴリーを設定する

YouTubeにおいて、動画の検索順位を上位にするためには、ハッシュタグの設定や、動画のカテゴリーの設定が必要です。

1つの動画に対して5〜6個、ハッシュタグは31〜40程度のタグを2〜3のキーワードフレーズで使うことをオススメします。

ハッシュタグを設定する際の注意点5つ

  • タグをいくつか付ける時にはカンマを入れる
  • 必要以上に多数のタグはつけない
  • 最初のタグはその動画のメインキーワードを使用する
  • 人気動画のタグをまねてみる
  • YouTubeの禁止ワードは使用しない

また、タイトルに使ったキーワードと同じものをタグにも使用します。

それにより、検索をした時にヒットする確率が高まりますタグの設定には必ず動画の内容を含んだものを設定しましょう。

5.翻訳や字幕を設定する

動画を日本語以外の言語や外国語の動画に字幕や翻訳データを設定すると日本人以外、もしくは日本人が外国の動画の内容を理解しやすくなり、視聴のアクセスにつながるだけではありません。海外の動画に関連動画として表示されます。

字幕・翻訳データを付ける方法は次の通りです。

字幕・翻訳データを設定する

手動で字幕のテキストデータを入力する、または動画の音声データをテキスト化してアップロードする方法があります。

字幕をアップロードする場合はWindowsWindows用のフリーソフトウェアプログラムのSubRip (.srt)で字幕データを抽出する機能を使用すると便利です。

自動字幕起こし機を利用する

YouTubeには音声認識技術があり、この機能で字幕を自動的に作成できます。

便利な機能ですが、音声が明確でないと不自然な字幕が作成されてしまいます。かならず正しい字幕になっているかを確認しましょう

6.タイムスタンプを設定する

YouTubeには見たい部分にスキップできるようにタイムスタンプが設定できるような仕組みがあります

タイムスタンプを利用すると、何分何秒にどのような動画内容かを把握出来るため、ユーザーは効率的に自分が見たい内容を見ることができます。

YouTubeのVSEOのやり方3つ|流入項目別

YouTubeのVSEO対策は、ブラウジング視聴や関連動画、直接検索などの流入項目によって、やり方がさまざまです。

ここでは、流入項目別にVSEO対策のやり方を解説します。

1.ブラウジング視聴からの流入

YouTubeのブラウジング視聴は、別名「おすすめ機能」と呼ばれており、YouTubeを開いた最初のホーム画面に表示されるコンテンツを指します。

主に視聴者の今までの閲覧履歴や検索履歴などから、趣味趣向に合った動画が分析され表示されるものが多いです。

YouTubeホーム画面に表示される動画の主な特徴は、以下の通りです。

  • 動画の視聴維持率が高い
  • サムネイル画像のクリック率が高い
  • 高評価やコメント数が多い

そのため視聴者が動画を最後まで見続けるような内容や、コメントが付くような内容の動画作りが大切です。

また視聴者がクリックしたくなるようなサムネイル画像作りも、ブラウジング視聴から流入を促す際に必要です。

2.関連動画からの流入

関連動画は、視聴している動画の下に表示されるコンテンツを指し、視聴中の動画と関連性があると考えられます。

YouTubeの関連動画に表示される動画の主な特徴は、以下の通りです。

  • 視聴中の動画と同じチャンネルの動画
  • 視聴中の動画と同じジャンルで別のチャンネルの動画
  • 視聴者が過去に再生したことがある動画

そのため伸びている動画と同じジャンルの動画作成をすることで、関連動画に表示される可能性があり、1度視聴されれば再度関連動画に表示される場合があります。

上位5動画のCTRが20~30%以上を目指す

CTRとは、サムネイル画像が表示されクリックに至る割合を指します。

CTRの求め方は、【クリック回数÷動画広告が表示された回数×100】です。

上位5つの動画のCTRが20〜30%以上であればクリック率が高いと言え、関連動画にも表示される可能性があります。

この数値は、株式会社TUUUBEが実際に、関連動画からの流入数を増やすロジックを検証した数値です。以下の記事で詳しく解説しておりますので、関連動画からの流入数増加を目指す方はぜひご参考ください。

YouTubeの関連動画に表示されるための対策10選|アルゴリズムの攻略法と設定方法を解説

またCTRの値が低い場合は、サムネイル画像が原因だと考えると良いでしょう。

どのようなサムネイル画像が効果的か、複数のサムネイル画像を作成して試し、分析して結果を比較することもおすすめです。

3.直接検索からの流入

YouTubeの検索機能は、視聴者が見たい動画を探す際に使用されるものです。

もちろんですが、検索上位に表示される動画ほどクリックされる見込みや、検索キーワードとの関連性が高いと言えます。

直接検索から表示される動画の主な特徴は、以下の通りです。

  • 検索キーワードとの関連性が高い
  • 視聴者が過去に閲覧した動画の傾向
  • チャンネル登録者数が多い

動画の内容が検索キーワードと関連性が高かったり、検索キーワードがサムネイルやタイトルに盛り込まれていると、検索上位に表示される可能性があります。

すると、CTRが高くなる可能性も上がるので、直接検索だけではなくブラウジング視聴や関連動画にも表示される場合があります。

VSEO対策のPDCAを回す方法

YouTubeVSEO対策をしたマーケティングでも、他の方法のPDCAと同様にPDCAを回す方法が重要なポイントになります。ここでは、YouTubeVSeO対策のPDCAを回す方法解説します。

1.現状把握

YouTubeVSEO対策で大切なポイントは、現状を正確に把握することです。この場合の現状把握とはYouTubeとGoogleの両方のことを意味します。

YouTubeでの検索結果の順位を把握する

YouTubeの検索結果の順位を把握する方法には、YouTube用の検索用ツールがあります。YouTube用の検索ツールはYouTubeの動画に使われているキーワードを入力すると上位に表示されている動画が表示される物です

YouTubeアナリティクスを使用しても実際に検索されて視聴につながったキーワードが表示されるため、どの動画のどのキーワードが強いか、またはチャンネル全体でどのようなキーワードが検索されているかを実績として把握できます。

Googelでの検索結果の順位を把握する

GoogleでYouTubeの検索結果の順位を調べるにはGoogle広告のキーワードプランナーを利用します。キーワードプランナーの「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

また、Googleアナリティクスのサーチコンソールを使って、検索クエリを把握出来ます。検索クエリによって、実際にインプレッションにつながった検索キーワードの把握が可能です。

2.改善

このように、YouTube、Googleともに、それぞれのツールを利用してキーワードの見直しを行うことで、検索結果に表示されやすい状態にします。さらに、キーワードはどこに設定すべきなのかを後ほど詳しく説明します。

3.実行から効果検証

改善をした後で変更したキーワードの順位やどのように変動したのかをチェックします。 その後、インプレッションや視聴回数がどのように変動したのか改善前・後で比較を行います。

VSEO対策を行う上での注意点4つ

YouTubeのVSEO対策を行う上で、いくつか注意点がありますポイントを理解して効率的なVSEO対策が出来るようにしましょう。

ここでは、VSEO対策を行う上で注意点3つ解説します。

1.動画に使用するキーワードは絞って設定する

キーワードはVSEO対策で効果的な方法ですが、1つの動画に多数のキーワードを設定すると検索の際、焦点がブレてしまいます。

タイトルや概要欄には、検索数が多くて必要なキーワードだけ押さえて使用する方が効果的です。

2.説明文の導入部分で端的に伝える

YouTubeのユーザーの大部分は、動画を見るかどうかを最初の15秒で判断します。

YouTubeのユーザーは動画がどのような内容なのかを即座に理解できないと視聴するまでに至らないことがよくあります。

動画の内容で重要なことは、動画の導入部分や説明文などで、動画の内容を端的に伝えることです。説明文もただ、だらだらと記載するのではなく、目次のように使ったりユーザーに興味や関心を示してもらえるように工夫しましょう。

3.チャンネル全体でVSEO対策を行う

YouTubeのVSEO対策は1本の動画だけで行っても効果が期待できません。チャンネル全体でVSEO対策を行い、動画は定期的に更新し、Googleのキーワード検索に該当する内容であれば、GoogleのSEO対策が求められます。

ユーザーはチャンネル全体の動画が気に入るとチャンネル登録をして、更新された動画の視聴をします。チャンネル登録を促すための工夫やハッシュタグを使用して効率的にVSEO対策を実施しましょう。

4.VSEO対策は長期的分析・改善が大切

YouTubeのVSEO対策は、VSEO対策をしたから2〜3日で効果が目に見えて変動するものではありません。長期的分析・改善が大切です。

一般的にVSEO対策を始めると効果がでるまでに1〜2ヶ月かかると言われています。タイトルに使うキーワードの選定は重要です。

タイトル内に狙ったターゲットに刺さる言葉が使われていると最短で2週間程度で効果が出ることがあります。

いずれにしても、適切なキーワード設定を行いVSEO対策をした上で1〜2ヶ月のスパンで状況を分析して、伸びていないキーワードを設定した動画は改善することが必要です。

VSEOの企業の成功事例5

YouTubeのVSEO対策を実施して成功した企業の例を紹介します。

葬儀・葬式CH有限会社佐藤葬祭

葬儀・葬式CH有限会社佐藤葬祭

成功事例、1例目は葬儀屋という非日常的な企業でありながら、視聴者が増え続けているYouTubeチャンネルです。オーナーの佐藤氏が視聴者から寄せられる様々な質問に答える内容の動画です。2015年にYouTubeチャンネルをスタートし、ほぼ毎日のペースで動画を更新し続け、現在までに900本以上の動画を配信しています。

YouTubeのVSEO対策に本腰を入れている佐藤氏は、「YouTubeはWEBサイトとは違い、内容がコピペでまねされないことに着目した」と語っています。

配信される動画ネタは、時事ネタから葬儀屋としての専門的な内容まで幅広いバリエーションで過去に配信された動画は関連動画として掲載されることも多く、完全に成功例のスパイラルグループに入っています。

佐藤葬儀屋のYouTubeでの成功例を見た競合もYouTubeマーケティングを行っていますが、圧倒的な動画コンテンツ量とオーナー独特のキャラクターでYouTubeの葬儀業界カテゴリーで確固たる地位を築いています。エリアが東京のローカルエリアでYouTubeによる事業は限定的で、直接的な効果に限りがありますが広告収益とYouTube動画で十分にYouTubeの特性を有効に活用しています。

ぷりんと楽譜チャンネル

ぷりんと楽譜チャンネル

YouTubeマーケティング成功事例2つめはYAMAHAの「ぷりんと楽譜チャンネル」を紹介します。

このチャンネルはYouTube活用事例の、まさにお手本のような例です。自社の楽器で楽譜の音楽を演奏し、概要欄を活用して販売ページへと誘導してオンラインで自社商品の購買までノンストップの販売戦略にはムダがありません。

楽譜は差別化が難しい商品です。しかし、「ぷりんと楽譜チャンネル」では、動画でYAMAHAの楽器による演奏を行い、購入した楽譜を演奏することの楽しさをダイレクトに訴求しています。

チャンネル登録者数は8万人を超えており、音楽ファンは新しい楽譜が発売されると自分が愛用している楽器で、新譜を演奏できる楽しさにつなげることで楽譜の販売に有効活用している成功例です。

さらに、実際に演奏している動画は自分のレッスンの教則用として使用することも可能です

楽譜の種類は多種多様なため、コンテンツの内容は不足しません

ぷりんと楽譜チャンネルは、楽器を演奏する音楽ファンをコアターゲットに、楽譜をデモ演奏と組み合わせることで、ユーザーの購買意欲を喚起した成功例です。

サントリー公式チャンネル

https://www.youtube.com/user/SuntoryGroup

テレビCMなどでもおなじみ、サントリーの公式YouTubeチャンネルです。

自宅でお酒を楽しむことをコンセプトに、サントリーのウイスキーに合うコンビニで買えるおつまみや自宅で手軽につくれるカクテルレシピなど、サントリーのアイテムを使い、社員が解説して「サントリーならでは」のさまざまなアイデアを盛り込んだコンテンツは洋酒ファンを魅了しています。

https://www.youtube.com/watch?v=KZ3l5PDiK7M&t=40s

さらに、大企業サントリーの看板にふさわしい有名人、著名人やタレントのリモートトークの動画配信は、トークに興味があるユーザーの再生回数に貢献しています。

テレビCMなどの露出が高い動画の部分と、サントリー独自のアイデア、さらにYouTubeが得意とする、サントリーのYouTubeチャンネルでしか見られない有名人やタレントのリモートトークを上手にミックスしてYouTubeマーケティングを成功させている事例です。

Blendtec’s Will It Blend?

https://www.youtube.com/user/Blendtec

「Blendtec’s Will It Blend?」はYouTube版のテレビショッピングに似たコンテンツです。

米国のBlendtech社が扱うブレンダー「Total Blender」がコンテンツの主役で、野菜、くだものという一般的なものではなくフィギュア、携帯電話など、およそブレンダーを使う必要がない商品を粉々に粉砕して優れた商品力を訴求しています。

商品は1アイテムなのにもかかわらず、毎回新しい動画の配信では「今回は何をブレンダーで粉砕するのだろう?」と期待感を盛り上げてくれます。

動画の中で「お家ではマネしないでね」と書かれたテロップからは、アメリカらしい笑いのセンスとエンタティメント性が感じられます。

ブレンダー1商品だけで、毎回想像を絶する違うものを粉砕するだけの動画ですが、チャンネル登録者数87万1,000人で、圧倒的な数なのも成功事例であることを物語っています。このようなスタイルで視聴率をアップできるのはYouTubeだけで、他には類を見ないことは間違いありません。

LIFEニスタチャンネル

LIFEニスタチャンネル

LIFEニスタチャンネルは、株式会社TUUUBEが運営しているチャンネルであり、2022年6月時点で登録者数33,000人を突破しています。

さまざまな分野のスペシャリストの生活が垣間見える内容が、このチャンネルの特徴です。

今までファッションプロデューサーやインテリアコーディネーター、薬膳師、建築家などのルームツアーやナイトルーティーンなどが公開されています。

VSEO対策としては、サムネイル画像に職業や動画内容を盛り込んでおり、クリックを促す効果があると考えられます。

またなかなか見られない人の生活が垣間見えるという点は、幅広い視聴者の興味をそそるのではないでしょうか。

VSEO対策を依頼できる企業6選

このようにYouTubeマーケティングにはVSEO対策は有効な集客方法として利用されています。YouTubeでマーケティングを検討している企業は、YouTubeマーケティングを自社で運営するにはノウハウや人員がいないために躊躇しているのではないでしょうか?

そのため、YouTubeマーケティングに特化した企業を3社紹介します

YouTubeマーケティングで多数の成功例を手がけ、専門スキルやノウハウも豊富なのでVSEO対策も得意としています。

YouTubeマーケティングが気になる企業は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

株式会社TUUUBE

株式会社TUUUBEは、YouTubeを活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を専門的に行っています。

株式会社TUUUBEはコンテンツプロデュース事業、メディア事業、映像制作/YouTube運営支援事業、デジタルマーケティング事業の4事業のサービスを提供している会社です。

特に、メディア事業では国内最大級の動画クリエイターを応援するニュースメディア「LogTube」を運営していて、今や日常生活に欠かせないYouTuberのさまざまなエンタティメント性あふれる話題

このように株式会社TUUUBEはYouTubeのコンテンツ制作、映像制作から運営支援、さらにはメディアの運営までのサービスをノンストップで提供できる会社です。

株式会社サムシングファン

「価値を映す」をコンセプトに映像を活用した映像制作・動画制作・CM制作会社です。年間1300本以上の映像制作を行い、YouTubeの動画制作から運営まで手がけています。

株式会社サムシングファンの映像制作サービスでは、ドローンを使って空からの美しい映像制作を低価格で提供しています。

SNS広告、YouTubeの運用代行やオウンドメディアの構築など、デジタルマーケティング一貫を手がけています。

さらに、株式会社サムシングファンでは動画マーケティング戦略・支援ツール「DOOONUT(ドーナツ)」を提供しています。このツールは、動画の終了画面などに動画CTAボタンを設置してCVページへ誘導率を増加を目指します。

モバーシャル株式会社

デジタル映像の企画から配信までを手がける映像制作・動画制作・CM制作会社です。動画広告やYouTubeの運用まで映像に関する制作を手がけています。

また、モバーシャル株式会社ではYouTube動画の運用の一貫として、動画の著作権管理や配信期限管理のアウトソースも行っています。

YouTube動画を使ったマーケティングをする企業が増える昨今、YouTube動画の著作権のトラブルも増加しています。YouTubeチャンネル内全ての動画の利用期限、利用範囲、権利などの情報を一括管理することで著作権トラブルを回避するためのサービスを提供しています。

株式会社ルミネージ

株式会社ルミネージは、VSEO対策やYouTube広告運用代行などのYouTubeに関するサービスだけではなく、InstagramやTwitterのSEO対策などのサービスを扱っています。

そのためYouTubeのSEO対策と同時に、連携している企業のSNSアカウントのSEO対策も依頼できます。

VSEO対策を行う前に、まずは年齢や性別、子供の有無、世帯収入、さらに詳しい属性からユーザーのターゲティングを行います。

他にも興味関心のあるカテゴリや検索キーワードなどを分析し、得た情報をVSEO対策で生かすという流れで行うので、各チャンネルごとで分析内容や対策方法が異なります。

今まで幅広い業種の企業チャンネルを対策してきた中で、医療関係、EC、BtoBの企業からの依頼が多いです。

アウンコンサルティング株式会社

アウンコンサルティング株式会社は、YouTubeやSNSのSEO対策、広告運用やコンサルティング、アプリやバナーの企画や制作、女性に特化したオンライン教育サービス「Financial Gym」の運営を行っています。

SEOや広告運用は、48カ国2,000社以上の実績があり、日本だけではなく海外の企業から依頼を受けています。

アウンコンサルティング株式会社のVSEO対策では、まずYouTubeアナリティクスアカウントの導入を支援から始まり、適切なSEO施策キーワード選定を行います。

さまざまなVSEO対策について提案をし実施した上で、月1回のペースで定例報告会が行われるので、VSEO対策の効果があったのかや改善点などを一緒に確認できます。

費用は、1ヶ月30万円〜です。

バジンガ株式会社

バジンガ株式会社は、YouTuber、Tik Toker、ライバー、インフルエンサーなどに特化したコンサルティング企業です。

VSEO対策はもちろん、インフルエンサーマーケティングやWeb/SNSマーケティングのサービスを提供しています。

また公式サイトでは、VSEO対策に関するブログが配信されており、大きく初級編・中級編・上級編の3つに分かれています。

VSEO対策のための予算が少ない場合、まずはバジンガ株式会社が提供しているVSEO対策のブログを参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

YouTubeを活用したマーケティングは、現在脚光を浴びている手段です。YouTubeは世界第2位の検索エンジンで、上手に活用すれば驚くほど広告効果を得られることがあります。

YouTubeによる商品やサービスの紹介にはアルゴリズムを活用したVSEO対策が有効です。

VSEOには6つの方法があり、簡単に設定ができます。

しかし、自社での運営が難しい企業やノウハウがない企業はYouTube専門のマーケティング企業に依頼することをオススメします。

この記事でYouTubeのVSEO対策を理解し、効率的なYouTube VSEO対策に役立ててみてください。

まずはお気軽にお問い合わせください

YouTube を活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を行なっています!!
また Web 広告動画や YouTube 動画の受託制作でも多数の実績があります!!

ご相談・各種お問い合わせはこちら