• NEWS
  • 2020.06.23

YouTuberタイアップ活用成功事例6選!事例から学ぶYouTuberタイアップ広告!


『なりたい職業ランキング』にもランクインする程の人気となり、今ではテレビでも活躍するYouTuberはプロモーション手段としても多大な発信力を持っています。
そんな、YouTuberの発信力を活かした”インフルエンサーマーケティング”があることをご存じでしょうか?

YouTuberタイアップという言葉聞いたことがあっても、なかなか改めて事例を分析する機会が無い方がほとんどではないでしょうか。

今回はインフルエンサーマーケティングの一つ、「YouTuberタイアップ」という広告手法について事例を用いてご紹介していこうと思います。
現在、YouTubeチャンネルを持っていて、企業とのタイアップを考えている企業の方はぜひこの記事で紹介する事例を参考にしてみて下さいね。

YouTuberタイアップとは

YouTuberタイアップとは

YouTuberタイアップとは

そもそも、YouTuberタイアップとは、企業とYouTuberがタイアップ(協力)して、認知度・興味・購買意欲を増加させることを指します。
「YouTuberタイアップ広告」と呼ばれることもあるように、広告手段の1つです。

企業の商材をYouTuberの動画に取り上げてもらうことで、多くの層へリーチ・宣伝となり認知拡大の効果が期待されます。
また、普段、動画を見る前に流れるような広告とは異なり、YouTuberが実際に商品やサービスを使用/体験した動画を使ってプロモーションを行う為、視聴者に商品の長所やメリットを伝えやすい広告手法になります。

YouTubeというSNS的要素があるプラットフォームの性質上、感想や評価といったものが、SNSの口コミよりも生の声となって聞こえるようになるという特徴も存在します。

かつては目新しい広告手法でしたが、現在では多数のYouTuberタイアップの事例も生まれ、販促やPRを考える際の一般的なマーケティング手法となっています。

企業がYouTuberタイアップを活用すべき理由

このような「YouTuberタイアップ」という広告手法をなぜ企業が活用すべきなのでしょうか?
YouTuberタイアップの特長でもあるポイントを解説しながら確認していきます。

企業がYouTuberタイアップを活用すべき理由

企業がYouTuberタイアップを活用すべき理由

・YouTuberのファンに商材を認知してもらえる

「ファンへの商材認知」というポイントではYouTuberタイアップはこれまでの広告手法よりも優れていると言えます。
チャンネル登録をしているファンにはYouTuberが動画を更新したりストーリーで呼びかけることで直接的なアクションを喚起させることができます。

企業が宣伝のために動画を作成しても、直ちにユーザーまで届くとは限りません。しかし、多くのファンがフォロワーとしている人気YouTuberとタイアップすることによって、そのYouTuberの動画を視聴しているファンにダイレクトで商品の宣伝ができるようになります。

また、タイアップ先のYouTuberの抱えているファン層が、ターゲットとしている層とマッチしていれば、当然商材の認知から購買意欲の増加へ繋がり、広告・宣伝効果が期待できます。

HIKAKIN-巨大なタマゴ温めたらなんか生まれてきた!!!

HIKAKINなどが所属するマネージメント事務所UUUM株式会社が2108年に12~39歳の男女1,140人に対し「YouTuberタイアップ動画視聴における態度変容調査」をおこないました。調査の結果、タイアップ動画の効果により、購買意欲が最大49.1%、認知度65.7%増加したという数値を公開いたしました。

このように、企業やブランドはYouTuberとタイアップをおこなうことにより新たな消費者層へ認知をしてもらえることが明確となっているのです。

・ブラウザやYouTube検索からの流入と公開期間が決まっていない

一般的なCMは、大抵契約期間が定まれており、その期間が終了すると、CMがテレビで配信されることはなくなります。しかし、YouTuberとタイアップをおこなった場合、その動画はYouTuberのチャンネルにて投稿されるため、投稿したYouTuberの手によって削除されない限り公開され続けます。

投稿された動画は、YouTubeチャンネルの登録者やSNSのフォロワーなどによる初動視聴数に加え、YouTube検索や場合により関連動画や急上昇動画として流入を得られるようになります。
さらには、YouTubeの関連動画として表示された場合、数年前に投稿された動画であってもユーザーに視聴してもらえる可能性もあります。

Googleアルゴリズムに適応されれば、Google検索で上位に表示されることもあるため、
他の施策でブランディングや認知を行った際にブラウザやYouTubeで検索を行った人たちが、投稿された動画に行き着くこともあります。

Fischer’s-沢山のYouTuberと「学割ってるダンス」してみた!

こちらの動画は2017年に投稿された人気YouTuberフィッシャーズによる、「ソフトバンク学割キャンペーン」のためのタイアップ動画です。キャンペーン自体は、既に終了していますが、今なお視聴することができ、約2300万 回再生と現在も再生回数を伸ばす人気動画となっています。

企業にとっては直接的な成果がなくとも、ブランド認知が高まるだけで大きな広告効果が期待できるのでそういった形でもYouTuberタイアップは有効だと言えるのではないでしょうか?

・広告と思われないで視聴してもらえる

YouTuberに合わせてタイアップ動画を配信することによって、通常のPRや動画広告よりも広告と認識されにくくなります。

YouTuberタイアップによる広告は、企画の一部のように広告を一緒に盛り込むことで、敬遠されることなく動画を視聴してもらえます。投稿された動画がユーザーに興味・関心を引くものであれば最後まで視聴してもらえるので、商材の認知度や購買意欲の上昇に繋がるでしょう。
おるたなChannel-島まるごと使ってリアル型脱出ゲームやってみた。

YouTuberがコンテンツとしてタイアップ広告を制作することで視聴者側も「面白い」「興味がある」と言った自発的な意思で広告動画を見ることができ、その分効果やイメージも高まり易いのです。

・商品の魅力・機能が伝わりやすい

タイアップ動画では、YouTuberが自ら使用することによって、商材が機能している様子などを視聴者に紹介できます。実際に使っている姿を見せることで、手にした時のイメージや安心感がもてるようになるでしょう。

実際に使い方を見て購入を検討したい電化製品や、発色や使用感などを知りたい美容コスメに味や食感などが気になる新作お菓子等は写真だけでなく動画を視聴することにより、さらに魅力が伝わるでしょう。

JIN DA HOUSE(スカイピースジン)-【大食い】一人でもドミノ・ピザなら余裕で食べ切れるでしょ!!!

YouTuberの種類にも寄りますが、テレビCMなどに比べてYouTuberタイアップ広告はよりユーザー目線で動画を制作されることがほとんどです。
過剰に補正しない画質や使用感など、リアルな目線で広告が制作されるため、視聴者も親近感を持って商品をイメージすることが可能になります。

YouTuberタイアップ成功事例6選

ここからは実際にYouTuberタイアップ広告の成功事例とも言える案件をご紹介していきます。
YouTuberタイアップ広告を検討している企業の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

・YouTuberタイアップ事例①【HIKAKINxサンリオ】

YouTuberタイアップ成功事例として最初にご紹介するのはハローキティなどのキャラクターやテーマパークの運営を行う株式会社サンリオと、チャンネル登録者数日本第2位の大物YouTuberヒカキンのタイアップ動画です。

2900万回再生と普段の動画よりも高い再生回数を誇り、新キャラとして登場したまるもふびよりの「もっぷくん」を紹介しています。
女性向けキャラクターのイメージが強いサンリオとHIKAKINは親和性が低いように見えますが、これがYouTuberタイアップならではの施策だと捉えることもできます。

サンリオ単体でもYouTubeチャンネルの運営は行っていますが、キャラクタービジネスという特性上、根っからのサンリオファンで既にサンリオを認知している層がチャンネル登録や視聴を行っていることが予想できます。

それに対してタイアップ動画ではHIKAKINを起用することで、これまでサンリオを深く知らなかった層に対しても一気にリーチをかけようとしている狙いがあったと予想できます。

実際に2900万回再生というとてつもない再生数を記録し、この動画がきっかけでサンリオを知った、テーマパークに遊びに行ったという視聴者も少なくないはずです。

・YouTuberタイアップ事例②【はじめしゃちょーxムーンスター】

YouTuberタイアップ事例の2つ目はシューズ製作事業社の株式会社ムーンスターとオールジャンルで活躍するYouTuber「はじめしゃちょー」のタイアップ動画です。

実際に、はじめしゃちょーがムーンスターを着用し、検証前基準タイム7秒15であったところ、7秒03というタイムを出したということで反響を呼んだ動画です。
シューズの効用が確かにあることを証明し、商材のイメージアップへと繋げています。

MoonStarOfficialチャンネルの登録者数が2490人という数字にもかかわらず、公式の動画にて投稿された動画も300万回再生もされており、はじめしゃちょーを起用したことによる幅広い層の流入が見て取れます。

また、今回の商材は子供向けのシューズだったということもあり、子供のなりたい職業にも連続でランクインするYouTuberが履いているシューズというだけで、宣伝効果があることは自明ですよね。

・YouTuberタイアップ事例③【木下ゆうかx甲府市】

YouTuberタイアップ事例の3つ目はなんと市町村とのタイアップ案件です。

海外からの観光客流入を得るために1つ1つ丁寧に甲府グルメの魅力を伝えることに成功し、4年前の投稿であるにもかかわらず1年前にも海外からのコメントが来ているなど、息の長いYouTuberタイアップ広告のメリットを体現した動画になっています。

YouTubeという世界各国へのリーチが可能なプラットフォームならではのメリットとして、海外からの流入もしっかりと得られていることから、インバウンド需要や大幅なリーチ拡大などを目的とした広告効果も十分です。
さらにUUUM宛てに甲府市の担当者から送られたメッセージでは、

”ピックアップしたお店への誘客が増えたことにあわせ、動画に関連リンクとして埋め込んだ、スペシャルポータルサイト「甲府でしかできないな50のこと」へのアクセス数も伸び、他の観光資源の認知度UPや、誘客に繋げることが出来た。”

と発表もされています。

・YouTuberタイアップ事例④【すしらーめんりくxSPINS】

YouTuberタイアップ事例の4つ目はアパレルショップ「SPINS」と若年層に人気のYouTuber「すしらーめんりく」とのタイアップ事例です。

こちらは動画タイアップだけでなく、実際にすしらーめんりくとのコラボアイテムを発売することで販促の一環とした企画です。

UUUMの「YouTuberタイアップ動画視聴における態度変容調査」から、もとの認知度が43.3%のところ74.4%、好感度が40.0%から75.3%、利用意向がなんと32.2%から74.7%と全体的に増大傾向にすることができたと発表されています。

・YouTuberタイアップ事例⑤【HIMAWARIちゃんねるxタカラトミー】

YouTuberタイアップ事例の5つ目は子供YouTuberの「HIMAWARIちゃんねる」とタカラトミーが発売するおもちゃ「うまれて!ウーモ」のタイアップ動画です。

こちらの動画も「YouTuberタイアップ動画視聴における態度変容調査」から認知度27.9%⇒95.6%、好感度44.8%⇒88.9%、利用意向36.2%⇒82.4%と他のタイアップ動画より高い効用が証明されており、大きく認知度並び購買意欲を増加させることができました。

スマートフォンが流通し、おもちゃの購買傾向も変わってきており、幼児や子供も親のスマートフォンやタブレットでYouTube動画を視聴するようになっているため、このようなタイアップ動画は非常に有効だと言えます。

実際に世界的にYouTuberのチャンネル登録者数ランキングに子供向けYouTuberがランクインする事例は多数あります。

・YouTuberタイアップ事例⑥【ほしのこCHxユザワヤ】

YouTuberタイアップ事例として最後にご紹介するのは【ほしのこCHxユザワヤ】の成功事例です。

ほしのこCHは数あるYouTubeチャンネルの中でも企業とのタイアップ数が非常に多いことで知られるチャンネルです。
チャンネル登録者数は2020年現在で38万人とこれまでご紹介したYouTuberと比べると多くない中、タイアップ発注数では上位にランクインする理由はターゲティングの正確性です。

今回ご紹介するユザワヤとのタイアップ動画では入園グッズを紹介する動画となっており、主婦層、特に幼稚園や保育園に入学する子供を持つ主婦に向けたピンポイントな広告動画になっています。

YouTubeは誰でも視聴ができるプラットフォームですが、動画をしっかりと作りこむことで圧倒的なファン層へのターゲティングが可能になる成功事例だと言えます。

YouTuberタイアップ効果はどれくらい?

実際にYouTuberタイアップ広告の効果はどれくらいなのでしょうか?
YouTuberタイアップの効果として、活用すべき2つの基準から、YouTuberタイアップ広告の効果がどれくらいあるのか探っていきましょう。

・認知度

YouTuberタイアップ動画は基本的に企業の単体企画動画よりも高い再生回数を誇っており、人気YouTuberとのタイアップにより多くの多くの層に認知されることは明らかです。さらには長い期間掲載されているため、一般的な広告に比べも持続期間がとても長くなります。

はじめしゃちょー 本音で話せる場所はありますか?【Rumor】

例えばこちらの動画、匿名投稿アプリ「Rumor」を紹介した動画でを例にとると、非視聴者の認知度が20%以下であるのに対し、視聴した人との認知度の差が約60%もついた。
また、興味関心・好感度・購買意欲も30~40%の差が出ています。
同動画は2月13日に公開され、3月10日時点で約80万回再生されているが、動画の視聴後にアプリをダウンロードした人は全体の7%を占めるという結果にもなったとのことです。

・購買意欲

HIMAWARIちゃんねるや、すしらーめんりくのデータからわかりますように、認知度に貢献できるだけでなく、利用意向、つまり購買意欲も大きくアップし、しっかりと購入へと繋げることができます。

これまでテレビCMや雑誌広告が主であったブランディングクライアントも、YouTuberタイアップという消費者の目線に合った広告手法を取り入れることで購買意欲にダイレクトに訴求することが可能になりました。

株式会社TUUUBEが提供するYouTuberタイアップキャスティングサービス

本メディア「LaboTube」を運営する株式会社TUUUBEもYoutuberタイアップのキャスティングサービスを提供する会社の1つです。
株式会社TUUUBEが提供するYouTube運営代行サービスの強みは、なんと言っても「YouTubeに特化した事業を展開する企業」であることです。

株式会社TUUUBE

株式会社TUUUBE

・国内最大級のYouTubeニュースメディアの運営

株式会社TUUUBEでは国内最大級のYouTubeニュースメディア「LogTube」の運営を行っています。
YouTubeに関する様々な情報はもちろん、人気クリエイターへのインタビューまでを自社で行うことでYouTubeにまつわる最先端の情報が集まる企業となっています。
YouTuberの情報量は国内随一と言っても過言ではありません。

・ジャンルを問わないYouTubeチャンネルプロデュース/動画制作実績

株式会社TUUUBEでは自社運営・他社運営問わずYouTubeチャンネルのプロデュース/動画制作実績が多数。
ジャンル問わないYouTubeチャンネル運営のノウハウがある為、どのような企業様にも実績を伴うアセットが提供可能です。

担当者様との打ち合わせをベースに、チャンネルや商材に合ったYouTuberのキャスティングをご提案します。

・株式会社TUUUBEのYouTuberキャスティングサービスお問い合わせはこちら

「YouTuberを使ってPR動画を作りたい」、「自社チャンネルのグロースにYouTuberを起用したい」そんな企業様はまずは株式会社TUUUBEにご相談下さい。

下記のフォームからお問い合わせをお送りいただければ、専任担当者が相談に対応させていただきます。

お問い合わせはこちら

YouTuberタイアップ活用成功事例まとめ

今回はYouTuberタイアップの活用事例について解説していきました。

YouTuberタイアップは、画像やテキストにはできない、動画で良さを伝えることができる効果的な手法です。
多くの企業が活用しており、YouTuberそれぞれの強みを活かすことによって多くの層からの認知度や購買意欲アップが見込まれることでしょう。

今までとは異なった層に知っていただける機会が増えるだけでなく、SNSで共有・拡散されることで自社の商品を知ってもらえます。
企業とのタイアップや反対にYouTuberとのタイアップを考えている方は一度YouTuberタイアップを検討してみてはいかかでしょうか。

データ参考:https://www.uuum.co.jp/2018/01/12/18423

まずはお気軽にお問い合わせください

YouTube を活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を行なっています!!
また Web 広告動画や YouTube 動画の受託制作でも多数の実績があります!!

ご相談・各種お問い合わせはこちら