• NEWS
  • 最終更新日:2022.06.13

YouTubeマーケティングとは?企業が行うべきYouTubeマーケティングの基本と宣伝効果を解説!活用方法や成功事例も

「YouTubeマーケティング」はYouTubeを活用し、2億人以上存在する世界のユーザーをターゲットにした事業活動を推進するWeb戦略のひとつです。

その効果はこれまでのWebとは比較になりません。これまでのWebマーケティングと圧倒的に違うのは、年齢層の広さとターゲットが世界中のYouTubeユーザーです。それだけ大きな効果が見込めるのです。

ここでは企業の注目が加速する「YouTubeマーケティング」とは一体どのようなものなのか、YouTubeマーケティングの基本と宣伝効果を解説していきます。

今YouTubeチャンネルの運営でお困りのことがあれば、以下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。YouTube運用/YouTubeマーケティングに精通した担当者が最短即日でお答え致します。

お問い合わせ

YouTubeマーケティングとは?

「YouTubeマーケティング」とは、簡単に説明すると文字通り「YouTube」を利用して「マーケティング(集客や販促など)」を行うことを示します。

YouTubeマーケティングが注目されている理由の1つに、その潜在的なポテンシャルがあげられます。

YouTubeの公式発表では最新のユーザー数は月間で20億人以上、1日あたりの動画視聴時間は世界合計で10億時間以上であると発表されています。

これは全インターネット人口の約3分の1にあたります。

つまり、YouTubeマーケティングではこの圧倒的なユーザー数を背景に、これまでのテキストベースのWebマーケティングとは比べ物にならない大きな効果が期待できるのです。それを裏付ける3つの数字を次に示します。

「YouTubeマーケティング」とは?

YouTubeマーケティングの基礎知識と戦略

YouTubeマーケティングとは、YouTubeを活かした商品やサービスの認知を拡大し、集客・消費行動に繋げることを指します。

単に動画を投稿し、視聴者に商品を紹介するだけではなく、自身の動画がターゲットとなる視聴者に認知され、顕在的かつ潜在的なニーズを満たすことではじめて集客や販促が可能になります。

そのため、YouTubeマーケティングを行う際は、視聴者に認知され、視聴者のニーズを満たすことが最も重要です。

YouTubeマーケティングを行う上での重要な指標の一つは、チャンネル登録者数です。チャンネル登録者はただ、投稿した動画を見てもらい易くするだけでなく、登録したチャンネルの最新動画がおすすめとして表示されます。

そのため、チャンネル登録者は質の高い見込み客でもあります。

それでは、再生回数(視聴回数)やチャンネル登録者数を増やすにはどうすればよいのでしょうか?

YouTubeマーケティングでは、SEO対策を行うことで、再生回数(視聴回数)やチャンネル登録者数を増加さられます。

YouTubeの順位がなかなかあがらないのは、YouTubeSEOが最適化できていないから。
YouTubeSEO対策のより実践的なノウハウは以下の資料で解説しています。株式会社TUUUBEの実装済みデータを元にYouTubeSEOを改善してみてください。

誰も教えてくれないYouTubeSEOで勝つ秘訣

YouTube上で動画が表示されるアルゴリズムとは?

アリゴリズムとは、物事を解決するための計算方法や形式という意味合いがありますが、YouTubeにおけるアリゴリズムは、ユーザーの趣味や好みに合った動画を表示し続ける仕組みを指します。

YouTube上でのアルゴリズムについて理解を深めておくことで、効率良くYouTubeマーケティングができるでしょう。

動画の総再生数・チャンネル登録者数・投稿から再生されるまでの時間・平均視聴時間などが、YouTubeのアルゴリズムに大きく影響します。

また動画が表示される場所は主に以下の3つであり、それぞれでアルゴリズムが異なります。

ブラウジング視聴

ブラウジング視聴とは、YouTubeのホーム画面やサイドバーにおすすめ動画を表示する機能を指します。

表示される動画は、今までに検索したキーワードや視聴履歴からAIが分析したものであり、各ユーザーの趣味や好みによって内容は異なります。

ホーム画面はYouTubeを開いて最初に目にする画面なので、興味がそそられえるような動画があればクリックする確率も高いでしょう。

また同じジャンルの動画が表示される場合は、高評価やコメントが多い動画ほど上位に表示されやすく、最後まで視聴する方の割合もブラウジング視聴では重要な情報です。

ブラウジング視聴でクリックしてもらうには、視聴したくなるようなサムネイル画像を設定し競合チャンネルと差をつけると効果的です。

関連動画からの流入

関連動画は、スマホ画面では再生中の動画の下部、パソコン画面では再生中の動画の右サイドバーに表示されます。

表示される動画は、再生中の動画とテーマやジャンルが似ているものや、過去の視聴履歴から分析したものなどです。

また、同じチャンネルの動画が表示されることも多く、1度でも自身のチャンネルの動画を視聴してもらえれば、関連動画に表示される確率がアップするでしょう。

関連動画の場合、自動再生機能をオンにしておくと次の動画が自動的に再生されるので、クリックを促さずに視聴してもらえる可能性があります。

スクロールすればさまざまな関連動画が表示されるので、再生中の動画の次に表示されなくても、サムネイル画像などで興味を持ってもらいクリックまで促すことは可能です。

直接検索

YouTubeで視聴したい動画を探す際、一般的に検索機能を利用して目当ての動画を見つける場合が多いのではないでしょうか。

検索して表示される動画は、検索キーワードとの関連性が高いものであり、その中でもチャンネル登録者数や再生回数が多いほど上位に表示されやすいです。

また他にもサムネイル画像・タイトル・動画内容もアルゴリズムによって考慮される重要な情報です。

YouTubeSEO(VSEO)

YouTubeにおけるSEO対策とは、自身の動画をYouTubeの検索上位に表示させることで、再生回数を増加させるための施策です。

YouTubeのアルゴリズムにはYouTubeが掲げる項目があり、どんな項目があるのかは公表されていません。YouTubeが掲げるSEO項目をYouTube側が総合的に判断することで検索順位が決められています。

その中でYouTubeがSEOとして判断していると考えられている項目が以下の5つです。、

1.テキストマッチ

テキストマッチとは、対策キーワードの記述や、主要タグの設置が適切になされているかどうかという観点です。

2.レリバンス

レリバンスとは、コンテンツ内容にマッチしたリンクやカテゴリであるかどうかという観点。

3.エンゲージメント

エンゲージメントとは、ユーザーからのエンゲージメントが適切になされているかどうかという観点。

4.クオリティ

クオリティとは、Googleのアルゴリズムを考慮しているのかどうかという観点。

5.フレッシュネス

フレッシュネスとは、投稿本数・投稿頻度は適切かどうかという観点。

この五つの要素を踏まえて動画を作成し、投稿することでYouTubeの検索順位が高くなり、再生回数を増加させることが出来ます。

YouTubeマーケティングを成功させるコツ

YouTubeマーケティングを成功させるポイントは3つあります。

1つめのポイントは、「ターゲットや目標を明確にすること」です。ターゲットや目標を明確にしなければ、自社サービスを最も適したユーザーに、適切な形で訴求することが出来ないからです。

2つめのポイントは、「目的に合ったKPIを設定する」ことです。YouTubeマーケティングの目的やターゲットを決めた後に、中間目標であるKPIを決めることが重要です。

例えば新規顧客獲得を目的としている場合に、KPIを新規チャンネル登録者数に設定します。このようにKPIを設定することで、新規顧客を獲得するためには、チャンネル登録者数を増加させる必要があることが分かります。

このように、KPIを設定することで、目的に向けた具体的な行動が分かりやすくなります。

3つめのポイントは、「PDCAを常に行う」ことです。YouTubeアナリティクスを活用し、常に改善点を見つけ、改善していくことで、コンテンツの質が向上していきます。

この3つのポイントをおさえることで、ユーザーにマッチしたコンテンツを届けられるようになり、YouTubeマーケティングが成功する確率は飛躍的に向上します。

YouTubeマーケティングの戦略の立て方

YouTubeマーケティングではまず、目的やターゲットを決めることが重要です。目的やターゲットが異なれば、動画の改善点や中間目標も異なってきます。

例えば、自社商品を広く認知させる事が目的であれば、KPIを「再生回数の増加」とします。しかし、自社商品を深く理解させることが目的であればKPIは異なります。

再生回数よりも視聴維持率を改善したほうが目標に近づくでしょう。

このように、YouTubeマーケティングではまず、目的やターゲットを決め、それを達成するための具体的なKPIを決めます。さらに、そのKPIを参考にPDCAを行い、目標に近づいていきます。

YouTubeマーケティングのKPIとは?

YouTubeマーケティングのKPIとは、YouTubeマーケティングを行う上で、自身で決めた目標を達成するための中間目標の事です。

適切なKPIを決めなければ、いつまで経っても目標を達成できないというトラブルを招く恐れがあるので、注意が必要です。

例えば、新規顧客を獲得することが目的であれば、質の高い見込み客である「チャンネル登録者数」をKPIに決めます。自社商品の認知度アップが目的であれば、「再生回数」をKPIに決めます。

このように、自身の目的に合ったKPIを設定することで、本来の目的から逸れることなく、自身の目的を達成することが出来ます。

クリック率

自社商品を多くの方に知ってもらいたい場合は、クリック率をKPIに決めると良いでしょう。

クリック率を高めるには、サムネイル画像やタイトル付けがポイントとなります。

ただしサムネイル画像やタイトルに偽りの情報を掲載し視聴者を釣る行為は、以下でご紹介する視聴維持率やチャンネル登録率などを下げてしまうことにつながりやすいので注意しましょう。

動画をクリックする時は、視聴者が「自分が知りたい情報がこの動画にありそう」と思った場合が多いです。

自社商品について知りたいと思っている方に向けて、サムネイル画像やタイトルに寺社商品名や簡単な商品説明を掲載すると効果的でしょう。

視聴維持率

視聴維持率は、視聴者が動画のどこまでを視聴したのかを指す値です。

再生回数が多くても視聴維持率が低ければ、自社商品の購入や利用には至りにくいです。

視聴維持率が低い理由には、「結論までに至るのは長い」「冒頭で結論を述べている」など、さまざまな原因が考えらえます。

原因を解明するには、YouTube Analyticsなどのツールを活用して、視聴者が離脱しやすい部分を明らかにすると、動画の改善点が見えてきます。

始めから離脱率ゼロの動画を作ることは困難なので、便利なツールを活用しながら動画を改善していくと良いでしょう。

再生回数

とにかく自社商品を知ってほしい場合には、再生回数をKPIに決めると良いでしょう。

再生回数が増えれば、関連動画やおすすめ動画としても表示されやすくなり、YouTubeマーケティング上では重視しておきたい情報です。

また視聴者の中には、「なぜこの動画は再生回数が多いの?」と、始めから自社商品に興味がなくても動画を再生してもらえるきっかけの1つとなり得ます。

自社商品への興味は後からでも獲得できるので、まずは認知度を高めるために再生回数を伸ばすことに懸念すると良いでしょう。

ただし、最後まで動画を見てほしい場合は、再生回数をそこまで気にする必要はありません。

グッド/バッドボタン

グッド/バッドボタンは、別名高評価/低評価ボタンを指し、動画が視聴者にどう捉えられているのかを表す値です。

もちろん高評価が多ければ、「この動画は定評がある」と判断され、多くの方が安心して視聴できるでしょう。

一方で低評価が多い動画は、「動画の内容に問題があるかも」と最後まで視聴されず、冒頭部分で離脱するケースが多いです。

クリック率や再生回数が多くても、視聴者に信頼してもらえる内容であるかが大切です。

コメント

視聴者がどんな商品・サービスであるのかを知る際には、動画の内容だけではなくコメントも参考する場合があります。

コメント欄にすでに利用したことがある方のレビューや感想、商品・サービスへの印象が記述されていると、新規顧客獲得や自社商品の認知拡大にもつながりやすいです。

ただし、コメント欄には良いものだけではなくアンチコメントも存在するケースが多いですが、良いコメントが多いとアンチコメントが埋もれる場合があるので、そこまで心配する必要はないでしょう。

しかし良いコメントを増やすには、やはり動画の内容がポイントとなります。

視聴後のチャンネル登録率

新規顧客の獲得を目標にYouTubeではマーケティングを行う企業は、動画視聴後のチャンネル登録率をKPIに決めると良いでしょう。

ただし再生回数やクリック率、視聴維持率よりも、チャンネル登録してもらう方が少しハードルが高まります。

チャンネル登録率を高めるには、自社商品や企業の魅力を十分にひき出せている動画内容であるかがポイントとなるでしょう。

またチャンネル登録を行うと、登録したチャンネルのみのタイムラインに表示されるようになるので、「これから配信される動画も視聴したい」を思ってもらうことも大切です。

チャンネル登録者数が増えれば、おすすめ動画や関連動画でも上位表示されやすくなるので、より新規顧客の獲得が期待できます。

基本的なYouTubeマーケティング活用方法3つ

企業が実際にYouTubeをマーケティングに活用する手法には主に3つのパターンがあります。

「YouTubeチャンネルの開設と運営」「広告配信」「YouTuberコラボ/キャスティング」です。

1.YouTuberコラボ/キャスティング

YouTuberコラボ/キャスティングの目的は、企業がYouTuberを新商品や企業のPR活動のために起用し、YouTubeで配信する動画を企画、制作して新商品の認知度や集客をすることです。

その手法としてYouTuberに出演依頼をすることが必要になります。

1. YouTuberに直接依頼する

YouTuberが事務所に所属していない場合には直接交渉を行います。その場合、コラボ企画の立案や動画の企画制作などを、全て自社で制作会社に発注したり、制作を行う必要があるため、経験がない場合にはYouTuber事務所やキャスティング会社に依頼すると良いでしょう。

2. YouTuber事務所に依頼する

 YouTuberが事務所に所属している場合には、所属事務所に依頼をすれば出演に関する契約手続きはもちろん、動画制作をてしてくれることもあります。

YouTuber事務所はタレントのキャスティング会社のように手数料がないため、一般のタレントと比較すると出演料だけでなく、手数料代など総合的に安価で制作することができます。

3. 代理店やキャスティング会社に依頼する

コラボする商品の企画内容やイメージなどにマッチしたYouTuberの選定や、クオリティが高い動画制作を一貫して代行してくれるのが代理店やキャスティング会社です。

キャスティングから動画制作を全て担当してもらえますが、高い中間手数料が必要な会社もあります。

YouTuberはフォロワー数が人それぞれですが、フォロワー数が多い方が影響力が大きいため稼働の時間単価が高額になります。さらに、動画の高評価、低評価、クオリティなど商品コラボの場合には企画費用、商品を宣伝するための広告宣伝費、コラボ商品の購買の目標数などを合計し、これらの予算が回収できるように予算組みをすることが重要です。

YouTuberとコラボ/キャスティングする際には、宣伝したい商品や企業のイメージにマッチした人をキャスティングすることがポイントです。

YouTuberの選定は次のポイントを踏まえて選びます。

  • 投稿している動画のジャンル
  • チャンネル登録者数
  • 動画の高評価・低評価数、およびコメントの内容
  • 動画の再生回数

YouTuberを使うメリットとしては、

1. フォロワー数が明確なのでPRできる
2. 明確なターゲットに商品などがPRできる
3. SNSを通じてより多くの人に情報拡散ができる

以上の3つのポイントがあげられ、一方YouTuberを使うデメリットは、

  • YouTuberとコラボした場合、YouTuberのイメージと、話題になる動画制作を重視するあまり、企業イメージとかけ離れてしまうケースもあります。そのためYouTuberのキャスティングは重要で、どこまでがYouTuberの裁量範囲かを明確に決めておく必要があります。
  • YouTubeで活動するYouTuberは、規約に反すると判断されると動画が削除されるリスクがあるため、YouTubeの規約変更は、常日頃からチェックをする必要があります。

2.YouTubeチャンネルの活用

YouTubeは、動画を配信するたけで多数の人々がその動画をみています。最新動画は、投稿するとお知らせ機能で目立つように表示されるので、マーケティングに活用しやすいのが特徴です。

YouTubeチャンネルを活用する目的は大きく分けて2タイプあります。 

  1. 商品PR
    YouTubeは動画を自由に制作、配信することができるうえ、投稿料は無料で利用できます。商品の使用方法や使用感をダイレクトに視聴者に伝えることができるので商品PRに活用する企業が増えています。
  2. 広告収益
    YouTubeは、ある一定条件に達すると広告が表示され収益が得られるような仕組みになっています。そのためYouTubeのチャンネルを新規事業として進出する企業も増えています。

YouTubeチャンネル活用の手法は、YouTubeチャンネルを使ってファンを増やし、企業やブランドの認知度を高めYouTubeにブランドや企業としてチャンネルを持ち、動画を通じて新商品や企業からさまざまなアイデアや情報を提供することでチャンネル登録者数を獲得して認知度を高め、商品購買につなげる方法があります。

YouTuberを使ってPRをする

YouTUberにはフォロワーやチャンネル登録者数が多く、影響力を持つ人も多数います。彼らのチャンネルを活用して、新商品のPRをすると話題になって新商品のPRにもなります。

YouTubeには動画の前後や途中に広告を配信する仕組みがあります。この広告枠を利用すれば、再生回数が多い動画で企業の商品PRをすることができます。

再生回数が多い動画では、多数のターゲットの目に入る可能性があるために効率的なPR活動につなげられます。

YouTubeを活用したメリットは、動画の種類の多さとユーザー数の多さと年齢層の広さ、そして広告の種類が動画を活用した方法の他にも3種類の広告枠があります。

  • インストリーム:動画の前後や合間に流れる広告です。
  • バンパー広告:スキップ不可で6秒の動画     
  • アウトストリーム広告:モバイル専用の広告でサイト、アプリなどYouTubeではなくネットワークに配信されます。
  • ディスカバリー広告: 検索画面、動画再生ページに表示される見出し、説明文、動画再生ページをクリックすると指定のYouTubeの動画ページに誘導します。

その一方でYouTubeを活用したデメリットもあります。YouTubeは誰でも動画を配信できる手軽さはありますが、動画の人気や話題を作りチャンネル登録者数を確保するためのノウハウがあり、チャンネルを開設したから人気がでるものではありません。

動画は常に更新されないとチャンネル登録をした人に飽きられてしまう可能性もあります。そのため、常に新しい動画の企画、制作をして配信する必要があり、チャンネルの目標登録者数に到達するまでに時間がかかることもあります。   

3.YouTubeの広告配信(Google広告)

YouTubeはGoogle広告にリンクすることができます。ユーザー属性とオーディエンスが設定できるので、効果的な広告戦略として活用することが可能です。

YouTube広告配信(Google広告)の目的は

  •   認知:商品、サイト、サービスを知ってもらいたい時に活用する  
  •   比較検討: 自社の商品、サイト、サービスなどを他社と比べて購入を検討してもらう時に活用する
  •   獲得: 自社の商品やサービス、サイトの利用者を獲得する時に活用する

その手法として前述のような広告枠があります。YouTubeの広告配信のメリットは、

  1. 適切なユーザーをターゲットにしてリーチできる
  2. ユーザーの記憶に残りやすい動画と音でアプローチできる
  3. 動画の再生回数から数値で効果を測定できる

以上のようなことが挙げられます。またデメリットとしては、

  • 広告をスキップできるので、見てもらえない可能性がある
  • 見たい動画の前に広告を強制的に見ないと動画が見られない設定をした場合、ストレスから悪いイメージに結びつくリスクがある
  • ポリシーに適切かどうかを審査が必要なため、動画配信までに時間がかかる可能性がある

などが挙げられます。  

企業がYouTubeを利用して得られる宣伝効果はどのくらい?

YouTubeマーケティングがこれまでのWebマーケティングとは比較にならない効果を生み出すことは分かったと思います。
では実際にどれくらいの効果があるのでしょうか。

まずなにより、コストが最小限で始められるのが大きなメリットです。
動画でマーケティングといえばテレビという巨大メディアがありますが、4桁万円が当たり前の世界です。一方のYouTubeはチャンネル開設の場合、人件費こそ必要なものの、制作等を外注しなければ初期費用は0円。広告を出稿する場合でもコストはかかったとしてもテレビの10~100分の一以下で可能です。

実際の宣伝効果については企業や市場の規模により一概には言えませんが、問い合わせが数十倍に増えた、売り上げが10倍になった、世界中から注文が入るようになった、など驚くほどの費用対効果が得られたという声は枚挙にいとまがありません。

YouTubeマーケティングの成功事例としてアメリカで紹介されることが多いのは「Squatty Potty」という幼児の為のトイレの足置きの事例です。

「ユニコーンが用を足す」という視聴者の興味を引き付けるコンテンツを使いつつ、テキストや写真では伝えきれない商品の魅力を動画で表現し、動画アップ後に4,500万ドル(約5,000万円)という業界内ではかなり高額な売り上げを記録したことで話題になりました。

このように企業がYouTubeを利用して得られる宣伝効果は使い方によってとてつもなく大きな成果を生むことができるのです。

YouTubeマーケティングが企業へ与える影響

TVCMのみならず、YouTubeマーケティングも行う企業が増えていますが、どのような影響が与えられるのか気になるのではないでしょうか。

結論を言うと、YouTubeマーケティングが上手くいくと新規顧客やファンの獲得・自社商品やサービスの認知度拡大が期待できます。

YouTube動画やチャンネルの概要欄には、企業の公式サイトや商品購入ページなどのURLを貼っておけるので、自然と自社商品利用へと流入しやすいです。

またTVCMに比べるとYouTubeマーケティング方が、スマホ1つで手軽に見てもらいやすいので、若い世代を始めとする新規顧客獲得など可能性の幅が広がるでしょう。

ただし、動画の質次第では、企業や自社商品へ悪い印象を与える恐れがあるので、YouTubeマーケティングを始める際には十分な準備が必要です。

YouTubeマーケティングを行う企業の成功事例3選

ここでは実際にYouTubeマーケティングに取り組み、成果につなげている企業3社を紹介します。

1.ラクジュ建築と不動産

ラクジュ建築と不動産

ラクジュ建築と不動産

https://www.youtube.com/user/lakuju1
建築設計事務所のラクジュが運営しているチャンネルです。2019年の10月に登録者数1万人に到達。そのわずか半年後には登録者5万人を突破しています。


「住まい」という一生の中でも高額な買い物を決断する際、購買欲求のある潜在的な客層は通常の買い物よりも念入りにリサーチするはずです。
ラクジュ建築と不動産チャンネルでは視聴者のニーズを意識したテーマで動画の作成を行い、YouTubeマーケティングでの醍醐味である公式サイトへの誘導や問い合わせの導線を実現しています。

2.SHIMANO TV公式チャンネル

SHIMANO TV公式チャンネル

SHIMANO TV公式チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCyQPjGIF39ZqBcXWiJcBWMg
釣具メーカーのシマノが運営する公式チャンネルです。登録者数は28万7,000人(2020年5月現在)。販促、宣伝、ブランディングの3つを同時に実現しており、企業YouTubeチャンネルのひとつの理想形といえます。

YouTube運営を成功させる要素にはファンがいることも重要です。同社の釣具には愛用者がすでに多数います。そうしたファンに実際に使用している動画はこれ以上ない販促につながります。大物が釣れれば製品の宣伝としても申し分ありません。

釣り自体に多くの愛好者がいることはコンテンツ企画面でも有利です。YouTube運営をする上であらゆる好条件が揃っている中で、惜しみなく投資して見ごたえのある動画をコンスタントに更新しており、そこが登録者を増やし続けることに貢献しています。同時に見ると釣りをしたくなります。つまり需要喚起にも貢献しているのですから言うことはありません。

自社の製品やサービスにはファンにつながる要素はあるのか。そこから逆算することで、成功確率の高いYouTube運営ができるかがある程度みえてきます。このチャンネルの各要素をあなたの企業のリソースとすり合わせながらどこまでできそうか、その可能性を見極めてみるといいかもしれません。

また、YouTubeマーケティングの特徴としてコメント欄などでのコミュニティ形成が成されることも大きな成功要素になっています。

企業YouTubeチャンネルで潜在顧客となる視聴者がコメントやリアクションで参加することで、企業ブランドへの愛着心がぐっと加速するのです。

3.LOGOS公式YouTubeチャンネル

LOGOS公式YouTubeチャンネル

LOGOS公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/outdoorlogos

ファミリーアウトドアブランドのLOGOSが運営するチャンネル。登録者数は1万7000人ですが、動画の再生回数は平均して1000回を超えるものも多く安定した人気をキープしています。

内容はアウトドアグッズの使い方の他、同社の女性社員2人がYouTuberとして同社の製品を活用しアウトドアを楽しむ動画などで構成されています。
社員をうまく活用しながら製品の紹介も兼ね、そして動画の概要には一緒に働くメンバー募集のリンクも貼り付けてあります。

新型コロナウイルス感染症で外出自粛時の投稿では、自宅からリモートで動画を投稿。こうしたスタンスも共感を呼んでいます。企業のYouTube運営のカタチとして、王道といえるとても参考になるチャンネルといえます。


LOGOSのように、商品を扱う企業であればハウツー系の動画を活用することで、顧客の購買前のアプローチを行いつつ、購買後顧客のアフターケアとしても動画コンテンツを活用することができます。

商品系企業とYouTubeマーケティングの親和性は非常に高く、戦略を立てたチャンネル運営を行うことで成功確率がグンと上がってきます。

YouTubeマーケティングをするメリット・デメリット

YouTubeマーケティングにはメリットだけでなくデメリットも存在します。

YouTubeマーケティングのメリット・デメリットを把握していないと、想定していたリターンが得られないなどのトラブルを招く恐れがあります。

YouTubeマーケティングのメリット・デメリットを把握することで、トラブルに見舞われずに、適切な状況でYouTubeマーケティングを行うことが出来ます。

YouTubeマーケティングのメリット・デメリットを把握し、YouTubeマーケティングを成功させましょう。

YouTubeマーケティングのメリット

YouTubeマーケティングのメリットは3つあります。

1つめのメリットは、「共有出来る」という点です。SNSやWEBサイトに動画共有出来るため、高い宣伝効果が期待できます。

2つめのメリットは、「無料で始められる」点です。YouTubeに動画を投稿する際の掲載料はかかりません。加えて、予算をかけずに動画を作成すれば、作成から掲載まで一切費用はかかりません。3つめのメリットは、「分析が出来る」点です。

YouTubeでは、公式からYouTubeアナリティクスという分析ツールが配布されています。そのため、自身の動画にどのような属性のユーザーが興味を持ったのかを知ることが出来ます。

加えて、自身が届けたいユーザー層向けに、動画を改善していく事も可能です。

このように、YouTubeマーケティングは無料で始めることが可能で、高い宣伝効果が期待できます。さらに自身の動画を通して分析を行うことが出来ます。

YouTubeマーケティングのデメリット

YouTubeマーケティングのデメリットは2つあります。

1つめのデメリットは「実力次第」という点です。芸能人など、もともと有名な方のチャンネルであれば、チャンネルを開設してすぐに100万人のチャンネル登録者数を獲得する場合もありますが、一般企業の場合は異なります。

一般企業の場合、一般的にはコンテンツ自体に力がある場合でも、チャンネル登録者の増加は緩やかなものになります。

2つめのデメリットは「宣伝が難しい」点です。

YouTubeは人気コンテンツを探しやすい半面、そうでないコンテンツは探しづらいWEBサイトです。そのため、宣伝が難しいといえます。

このように、YouTubeマーケティングは成果を出すまでに時間がかかり、宣伝が難しいといえます。

YouTubeマーケティングの依頼/相談でおすすめの会社3選

YouTubeマーケティングを依頼したいけれど、企業が多すぎてどの企業に依頼したら良いか分からないと悩んでいませんか。

適切な企業を選ぶことで予想以上の成果を上げられた事例もあります。

そのため、この記事ではYouTubeマーケティング力の優れた企業を3社紹介します。

自身に合った企業を選択し、YouTubeマーケティングを成功させましょう。

YouTubeマーケティングのメリット

YouTubeマーケティングのメリットは3つあります。

1つめのメリットは、「共有出来る」という点です。SNSやWEBサイトに動画共有出来るため、高い宣伝効果が期待できます。2つめのメリットは、「無料で始められる」点です。YouTubeに動画を投稿する際の掲載料はかかりません。加えて、予算をかけずに動画を作成すれば、作成から掲載まで一切費用はかかりません。3つめのメリットは、「分析が出来る」点です。YouTubeでは、公式からYouTubeアナリティクスという分析ツールが配布されています。そのため、自身の動画にどのような属性のユーザーが興味を持ったのかを知ることが出来ます。加えて、自身が届けたいユーザー層向けに、動画を改善していく事も可能です。

このように、YouTubeマーケティングは無料で始めることが可能で、高い宣伝効果が期待できます。さらに自身の動画を通して分析を行うことが出来ます。

YouTubeマーケティングのデメリット

YouTubeマーケティングのデメリットは2つあります。

1つめのデメリットは「実力次第」という点です。芸能人など、もともと有名な方のチャンネルであれば、チャンネルを開設してすぐに100万人のチャンネル登録者数を獲得する場合もありますが、一般企業の場合は異なります。一般企業の場合、一般的にはコンテンツ自体に力がある場合でも、チャンネル登録者の増加は緩やかなものになります。2つめのデメリットは「宣伝が難しい」点です。YouTubeは人気コンテンツを探しやすい半面、そうでないコンテンツは探しづらいWEBサイトです。そのため、宣伝が難しいといえます。

このように、YouTubeマーケティングは成果を出すまでに時間がかかり、宣伝が難しいといえます。

YouTubeマーケティングの依頼/相談でおすすめの会社3選

YouTubeマーケティングを依頼したいけれど、企業が多すぎてどの企業に依頼したら良いか分からないと悩んでいませんか。

適切な企業を選ぶことで予想以上の成果を上げられた事例もあります。

そのため、この記事ではYouTubeマーケティング力の優れた企業を3社紹介します。

自身に合った企業を選択し、YouTubeマーケティングを成功させましょう。

株式会社TUUUBE

株式会社TUUUBEは、YouTube動画の企画から制作や、チャンネルの運用まで依頼できる会社です。

株式会社TUUUBEは高いマーケティング力で競合分析を行った後に企画・制作を行うため、質の良いサポートを受けることが出来ます。映像公開後のサポートも充実しており、長期的な成長が期待出来ます。

株式会社TUUUBEにYouTubeマーケティングを依頼する場合は、「コンサルティングプラン」「運営代行プラン」「動画制作プラン」という3つのプランがあります。

料金は「コンサルティングプラン」が10万円~。「運営代行プラン」が30万円~。「動画制作プラン」が相談後見積もりとなっています。

コンサルティングプランは経験豊富なコンサルタントが競合分析や施策立案を代行するプランです。データ分析から視聴者のニーズを把握し、新しい切り口で施策を打ち出します。

運営代行プランは動画の企画や制作を代行するプランです。工数を掛けずにYouTubeチャンネルを運営したい方におすすめのプランです。動画制作プランは、撮影や編集、サムネイル制作を代行するプランです。

株式会社株式会社pamxy

株式会社pamxyは、YouTube動画の企画から改善、VSEO対策まで一貫して依頼できるYouTube運用代行会社です。

チャンネル登録者数80万人を超える「あるごめとりい」や、「ナイツ塙の自由時間」をプロデュースしたことで有名です。

株式会社pamxyはSNSを用いたマーケティングまで一気通貫で支援を行っているため、YouTube運用を全てお任せしたいという方におすすめの企業です。

株式会社プルークス

株式会社プルークスは、動画制作から配信までワンストップで手掛ける、動画制作・動画

マーケティング会社です。

株式会社プルークスの高い動画制作力で動画マーケティングプランを提案しています。実際に「KDDI」や「ファミリーマート」など、多数の有名企業の広告を手掛けています。

動画制作に力を入れたいという方におすすめの動画マーケティング会社と言えます。

YouTubeマーケティングで利用すべきツール

YouTubeマーケティングを行う上で、利用するべき分析ツールが3つあります。

分析ツールを用いて、自身のチャンネルの分析を行わなければ、自身のチャンネルの問題点を把握し、改善することが出来ません。しかし、適切に分析ツールを使いこなすことで、コンテンツの質は高まり、チャンネル登録者数を増加させることが出来ます。

そのため、分析ツールの特徴を把握し、上手に使いこなしましょう。

YouTube studio

YouTube studioとは、YouTubeチャンネルを開設すると利用出来る無料ツールのことです。動画の投稿から、分析や収益確認まで一貫して行うことが出来ます。例えばサムネイルの登録や動画編集を用いて、動画投稿が出来ます。加えて、インプレッション回数や総再生回数を確認することで、分析が可能です。収益化に関しては、「チャンネル登録者数1000人以上」や「過去12ヶ月の動画の総再生時間4000時間以上」などの条件を満たすことが必要です。

自身のチャンネルを分析する際には是非利用しましょう。

YouTube Keyword Tool

YouTube Keyword Toolとは、キーワードの検索ボリュームや、関連キーワードを調べるツールです。

キーワードごとの需要を調べることが出来るので、今後のチャンネルの方針を決めるのに役立ちます。

YouTubeでの需要を調べる際には是非利用しましょう。

NoxInfluencer

NoxInfluencerとは、YouTubeチャンネル分析ツールのことです。

NoxInfluencerの特徴は、自身のYouTubeチャンネルだけでなく、競合のYouTubeチャンネルの分析が出来る点です。細かい分析はもちろん、チャンネルの比較を通して改善点を見つけ出すことも可能です。

自身のチャンネルの改善点を見つけ出したいときに是非利用しましょう。

YouTubeマーケティングをする上で読んでおきたい本3選

YouTubeマーケティングを行う上で、まずはYouTube運用方法や成功事例などを知ることが大切です。

そこでYouTubeマーケティングに役立つ情報が知れるであろう、読んでおきたいおすすめの本3選をご紹介します。

改訂 YouTube 成功の実践法則60

インプリメント株式会社取締役会長である木村博史氏が著書した「YouTube 成功の実践法則53」の改訂版です。

YouTuberや動画クリエイターが教えたくないような動画制作など、人気動画にするための秘訣がつづられています。

具体的には、機材選び・台本の作り方・絵コンテの作り方・音楽について・編集の仕方など、動画制作テクニックを記載されています。

機材選びからノウハウが記載されているので、これからYouTubeマーケティングを始める場合にも参考となるでしょう。

またチャンネル登録者数や再生回数が伸び悩んでいる方は、この本を読んで今一度企画や編集の仕方などを見直してみると良いです。

世界一やさしい ブログ×YouTubeの教科書1年生

ブログの第1人者と言われている染谷昌利氏と、先ほどご紹介した改訂 YouTube 成功の実践法則60の著書である木村博史氏がタッグを組んで著書した本です。

アクセスが絶えないブログを作り上げるには、YouTubeをフル活用すれば良いという結論が起点となり、ブログのノウハウを始め動画制作や活用方法などのYouTubeのノウハウも記載されています。

一見ブロガー向けの本だと思われがちですが、YouTubeマーケティングをきっかけにブログを始める際にも役立つ情報が盛り沢山です。

またYouTubeライブ・ZoomVideo・ヤフオク!ライブをブログで活用するテクテックなども記載されており、ブログ×動画の可能性についての知識が身につけられるでしょう。

YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち

YouTubeの副社長であるロバート・キンセルが著書した本であり、各界のトップランナーたちが注目しています。

YouTubeの先進国であるアメリカのYouTuberの成功事例などが綴られており、海外のYouTuber事情を知りたい方におすすめです。

具体的には、「YouTube広告が大ブレイクした大企業」や「YouTube発の作家が全世界で2,000万部を売り上げた」など、YouTubeをきっかけに事業が成功した事例が綴ってあります。

YouTubeマーケティングで成功を図っている企業は、まずYouTubeを活用した成功事例を知ることが大切です。

またYouTubeは世界各国で配信・視聴できるメディアであるので、この本をきっかけに日本のみならず世界で注目されるようなコンテンツ作りにチャレンジしてみましょう。

YouTubeマーケティングを活用して宣伝効果を実感せよ

絶大な効果が期待できるYouTubeマーケティング。これには他のWeb戦略と大きく違う効果があります。それは視聴者の反応がダイレクトにあることです。動画の内容によりますが、例えば代表が出演して語るタイプのコンテンツを軸にしている場合には、ちょっとした有名人になったような反応があることも珍しくありません。

それはつまり、YouTubeが代表の分身として勝手に全国の潜在顧客に代表の宣伝しているのと同じことなのです。よく「私が2人いたらいいのに」と話す代表がいますが、使いようによってはYouTubeは分身としての役割を果たしてくれるのです。

もちろんそれは商品やサービスの訴求でも同じです。テキストや画像ではどうしても伝えられないニュアンスや情報はあります。その壁を突破できるYouTubeによる情報発信には、想像を超える波及効果があるのです。

YouTubeマーケティングでは、チャンネル開設以外にも広告出稿やインフルエンサーを活用する手法もありますが、いずれを活用するにしてもこれまでのどのメディアよりも費用対効果が高いのがYouTubeを活用したマーケティングであることは間違いありません。

株式会社TUUUBEではYouTubeチャンネルの運営代行を支援

企業YouTubeマーケティングを行いたいと考えている方の中には、なかなかチャンネル運営や成長がうまくいかずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

YouTubeチャンネルを限られたリソースと経験の少ないメンバーで成功させることは非常に難しいのが現実です。
YouTubeチャンネルを有効活用する為に、YouTubeに関するプロをパートナーとして迎えることは大変有効な手段です。

本メディア「LaboTube」を運営する株式会社TUUUBEもYouTube運営代行やコンサルティング、動画制作代行を行うYouTube領域のスペシャリスト企業です。

TUUUBEのYouTube運営代行

TUUUBEのYouTube運営代行

ジャンルを問わない企業のYouTubeチャンネル運営の支援事業はもちろん、国内最大規模のYouTube情報メディア「LogTube」の運営を行うなど、創業以来YouTubeにまつわる事業を最先端で行っているため、YouTubeに関するノウハウや経験値は国内でも随一となります。

YouTubeチャンネルの開設を考えている企業様は、まずはお気軽にTUUUBEにご相談下さい。

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

YouTube を活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を行なっています!!
また Web 広告動画や YouTube 動画の受託制作でも多数の実績があります!!

ご相談・各種お問い合わせはこちら