• NEWS
  • 最終更新日:2022.10.25

【WEB動画制作したい企業向け】メリット・必要機材から制作会社まで紹介

現在、若者のテレビ離れが進んでいます。20代では週に1度もリアルタイムでテレビを見ない人が約3割という結果に。

リアルタイム視聴が減少した夜の時間帯には、スマートフォンを使用してSNS・動画・ゲームをしています。

WEB動画の中でも、特にYouTubeは10代から40代は約9割の利用率、最も低い60代でも約6割が利用しています。

WEB動画制作は需要が高まっている市場であり、挑戦者も多いでしょう。

動画は多くの情報を記憶に残りやすく伝えられる手段であるため、ビジネスシーンでも注目されています。

本記事では、企業がWEB動画制作を始めやすいよう、WEB動画制作するメリットや外注におすすめの制作会社を紹介します。

ぜひWEB動画制作に踏み出すための参考にしてください。

WEB動画制作の需要は今後も増加していく

スマホの普及に伴い、WEB動画の利用率も増加傾向にあります。スマホからの動画視聴時間は5年間で4倍も伸びていることからも需要の高まりは明らかです。

また、5Gが普及していけば、高画質な動画を止まることなく快適に視聴できるため、WEB動画マーケティングは今後さらに重要度を増すでしょう。

総務省の調査によると、動画サービスの利用経験のある割合は各年代で約6割〜7割ほどの人が利用経験があると答えています。

また、その中でも7割ほどの人が動画サービスについて、広告が表示されるが無料の動画サービスがいいと回答。

無料の動画サービスは有料のものより企業にとっても参入しやすい分野といえるので、企業にとっても利用者にとっても需要があるといえます。

また、WEB動画は文章よりも情報を伝える力に優れているので、認知度を上げたい企業にとっても注目すべき市場と言えるでしょう。

WEB動画を制作するメリット3つ

 WEB動画を制作するメリットは、現代では動画の利用者が多く、動画には圧倒的情報量があることと記憶にも残りやすいことが挙げられます。

現代ではテレビ離れが進み、シニア世代でも情報収集はWEBを使うことが増えてきました。

そのためほぼ全世代が利用しているWEB動画を制作するスキルは今後も需要が高まると言えます。

動画で伝えられる情報は1分で180万文字分に匹敵

動画制作のメリットは短い時間に多くの情報を視聴者に伝えられることです。動画で伝えられる情報は1分で180万文字に匹敵します。

WEB動画では言語情報・視覚情報・聴覚情報に働きかけられるため、少ない時間でも膨大な量の情報が伝達可能です。

動画制作する際には、音声で情報を伝えたり効果音で注目させる効果を使ったり、文字も使ってさまざまな視点から視聴者に情報を伝えるようにすると効果的でしょう。

このようにWEB動画は伝えられる情報量が多いため、情報を伝える手段としてビジネスシーンでもWEB動画制作の需要が高まっています。

  • 集客のための企業紹介
  • ライブ配信でセミナー開催
  • 商品説明動画
  • マニュアル紹介動画
  • 人材採用のための企業紹介

ビジネスシーンでは以上のような目的でWEB動画を制作することが増えてきています。

集客の手段がチラシやホームページからWEB動画へシフトしつつあるのが現状です。動画では実際の雰囲気も伝わりやすいことや、どれだけの人に動画が届いたのかがデータでわかりやすいことが挙げられます。

また、ライブ配信でのセミナー開催により、場所にとらわれないためより多くの人へアプローチできるようになりました。

商品の説明やマニュアルの紹介動画は、動画にしたことで、言葉では複雑になってしまう説明も実演で手順を簡単に解説できるメリットがあります。

人材採用では、ホームページで会社の理念を見ただけでは企業のイメージが湧きにくいでしょう。動画で社員のインタービューやオフィスの様子を紹介すると、実際に働いたときのイメージがしやすくなります。

いずれも、文字だけでは伝えづらいことをWEB動画を活用することで相手に伝えやすくなっており、WEB動画の情報量の多さを活かしているといえるでしょう。

動画を見た記憶の定着率は文字より2倍に

WEB動画は多くの情報を伝えられるだけではなく、記憶の定着率も高くなるメリットも。

アメリカ国立訓練研究所のラーニングピラミッドによると、何かを読んだときの記憶定着率が10%なのに対し、視聴覚の記憶定着率は20%と2倍に増加すると判明しています。

視聴覚を意識したWEB動画を制作すると、記憶の定着率が高くなるので、企業の紹介動画や商品紹介をしたとき他の動画より印象に残る可能性も。

商品の実演紹介などを字幕付きですると、視覚からの言語情報にも訴えられるため視聴者の記憶に残り、購買意欲を高められるでしょう。

視覚・聴覚・言語情報すべてにアプローチするWEB動画制作を意識すると、情報を多く伝えられるだけでなく、記憶にも残りやすくすることが可能です。

さらにラーニングピラミッドの下層の「実践する」「誰かに教える」という行動をするように誘導する動画作りができればより記憶の定着率を高められます。

また、WEB動画を制作するうえで、長期記憶される動画になるようにするとより良いでしょう。長期記憶されやすいコンテンツが持つ3つの要素があります。

  • 印象が強烈なもの
  • 脳が重要であると判断したもの
  • 反復性のあるもの

動画制作で重要視されている「インパクトのある動画」は、長期記憶されるために重要な項目であったことがわかります。

しかし、それだけでは長期記憶にはつながりません。動画で伝える情報量を多くして脳が重要であると判断させましょう。

また、反復性があるとより記憶に残りやすいので、繰り返し見たくなる動画作りも重要です。

現代では動画サイトの利用率が77%と高い割合

現代ではスマホの普及に伴い動画サイトの利用率が増加しています。

動画サイトの利用率は77%となっており、シニア世代でも動画サイトのYouTubeを利用したことがあると答えた人は90%と高い割合に。

広い世代に動画サイトが浸透しているとわかります。

現代では情報収集の手段としてインターネットが浸透し、テレビ離れが進んでる現状です。

特に20代はテレビをリアルタイムで見ることが減り、スマホでSNS・動画・ゲームをする時間に当てることが増加しました。

テレビに代わる情報収集の手段として、WEB動画が浸透してきています。

約8割の社会人が動画による情報収集をしていると回答。その中でも、約3割は仕事に関する情報収集もしていました。

現在ではWEB動画も多様化して、娯楽のためだけでなく、ビジネスなどの分野の情報も動画から情報収集できる時代です。

知りたい分野の概要だけ知って学ぶか決めたい、という人にとっては先に動画で情報収集することで書籍代の節約にもなります。

文章よりも気軽に閲覧ができるため、WEB動画から情報収集をする人が多く、WEB動画制作は今後も需要が高まるでしょう。

WEB動画制作のデメリット3つ

WEB動画制作のデメリットは、スキルを身につけるまでの期間の長さと初期費用が高額になる可能性が高いことが挙げられます。

動画制作は一定のスペックのあるパソコンや撮影機材、質の高い編集のためにはソフトも必要です。そのため初期費用は高額になるケースも。

企業によって外注することも視野に入れると、費用はさらに高額になります。

またWEB動画の需要の高まりから挑戦する人も多いと予想できるので、視聴者から選ばれる動画のクオリティも上がったため、スキルアップのための時間を多くとる必要があるでしょう。

動画編集のスキルを身につける時間が必要

当然のことながら、WEB動画を制作するにはスキルが必要です。また、始めたばかりのときからクオリティの高い動画を作れる人は少ないでしょう。

そのためスクールや独学で動画編集を身につける期間と、動画編集を始めてから技術を磨く期間が必要になり、長い時間をかけて成長していくスキルといえます。

動画編集スクールの指標によると、動画編集を身につけるための期間はおよそ170時間は必要です。その後動画が視聴者に見られ、再生回数が増えるまでの時間もあります。

そのため企業にとっても、自社で撮影・編集を行いたい場合は中長期的に育てていく事業であると考えておきましょう。

WEB動画で将来的に収益を出す動画運営をしたい、と思っている場合には制作会社に外注することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

制作会社に外注した場合、スキルを身につける期間をカットでき、再生回数などの成果が出るまでの期間を短縮できる可能性があります。

機材の調達や外注費などの費用がかかる

動画制作をする場合には撮影機材や編集ソフトが必要です。また、外注する場合は機材の費用のかわりに外注費用がかかります。

動画制作を自社でする場合、カメラと照明に5万〜25万、パソコンは安くても10万ほど、編集ソフトは年間で1万〜3万、合計40万円ほどの初期費用が必要です。

外注する場合だと1本10万〜数百万円ほどかかります。動画の長さやジャンルによってかかる料金も変わるため注意してください。

まずは自社で挑戦して、結果次第で外注を視野に入れたいと思っている企業やどんな機材がいいかわからない企業は、編集機材のレンタルも検討すると良いでしょう。

現在は格安を謳っているレンタル会社もあるため、機材の使い心地を確かめてから購入、または機材は購入せず外注に任せるなどの判断をするのもおすすめです。

自社制作の場合、初期費用以外は年間の編集ソフトの料金のみ。外注する場合は動画を制作する限り継続的に費用が発生します。無理のない予算設定をしましょう。

需要により挑戦者が多く、よりスキルが必要になった

WEB動画制作は需要が高い市場のため、挑戦する人も多くなります。そのため、以前より動画の質が高まり、見られるためには高いクオリティが必要になりました。

WEB動画制作で成功するためには、スキルを磨いて初心者から脱却する必要があります。

スキルを磨くための方法は以下のようなものがあります。

  • インターネット
  • 無料の動画
  • オンライン講座

本やインターネット、無料動画はコストをかけずスキルを磨けます。しかし、自分から能動的に行動しなければならない点や、言語化できない悩みの解決は難しいです。

そんな悩みがある場合には、オンライン講座を受講しましょう。初期費用はかかりますが、独学で本などを読むより、効率的に学習でき、初心者が陥りやすい悩みへの対策もされている可能性があります。

また、最短で成果を出したい人もオンライン講座を受講するのがおすすめです。

WEB動画制作は制作会社を使うのも効果的

WEB動画で商品やサービスをアピールしたい企業は、制作会社に依頼すると効率的に成果を出せます。

制作会社に依頼すると動画制作にかけていた時間を他の仕事に割けるため、動画制作以外の業務の向上ができる可能性も。

WEB動画制作でするべきことは多岐にわたります。

  • 掲載する動画サイトの選定
  • 動画制作の方向性を設定する
  • ターゲットの設定
  • 動画撮影
  • 動画編集
  • 動画の公開作業
  • 投稿後の動画分析

動画撮影前に動画の方向性やターゲット選定などの作業、投稿後には分析して次回以降の動画に活かしていくことが必要です。

これだけの作業を外注に任せられれば、時間を大きく節約できるため、WEB動画制作、他業務それぞれのパフォーマンスを効率的に高められます。

また、外注すると外部の視点からの動画制作のため、企業が想定できていなかった視聴者に対するアプローチ方法を得られる可能性もあるのでおすすめです。

WEB動画制作で制作会社を使うメリットとデメリット5つ

WEB動画を制作会社に依頼すると、3つのメリットと2つのデメリットがあります。

  • 高品質な動画が得られる
  • スキルを磨く時間をカットできる
  • 動画の分析・改善などフォローがある可能性がある
  • 費用が高額になる可能性がある
  • 動画のクオリティは制作会社によって異なる

前述したように、WEB動画制作は動画編集のスキルを身につけるのに時間がかかるのがデメリットでした。

その点、制作会社に依頼すればはじめから高品質な動画を得られるので、時間をカットでき、自社で制作した場合よりも短い期間で成果を出せる可能性もあります。

また、制作会社にWEB動画制作を依頼すると、WEBマーケティングの視点からの動画分析・改善の提案がもらえることも。

WEB動画を制作会社に依頼すると、高品質な動画を得られて時間のカット・分析サポートで効率的に成果をだせる可能性が高いのがメリットです。

デメリットとして、自社で制作するよりも費用がかかることと、動画のクオリティは制作会社に左右される点が挙げられます。

費用に関して、制作会社によっては低コストを売りにしている制作会社もあります。また、サポートがどこまでつくのかも重要なので、必ず複数社から見積もりを取って比較検討をしましょう。

動画制作会社に依頼して失敗したと答えた人の中で、1番割合が大きかった理由は「クオリティが予想より低かった」ことが挙げられます。

対策として、これまでの実績、チャンネル名など詳細に挙げている制作会社を選び、実際に検索して動画のクオリティを確かめるなどすると良いでしょう。

WEB動画制作の依頼におすすめの制作会社は?

WEB動画制作を依頼するならTUUUBEがおすすめです。TUUUBEは大手の企業からベンチャー企業まで制作実績があり、実際に制作したチャンネルを後悔しているので信頼性があります。アニメーションから実写まで経験があるため、企業の目的にあった動画制作が可能です。

特にWEB動画の中でもYouTubeで成果を出したい場合はTUUUBEがおすすめ。動画制作会社は数多くありますがYouTubeに特化した制作会社はまだ少ないためです。

TUUUBEでは累計3億回再生のチャンネル運営で身につけた独自のノウハウと企画力で効率よく成果を出せます。webマーケティングの知識も豊富なのがポイント。

現在も自社で複数のチャンネルを運営しており、YouTubeニュースサイトとして「LogTube」を運営しており、最新情報までしっかり把握してサポートします。

また、TUUUBEでは動画制作の戦略や企画制作・構成、運用まですべてを担当できるので、WEB動画制作の作業ほぼすべてをTUUUBEに外注できると言って良いでしょう。

効果を最大化したい、作業時間を極限までカットしたいと考える企業はTUUUBEを利用してみてください。

お問い合わせ

WEB動画制作に必要な機材

自社でWEB動画制作をしたい企業に必要な機材や制作手順を紹介します。

機材の選ぶ基準なども解説しているので、ぜひ参考にしてください。

  • パソコン
  • カメラ
  • 三脚
  • 照明
  • 編集ソフト

以上の5つの機材の選び方を紹介します。いずれも目的にあっているか、オーバースペックではなく予算の値段とあっているかが重要です。

前述しましたが、機材選びに失敗したくない企業は、レンタル会社で実際の使用感を確かめてから購入するのも良いでしょう。

パソコンの選び方

パソコンは動画編集ができるスペックのものが必要です。そのためスペック次第ではパソコンを買い替える必要も。

パソコンのスペックで気を付ける項目は4つです。

  • CPU
  • メモリ量
  • ストレージ量
  • グラフィックボード

CPUは、動画制作をするならCore i7くらいは欲しいです。また、メモリとストレージによって動作の重さ、保存容量など動画制作の快適さが変わってくるので、メモリは16G以上、ストレージはM2SSDだと良いでしょう。

グラフィックボードは編集ソフトの使用感が変わってきます。編集ソフトによっては公式サイトで推奨するグラフィックボードを記載する場合もあるので、確認しておきましょう。

カメラの選び方

カメラを選ぶ際には、自分の目的とあったものを選ぶのがおすすめです。スロー機能があったり、防水機能があったりと各カメラにさまざまな機能があります。

しかし、日常系やノウハウを伝える動画で防水、防塵仕様はあまり意味がないですよね。

このように、パソコンと違ってただスペックがいいだけで選ぶと、オーバースペックで費用だけがかさむ可能性も。

カメラは目的の動画撮影に適したものを選びましょう。

三脚、照明の選び方

三脚と照明は比較的安価なものでも大丈夫です。

三脚はビデオ用とカメラ用があるのですが、初心者はビデオ用の三脚を選びましょう。

照明は蛍光灯・白熱灯・LEDがありますが、どれも問題なく使えます。

いずれも安い数千円〜数万円程度のスペックでも十分です。

編集ソフトの選び方

編集ソフトも需要の高まりからさまざま登場していますが、主に以下3つの視点から選ぶのがおすすめです。

  • パソコンのスペックで十分使えるか
  • 機能が動画制作の目的にあっているか
  • 値段は予算内か

動画編集ではパソコンのスペックが大きな問題です。今使っているパソコンで動画編集したい場合は、パソコンのスペックで編集ソフトが問題なく使えるのか確認しましょう。

動作が重い……など問題がある場合は、編集ソフトかパソコンのどちらかを変える必要があります。

また、カメラでも伝えましたが、目的にあった機能があるソフトを選ぶのも重要です。欲しい機能があるかも大事ですが、使う予定のない機能がたくさんあって高額な場合、損してしまいますよね。

予算の値段で、自分の目的に十分あったソフトを選ぶようにしましょう。

WEB動画制作まとめ

WEB動画制作は需要が高まっており、伝えられる情報量の多さから企業にも注目されています。また、この機会に動画制作に挑戦する人も多いため、差別化を図るためにも動画のクオリティは重要です。

WEB動画は挑戦者が多いからこそ、スキルアップして唯一無二の存在価値を示すことが重要。また、この時間を短縮したい企業は外注も視野に入れましょう。

外注すると、時間の節約や始めから高品質な動画を使用できるメリットがあります。デメリットは費用がかかることやクオリティが制作会社により異なることです。デメリットを回避するためにも、複数社に見積もりを取って比較検討するようにしましょう。

WEB動画制作は今後も需要の増加が見込まれる市場です。ぜひ参入を検討してみてください。

まずはお気軽にお問い合わせください

YouTube を活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を行なっています!!
また Web 広告動画や YouTube 動画の受託制作でも多数の実績があります!!

ご相談・各種お問い合わせはこちら