• NEWS
  • 最終更新日:2022.09.28

YouTubeの宣伝で視聴回数を増やす方法とは?宣伝ツールやアプリ・効果を解説

YouTubeチャンネルは、宣伝することでより多くの人に視聴してもらえたり、認知度を上げられたり、さまざまなメリットがあります。

しかし「どうやって宣伝するの?」「宣伝なしでは成長できない?」と、疑問に思う部分があるのではないでしょうか。

結論を言うと、宣伝サイトやツール、アプリなどを活用するとYouTubeチャンネルの宣伝ができます。

そこで本記事では、YouTubeチャンネルを宣伝するメリットを始め、宣伝する方法やおすすめサイトをご紹介します。

また宣伝なしでYouTubeチャンネルは成長できるのかについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

今YouTubeチャンネルの運営でお困りのことがあれば、以下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。YouTube運用/YouTubeマーケティングに精通した担当者が最短即日でお答え致します。

お問い合わせ

YouTubeで宣伝をする目的とは?

YouTubeチャンネルを宣伝する際に目的を明確にすると、分析する時に目的に沿った宣伝ができているのかが確認できます。

またこれから宣伝しようかと検討している企業や、YouTubeチャンネルを運営し始めたばかりの企業は、まず宣伝するメリットを理解すると良いでしょう。

ここでは、YouTubeチャンネルを宣伝する目的やメリットを解説します。

企業がYouTubeチャンネルを宣伝する場合、企業名や自社商品、サービスの認知度を高めることを目的とするケースが多いです。

また最終的に売り上げアップにつなげることを目的とする企業もあります。

宣伝する目的を明確にし、YouTubeチャンネルを分析する際に目的が達成できているのかチェックすると良いでしょう。

目的を達成するには、まずはYouTubeチャンネルの存在や動画を数多くの視聴者に知ってもらうことが大切です。

YouTubeチャンネルを宣伝した際のメリット3つ

YouTubeチャンネルを宣伝する際、目的達成が得られるメリットがあるのかを理解しておきましょう。

ここでは、YouTubeチャンネルを宣伝する主なメリットを3つご紹介します。

視聴回数が増加する

YouTubeチャンネルを宣伝すると、視聴回数が増加する可能性があります。

宣伝する目的が自社商品やサービスの認知度を高める場合や、新規顧客の獲得である場合でも、まずはチャンネル動画を見てもらう必要があります。

また自社サイトで宣伝すると、リピーターが自社のYouTube動画を視聴し、視聴回数の増加が期待できます。

視聴回数が増えると、チャンネル登録者数の増加や自社商品・サービスの認知度拡大にもつながるでしょう。

宣伝した場合、分析ツールなどで視聴回数がどれくらい増減したのか、定期的に分析すると改善点が見つかるでしょう。

チャンネル登録者数が増加する

YouTubeチャンネルを宣伝すると、チャンネル登録者数が増加する可能性があります。

有名企業の場合でも、YouTubeチャンネルの存在が知られていないことで、チャンネル登録者数が伸びないケースがあります。

そのため、まずはYouTubeチャンネルを運営していることを宣伝し、チャンネルの存在を知ってもらう必要があります。

また新規顧客の獲得を目的としている企業は、チャンネル登録者数の増加をKPIに決めると良いでしょう。

YouTubeチャンネルを宣伝してチャンネル登録者数が増加したのか、定期的に分析することも大切です。

運営企業や個人の認知度が上がる

YouTubeチャンネルを宣伝すると、企業名や個人の認知度が上がる可能性があります。

企業名や個人を知ってもらうためにYouTubeチャンネルを運営する場合が多く、宣伝するとより多くの方に知ってもらえる機会となるでしょう。

また企業や個人について詳しく知ってもらいたい場合、動画内で魅力を伝えられる点もYouTube運営の魅力です。

ただし動画が不評であった場合は、企業や個人の悪い印象を高める恐れがあるので、宣伝する際に注意点があるという点も把握しておきましょう。

YouTubeチャンネルは宣伝なしで成長できる?

YouTubeチャンネルは、宣伝しなければ成長しないというわけではありません。

動画内容が良かったり、YouTubeのSEO対策を行っていれば、視聴回数やチャンネル登録者数が伸びる可能性があります。

また宣伝したからといって、必ずしも成長するとは限らないので注意しましょう。

宣伝してYouTubeチャンネルを成長させるには、動画の質の高さも必要となります。

「動画の質は高いはずなのに、チャンネルの存在に気づいてもらえない」などと悩んでいる企業は、さまざまな宣伝方法でYouTubeチャンネルの認知度を高めると良いでしょう。

YouTube動画の質を高めてから宣伝すると、より高い宣伝効果が得られるでしょう。

YouTubeの宣伝方法①動画の再生回数アップ

宣伝方法の1つとして、YouTube動画の再生回数を伸ばすことも有効です。YouTubeのアルゴリズムは再生時間や高評価などのさまざまな観点から動画を順位づけし、上位表示させる動画を決定しています。

動画再生回数をアップさせることで、検索画面で上位に表示されるようになりさらに視聴者を増やすことができるため、動画の再生回数を伸ばすために工夫が必要です。

以下で4つの観点から動画の再生回数を伸ばすための取り組みを紹介します。

チャンネル設定を充実させる

興味を持った視聴者をチャンネル登録まで誘導することも重要です。チャンネル登録をすると、視聴者がまだ動画を閲覧してない動画がわかりやすくなったり、動画が投稿された際に視聴者に通知が来るようになったりします。チャンネル登録を促進するためにも、チャンネル設定の充実が重要です。

視聴者の行動として、以下のようなパターンが想定されます。

  1. 動画を見て、他の動画を見てみたいと興味を持つ
  2. 投稿主のチャンネル画面に移動する
  3. 概要欄を見る
  4. 他の動画を見る
  5. チャンネル登録する

そのため、チャンネル画面内の情報も視聴者の興味を引くために重要と言えます。概要欄を詳細に書いたり、再生リストで動画が整理されていたりすると、視聴者からこれからも見たいと思われるので、視聴回数の増加のためにもチャンネル設定は充実させましょう。

YouTube SEOを最適化して上位表示を狙う

YouTubeSEO対策を行うと、YouTubeアルゴリズムによって検索結果や関連動画、おすすめ動画の上位に表示されるケースがあります。

YouTubeアルゴリズムに重要と言われている項目は、以下の通りです。

  • キーワードとの関連性
  • 総再生時間
  • チャンネル登録者数
  • 動画の長さ
  • 高評価やコメント数
  • 再生/視聴回数
  • 平均視聴時間
  • クリック率

全YouTubeチャンネルの中でチャンネルの認知度が低くても、ジャンルを絞って動画の質を高めれば、キーワードとの関連性や動画の長さなどで上位に表示される可能性があります。

YouTubeSEO対策をしっかり行えば、SNSやウェブサイトからの流入を促さずに宣伝できると考えられます。

YouTubeの順位がなかなかあがらないのは、YouTubeSEOが最適化できていないから。
YouTubeSEO対策のより実践的なノウハウは以下の資料で解説しています。株式会社TUUUBEの実装済みデータを元にYouTubeSEOを改善してみてください。

誰も教えてくれないYouTubeSEOで勝つ秘訣

サムネイルは見やすく興味をひいているか

動画へ誘導するにはサムネイルも重要です。サムネイルとは、検索画面などで表示される画像で、視聴者はタイトルとサムネイルを見て興味を持ったものにアクセスします。

そのため、サムネイルで視聴者の興味を引ければ、動画へ誘導し再生回数を伸ばすことが可能です。

視聴者を誘導しやすいサムネイルの特徴として、以下4つのようなものがあります。

  • 動画の内容を簡潔に伝えている
  • 文字などを詰め込みすぎず、適度に余白があり見やすい
  • インパクトのある画像・文章
  • 配色は目立つような色にする

以上のようなことに注意して作成すると、動画の再生に誘導できる可能性が高まります。

再生リストで他の動画にも誘導する

動画を投稿したら、再生リストを作成するのもおすすめです。再生リストでは、テーマごとに動画を紐づけられ、視聴者に関連動画として紹介される場合もあります。

また、興味を持ってチャンネル画面まで来た視聴者を他の動画に誘導しやすく、1度に複数の動画を見てもらえる可能性が高いです。

そのため、再生リストを作成することで、視聴者が見る動画の本数を増やせる可能性があり、再生回数アップに繋がります。

YouTubeの宣伝方法②視聴者と交流し意見も取り入れる

視聴者とコメント欄などやSNSで交流するのも宣伝方法として有効です。視聴者からの意見を取り入れることで、より視聴者のニーズを満たした動画に。

視聴者の意見を反映した動画作りは、動画の質が高まり評価も高くなり、動画が上位表示される可能性があります。動画の質が良くなるだけでなく、結果的に宣伝効果も見込めるため、視聴者との交流は重要です。

YouTubeの宣伝方法③SNSを活用する

SNSを活用すると、手軽にYouTubeチャンネルや動画を宣伝できます。

すでに自社専用のSNSアカウントを持っている場合は、ぜひ活用してください。

YouTubeチャンネルや動画の宣伝におすすめのSNSは、Twitter・Instagram・LINE・Facebook・TikTokなどが代表的です。

さまざまなSNSでYouTubeチャンネルや動画を宣伝すると、各SNSのフォロワーがYouTubeチャンネルに集結すると考えらえます。

また動画を公開するごとに公開した旨をSNSで発信すれば、YouTubeの通知機能以外の方法で新着情報を伝えられます。

YouTubeの宣伝方法④YouTube広告を利用する

YouTube広告を利用して宣伝すると、YouTubeを利用しているユーザーに向けて宣伝が可能です。

YouTube広告を利用する方法は、以下の通りです。

  1. 広告用のYouTube動画を撮影・編集
  2. 完成した動画をYouTubeにアップロード
  3. Google広告」にログイン
  4. 達成したい目的を選択
  5. 広告配信の詳細を入力
  6. 広告グループの作成
  7. 動画広告の作成

達成したい目的は、以下の7つの項目から選びます。

  • 販売
  • 見込み顧客の獲得
  • ウェブサイトのトラフィック
  • 商品やブランドの比較検討
  • ブランド認知度とリーチ
  • アプリのプロモーション
  • 目標を設定せずにキャンペーンを作成する

また広告配信の詳細では、キャンペーン名や予算、開始日と終了日、入札戦略、ネットワーク、言語と地域、コンテンツの除外などを設定します。

細かい情報まで入力する必要があるので、開始日や予算など事前に決めてからYouTube広告を利用すると良いでしょう。

YouTubeの宣伝方法⑤人気YouTuberをキャスティング/コラボする

人気YouTuberをキャスティングしコラボ企画などを行うと、キャスティングしたYouTuberの視聴者が自社チャンネルの存在を知ることにつながるでしょう。

例えば人気YouTuberが自社商品やサービスを称賛する意見を述べれば、チャンネル登録者数や視聴回数の増加などの影響が期待できます。

ただし、人気YouTuberをキャスティングするには、ギャラの支払いが必要であるケースがあります。

また予定の照らし合わせや企画の構成などで、動画公開まで数ヶ月かかると想定されるので、スケジュールの管理も必要です。

YouTubeの宣伝方法⑥チャンネル内で宣伝する

YouTubeチャンネル内で宣伝すれば、チャンネル登録者数の増加につながる可能性があります。

視聴者にとって動画を視聴するよりもチャンネル登録の方が、ハードルが高いと言えます。

チャンネル登録者数の指標をKPIに決めている場合は、まずは概要欄でチャンネル登録を促す文章を載せると良いでしょう。

自社サイトがあるなら、自社サイトにアクセスできるURLを掲載しておくと、自社商品やサービスに興味を持つ方や利用者の増加が期待できます。

YouTubeの宣伝方法⑦動画内でシェアを促す

YouTubeの動画内で、視聴者のSNSなどでのシェアを促すと、視聴者の知り合いに自社チャンネルの存在を知ってもらえる機会となるでしょう。

また動画の終盤でチャンネル登録・高評価を促すと、少しでもチャンネル登録者数や高評価数が増加するケースがあります。

YouTubeSEO対策ではチャンネル登録者数や高評価数も重要項目となるので、アルゴリズムによっておすすめ動画などで上位に表示される可能性があります。

さらに動画したい表示される概要欄に、自社サイトや自社商品・サービスに関するURLを記載しておくと、新規顧客の獲得が期待できるでしょう。

YouTubeチャンネル・動画の宣伝におすすめのサイト

YouTubeチャンネルや動画は、サイトでも宣伝することが可能です。

ここでは、YouTubeチャンネルや動画の宣伝におすすめのサイトを2つご紹介します。

先ほどご紹介した5つの宣伝方法と合わせて活用してみてはいかがでしょうか。

YouTube宣伝掲示板

YouTube宣伝掲示板

YouTube宣伝掲示板であるBecometuberでは、投稿した動画の宣伝・動画の検索・いいね数ランキングなどが閲覧できます。

利用するには、まずはアカウント登録&ログインを行う必要があります。

またYouTube宣伝掲示板はジャンル別に表示され、新着動画順・コメントが多い順/少ない順・閲覧数順に並び替えられるので、宣伝動画が埋もれてしまう確率も低いでしょう。

YouTube宣伝掲示板に表示されるジャンルは、以下の通りです。

  • チャレンジ・企画
  • ネタ・面白系
  • ブログ
  • ゲーム実況(PC)
  • ゲーム実況(TV、スマホ)
  • ペット・動物
  • 音楽
  • アウトドア

このサイトのコンセプトは「次の次に来るyoutuberを見つけよう。」であり、チャンネルの認知度拡大のきっかけとなるでしょう。

PRTimes

PRTimes

PRTimesは、チャンネルや動画の宣伝ができることはもちろん、多くのメディアに取り上げられる仕組みを採用しています。

自社のみで宣伝するよりも、数々のメディアによって宣伝された方が宣伝効果がより得られやすいのではないでしょうか。

また宣伝する内容はどんなジャンルでも掲載可能であり、熱量があれば多くの方に知ってもらえる場としても注目されています。

提携可能なメディアには、毎日新聞や朝日新聞、産経新聞、BIGLOBEニュースなどの大手メディアが満載です。

またPRTimesのサイト内にある分析データやヒートマップで、宣伝後にどれくらいの反響があったのかが確認できます。

このサイトを利用するには、まず登録申請を行い企業審査を受ける必要があります。

基本プラン(従量課金プラン)は3万円/件、定額プランは7万円〜/月です。

登録時は全ての企業が基本プラン(従量課金プラン)からとなっているので、プラン変更をしたい場合は登録後に行いましょう。

YouTubeチャンネルの宣伝まとめ

YouTubeチャンネルを宣伝すると、視聴回数やチャンネル登録者数の増加、運営企業・個人の認知度拡大などのメリットが得られる可能性があります。

SNSの活用や人気YouTuberとのコラボ、YouTube広告の利用などで、YouTubeチャンネルや動画の宣伝ができます。

またYouTubeチャンネルを宣伝できるサイトもあり、さまざまな宣伝方法を活用するとより多くの方に知ってもらえる可能性が高まります。

ただし、宣伝するためには料金が必要な有料機能や有料サイトなどがあります。

有料であってもその分大きな反響が得られるケースがあるので、予算に余裕がある場合などにぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

本記事ではYouTubeチャンネルの宣伝方法を中心に解説しましたが、特に「チャンネルの成績が伸び悩んでいる」場合はぜひ参考にしてみてください。

まずはお気軽にお問い合わせください

YouTube を活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を行なっています!!
また Web 広告動画や YouTube 動画の受託制作でも多数の実績があります!!

ご相談・各種お問い合わせはこちら