• NEWS
  • 最終更新日:2022.09.28

YouTubeチャンネルの登録者数を増やす方法11選|チャンネル登録者を増やすポイントを徹底解説

「YouTubeチャンネルを開設したものの登録者数が伸びてこない」「施策は打っているのに結果につながらない」

こんなお悩みはありませんか?一生懸命制作したコンテンツが誰にも見られていないという状況は精神的にも非常に辛いもの。

そこで本記事では、以下の3つをメインにYouTubeチャンネルの伸ばし方を解説します。

・伸びないYouTubeチャンネルの特徴と原因
・YouTubeチャンネルを伸ばす方法11個
・YouTubeチャンネルの登録者数を伸ばす近道

多数のYouTubeチャンネルのプロデュースを成功に導いた他、国内最大級のYouTubeニュースメディア「LogTube」の運営を行う株式会社TUUUBE「YouTubeチャンネル登録者数の伸ばし方」をテーマにチャンネル運用の基本を解説します。

今YouTubeチャンネルの運営でお困りのことがあれば、以下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。YouTube運用/YouTubeマーケティングに精通した担当者が最短即日でお答え致します。

お問い合わせ

YouTubeチャンネルの登録者数を伸ばす目的とは?

YouTubeチャンネルの運用を始める目的やその人や企業によって様々ですが、前提としてチャンネル登録者数や再生回数が増えなければ目的を達成することはできません。

YouTubeチャンネルを開設して動画コンテンツの投稿を始めたにも関わらず、チャンネル登録者数が伸びない場合には必ず原因が存在します。

1.広告収益

YouTubeで広告収益は、視聴者が動画を視聴し広告主からYouTubeに広告料が支払われ、そのうちの一部を動画投稿者が受け取れる仕組みとなっております。

広告収益を得るには、3つの条件を満たす必要があります。

1つ目の条件は、直近1年間の再生時間の合計が4,000時間を超えていることです。再生回数ではないので、投稿本数を増やせばクリアしやすい条件です。

2つ目の条件は、チャンネル登録者数が1,000人以上であることです。チャンネル登録は、動画再生よりも少しハードルが高いので、先ほどご紹介した1つ目の条件よりもクリアするのは難しいです。

動画の質の向上がチャンネル登録につながりやすく、「これからも動画を見たい」と思わせるような内容を目指しましょう。

3つ目の条件は、YouTubeの収益化ポリシーに遵守した動画であることです。例えば著作権を無視した動画や、個人情報漏洩につながる動画などは、YouTubeの収益化ポリシーに反すると見なされ、収益化の対象とはなりません。

さらにYouTubeの収益化ポリシーに反する動画は、収益化の対象外どころか、削除される可能性があるので注意しましょう。

2.ビジネスやサービスの認知度獲得

YouTubeは、ビジネスや提供サービスをより多くの方に認知してもらえるきっかけとして効果的です。

ビジネスやサービスの認知度を獲得するためにYouTubeチャンネルを伸ばしたい場合は、動画内容や動画の長さなどを工夫する必要があります。

特に動画内容は、長ければ良いのではなく、簡単な言葉で短く分かりやすい動画にすると良いでしょう。「見飽きない」と思わせると、視聴からすぐに離脱するのを防げます。

またより見やすい動画にするために、音声と動画だけではなく、字幕をつけると良いでしょう。耳が不自由な方にも視聴してもらえるだけではなく、寝る前に音量を下げて視聴する方にとっても便利です。

視聴してもらいたい層を特定するのも大切ですが、幅広い方々に視聴してもらえるようなコンテンツ作りも必要です。

YouTubeで動画を配信していると拡散するために、TwitterやInstagramなどのSNSと共有したり、他のYouTuberとコラボするのもおすすめです。

3.既存ビジネスへの流入口

YouTubeでは、チャンネルや投稿動画の概要欄にURLが貼れるので、動画視聴をきっかけに既存ビジネルへの流入を促せます。

さらにYouTube運用において、検索エンジンや急上昇などで上位に表示されると、視聴回数やチャンネル登録者数の増加が見込めます。

ただし検索上位に表示されるには、SEO対策が欠かせません。

YouTubeでのSEO対策は、通常のWebサイトでのSEOではなく動画SEOにおける対策が必要です。タイトル・説明文・タグの活用・動画の内容などがポイントとなります。

特に動画の内容に関しては、再生開始から5秒間の内容が視聴継続につながるのかが重要です。

検索上位に表示されるようにSEO対策を行い、概要欄などに既存ビジネルへの流入口となるURLを貼っておくと、既存ビジネルユーザーも増加しやすいでしょう。

YouTubeチャンネルの登録者数が伸びない理由|3つの原因とは?

具体的なチャンネル登録者数の伸ばし方を解説する前に、本項ではまずYouTubeチャンネル登録者数が伸び悩む3つの原因を見ていきましょう。

1.投稿数が少ない

YouTubeへの投稿は1分間につき500時間増えていると言われており、YouTubeの検索エンジンは常に新しいコンテンツをインデックス(YouTubeのデータベースに情報をダウンロード)し続けています。

YouTubeのアルゴリズム上、継続的に動画を上げ続けているチャンネルの方が露出回数が多くなると言われています。

同じジャンルのライバルよりもコンテンツ数が劣っている場合は、ライバルチャンネルの方がYouTubeの「おすすめ機能」にレコメンドされることが多く、結果的にユーザーの目に付き辛くなりチャンネル登録者数が増えない原因となります。

チャンネル登録者数の伸ばし方において最初は質より量とよく言われるのはそうしたことが要因となっています。

2.コンテンツの内容が視聴者のニーズとずれている

一生懸命シナリオを練り上げ、渾身の一本を作り上げたとしてもそれがユーザーニーズに合致していなければチャンネル登録をされる以前に見られません。

よくあるニーズがズレている例は「不動産 選び方」という検索キーワードに対して、おすすめの不動産物件を紹介するコンテンツを作ってしまうこと。

ユーザビリティーを無視したコンテンツは、視聴維持率が低くなりライバルチャンネルの方が評価の高いコンテンツとなり、視聴回数が増えず視聴者の目につかなくなります。

このようなニーズのズレは、共起語を意識してコンテンツを作ることで解消できます。
共起語とは、特定のキーワードを検索するユーザーが他に検索しているキーワードのこと。上記の場合「不動産 選び方」と検索するユーザーが他にどんなキーワードを検索しているかで、ユーザーの「本当に知りたい情報」が見えてきます。

共起語は検索エンジンの検索窓に「検索されたいキーワード」を入力することでサジェストとして出てきます。

これらの共起語からユーザーの知りたい情報を入念にリサーチすることで、作るコンテンツの内容は明確になります。

3.更新頻度が不定期

ユーザーがチャンネル登録する心理は考えてみましょう。
「このチャンネルの配信動画はいつもためになるから毎回見たい」「興味のあるテーマを毎回配信しているから更新コンテンツは常にチェックしたい」

そうした理由からチャンネルとしてその配信内容に興味を持つことが動機としては多くなるはずです。

逆にいえば、内容に興味を持っても更新頻度が少なかったり、いつ次のコンテンツが配信されるのか分からなければ、動画自体は高評価されたとしてもチャンネル登録には至らないでしょう。「毎週何曜日の何時から」と告知するくらいに配信ペースを固定化すれば、チャンネル登録者の動機が強まるでしょう。

更新頻度を高めて定期的にすることでYouTube内のアルゴリズムでも有利に働くというメリットもあると考えられています。

YouTubeチャンネルの登録者数の伸ばし方|運営方針編

ここからは実際にYouTubeチャンネルの登録者数を伸ばす方法を解説していきます。

YouTubeチャンネルの登録者数を伸ばすには、チャンネルのジャンルや内容に関わらずある程度共通したポイントで意識するべき項目が複数存在します。

基本的なポイントから応用の要素まで、YouTubeチャンネルの登録者数の伸ばし方を見ていきましょう。

【Youtubeチャンネル】登録者数の伸ばし方

チャンネル運営方針の見直し

YouTubeチャンネルの登録者数を伸ばす為に、まずは運用しているチャンネルの方針を見直してみましょう。
・あなたのYouTubeチャンネルに登録して欲しいターゲットはどの性別で何歳ぐらい、趣味嗜好はどんな人ですか?
・チャンネル名/チャンネルアート/アイコンはターゲットの好みと一致しますか?
・ターゲットにどんな価値を提供するチャンネルか言語化できますか?

1つでも言葉に詰まる場合、しっかりとチャンネル運営方針を練り直した上で登録者数を増やす施策に移りましょう。

また運営方針を見直す際に需要のあるジャンルを選ぶということも非常に重要です。
視聴者の絶対数が多い方がチャンネル登録者数を伸ばしやすくなることは自明ですので、需要のあるジャンルで需要のある動画を投稿するという基本は常に意識すると良いでしょう。

投稿頻度・更新頻度の計画を立てる

更新頻度はチャンネル登録の判断をする上で重要な要素です。
これは、単純に多くの動画を投稿した方が動画が見られる可能性が高まるというロジックでは無く、短期間で数本ペースの動画がアップされることでYouTube上のアルゴリズムが働きやすくなる効果がある為です。

2021年現在にチャンネル登録者数を伸ばしているYouTubeアカウントを分析すると、最低でも週1回の更新が必要だという全体傾向があります。
また、もし「短期間で成果を出したい」「競合チャンネルに優位性を付けたい」という場合は週3回以上の投稿を意識するべきでしょう。

加えて投稿頻度や更新に一定の法則を持っていればユーザーのルーティーンに動画の視聴を組み込まれる可能性も上がってきます。
「毎週月曜日の20時にアップされるので仕事終わりの楽しみにしよう」など、と言った風にユーザーを意識させることでファン化の心理をそそることができます。

トレンド性の高い動画を制作する

トレンド性の高い動画を制作することは新規ユーザーとのタッチポイントになる可能性が高く、チャンネル登録者数を伸ばす上で非常に重要なポイントです。

トレンド性のある新しいキーワードに対しては、既に登録者数が多いチャンネルよりも早いタイミングで動画をアップする等の差別化をすることによって視聴者のシェアを奪うことができる可能性があります。

トレンド性のあるキーワードで新規視聴者を獲得することはチャンネル登録者数を伸ばす為に非常に重要なアプローチです。

YouTubeチャンネルの登録者数の伸ばし方|コンテンツ制作編

ここではYouTubeのコンテンツ制作において、チャンネル登録者数を伸ばすためのポイントを解説します。

コンテンツ制作のマニュアルが整っていない場合は、以下で解説する4つのポイントを意識してみましょう。

価値のあるコンテンツを作成する

YouTubeチャンネルの登録者数を増やす方法で最も重要とも言えるのが「価値のあるコンテンツを作成する」というポイントです。
一見難しいポイントに思われますが、分析項目が充実しているYouTubeではユーザーが判断する「価値のあるコンテンツ」を定量的に分析することが可能です。

価値のあるコンテンツを作成する

値のあるコンテンツ

既存の動画の総再生時間や平均再生率のほか、平均視聴時間、視聴者維持率、平均セッション継続時間を確認し、どのトピック/ジャンルがエンゲージメントが高いのか、チャンネル運営者がまずは理解している必要があります。

その上で視聴者のエンゲージメントが最も得られるようなコンテンツの作成に集中することがチャンネル登録者数増加への第一歩となります。
YouTubeチャンネルの詳しい分析方法に関しては以下の記事でご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

【初級編】YouTubeチャンネルの分析方法は?YouTubeアナリティクスの見方や見るべき指標を解説

オープニングは簡潔に最初の30秒を意識する

チャンネル運営者側と視聴者側の意見が食い違いやすいのが「オープニング」部分です。
YouTubeチャンネルの登録者数を増やす為には、タイトルとオープニングは約5秒に収める簡潔なものにしましょう。

せっかく動画を視聴してくれたユーザーの中には、長すぎるオープニングのせいで他の動画に遷移してしまう人も一定数いるようです。
チャンネル運営者の心理では拘って長いオープニングを作ってしまいがちですが、オープニングは簡潔に動画の概要が伝わるものになっていることが重要です。

目安として、最初の30秒で動画の導入をすると良いでしょう。

サムネイルの検証は念入りに

サムネイルの検証は念入りに

サムネイルの検証は念入りに

YouTubeチャンネルの登録者数を増やすには、まずチャンネル内の動画を視聴して貰う必要性があります。
あなたの動画がユーザーに表示されてから実際に視聴されるかは、多くの場合サムネイルのCTRに依存しています。

また、YouTubeSEOにおける検索順位の決定にも動画のCTRは大きな影響要素となりますので拘る必要があるのは自明ですよね。

サムネイルに出演者の顔を含める/背景色とのコントラストを付けるなど基本施策はもちろん、Google AdWordsを使ってどのサムネイルが最大視聴率を取得できるのかテストしてみるなど、チャンネル内での検証も必要です。

視聴者のアクションを誘導する

YouTubeチャンネルの登録者を増やしたいのであれば、視聴者にアクションの提案をすることはとても大切です。

「カスタムチャンネル登録ボタン」や「動画カード」でユーザーの具体的なネクストアクションを提案したり、アップロードの際のタグの活用も有効な施策になります。

「カスタムチャンネル登録」の設定

ユーザーへのチャンネル登録導線はできるだけ多く設定しましょう。
https://support.google.com/youtube/answer/2657968?hl=ja

動画カードの活用

他の動画や再生リストへの誘導枠として動画カードを活用しましょう。
ユーザーの回遊やファン化に繋がる有効な施策となります。

タグの最適化

キーワードや関連語、共起語などのLSIキーワードをタグに設定しましょう。

終了画面を追加する

終了画面は、動画の最後に5〜20秒ほど追加できます。終了画面では、動画やチャンネル登録画面、Webサイトなどを掲載可能です。チャンネル登録ボタンを設置してチャンネル登録者数の増加を図ったり、動画のリンクを貼り再生時間の増加を狙ったりできます。

また、終了画面からのクリック率も確認できます。確認できるのは以下の3つです。

  • 表示回数
  • クリック数
  • クリック率

終了画面で何を載せればクリック率が上がるのか?など、データをもとに分析・改善ができるのも魅力です。ぜひチャンネル登録者数増加のためにお試しください。

YouTubeチャンネルの登録者数の伸ばし方|YouTubeSEO対策編

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすには、YouTubeSEO対策を行うことが欠かせません。

ここではYouTubeSEO対策において、YouTubeのチャンネル登録者数を伸ばすポイントを解説します。

YouTubeのおすすめ動画や検索上位に表示されるようになりたい場合は、ぜひ以下で紹介する4つのポイントを参考にしてみましょう。

YouTube SEOを意識した企画をする

専門的なイメージから敬遠されがちなYouTube SEOですが、チャンネル登録者数を伸ばしたいのであれば避けては通れない道です。

YouTube SEOでは主に「キーワード」「タイトル/説明文」「サムネイル」などのポイントが存在します。
コンテンツ作成の際にYouTube SEOを意識して投稿するだけで視聴される確率が何倍にも上がる可能性がありますので、まずは以下のポイントから意識してみて下さい。

キーワードの検索ボリューム

Googleキーワードプランナー等でキーワードの検索ボリュームを考慮して動画を作成するようにしましょう。
あまりにもボリュームの少ないキーワードを狙うことは、かえって生産性を低くすることに繋がります。

YouTube SEOのキーワードに関しては、下記の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

【企業向け】YouTube SEOはキーワードで決まる?効果的なYouTube SEOキーワード選定方法 簡単3ステップ!

タイトルを客観的に分析しよう

動画のCTRはサムネイルはもちろん、タイトルからも大きな影響を受けます。
キーワードを含めることはもちろん、クリックを誘発するフレーズを使用すると効果が上昇します。

動画アップ直後のCTRは、その後のYouTubeSEOでの順位に大きくかかわりますので、1担当者が主観的にタイトルを決定するのではなく、運用メンバーや第三者の客観的な意見を取り入れて策定しましょう。

説明文は視聴者目線を意識して

キーワードは文頭50字以内で使用しましょう。
最低でも500文字以上の説明文とし、全体でキーワードを3~4回使用するのがベターです。
特に視聴者目線を意識して、「もっと見る」ボタンがクリックされない範囲でどのように伝わるのかを意識しましょう。

YouTubeの順位がなかなかあがらないのは、YouTubeSEOが最適化できていないから。
YouTubeSEO対策のより実践的なノウハウは以下の資料で解説しています。株式会社TUUUBEの実装済みデータを元にYouTubeSEOを改善してみてください。

誰も教えてくれないYouTubeSEOで勝つ秘訣

YouTubeアルゴリズムを意識する

YouTubeアルゴリズムとは、視聴者の趣旨趣向や過去の閲覧・検索履歴から、最適な動画を分析する仕組みを指します。

YouTubeアルゴリズムで重要視される項目は、以下の通りです。

  • 検索キーワードとの関連性
  • チャンネル登録者数
  • 動画の長さ
  • 高評価やコメント、シェア数
  • 再生回数
  • 平均視聴時間
  • クリック率

検索キーワードとの関連性を高めるには、動画の内容とキーワードとの関連性を高めたり、タイトルやタグにキーワードを盛り込んだりすると良いでしょう。

また動画の長さは長いほど良いというわけではなく、コンテンツの質が高く離脱率が低いものがより評価されます。

タイトルや説明欄にキーワードを入れる

前述した通り、クリックを誘発するキーワードを入れることが重要です。タイトルや概要欄にキーワードを入れると、そのキーワードを検索した視聴者に動画が表示されます。

YouTubeヘルプによると、動画の検索では、動画のタイトルやサムネイル、説明の方がタグよりも重要です。

そのため、タイトルや概要欄にキーワードを入れて検索にヒットするようにして、追加でクリックを誘発するワードも入れて他の動画と差別化図るとクリックされやすくなるでしょう。

動画タグとハッシュタグを追加する

YouTubeの動画検索機能では、キーワード以外にタグとハッシュタグでも検索できます。

そのため、動画投稿時に、タグとハッシュタグも設定しておくとより検索にヒットしやすくなります。

タグは、スペルを間違えられやすいキーワードの動画コンテンツで効果を発揮しやすい機能です。

以下でタグとハッシュタグの付け方を紹介します。

タグの付け方(新規の動画投稿の場合)

  1. YouTube Studioにログインする
  2. 右上の作成ボタンから動画をアップロードを選択
  3. アップロードする動画ファイルを選択
  4. その他のオプションからタグを追加する

タグの付け方(投稿済みの動画に追加する場合)

  1. YouTube Studioにログインする
  2. 左側のメニューからコンテンツを選択、動画を選択する
  3. タグを追加する

ハッシュタグの付け方

  1. タイトルまたは説明に#を入力してからキーワードを入力する
  2. キーワードをもとに人気のおすすめのハッシュタグが表示される
  3. おすすめのハッシュタグを選択して同じハッシュタグがついた他の動画とともに宣伝が可能に

タイムスタンプとチャプター機能を活用する

YouTubeは動画により撮影時間に差があります。長い動画から、自分の知りたい情報だけを見たい視聴者のために、タイムスタンプを使ったチャプター機能を活用すると良いでしょう。

チャプター機能とは、動画に目次を設定して指定の時間までジャンプする機能です。ジャンプする分数と内容を記載したタイムスタンプを3つ以上使用するとチャプター機能が使えるようになります。

チャプター機能のメリット・デメリット3つ

チャプター機能のメリットとデメリットは以下の3つです。

  • 動画の離脱を防げる
  • SEO対策にもなる
  • 再生時間の評価基準は低くなる

目次でキーワードが記載されていると、目次から好きなところにジャンプできるため動画の途中離脱が防げる点と、説明欄にキーワードを入力するので、SEO対策にもなる点がメリットです。

一方で、デメリットとして動画の1部のみをスキップして見る視聴者が増えた場合、YouTubeの評価基準でもある総再生時間の評価が伸びにくくなる可能性があります。

チャプター機能の使い方

チャプター機能を利用する方法は2つあります。1つはYouTubeのシステムで自動作成する方法です。もう1つの自分で設定する方法を紹介します。

  1. YouTube Studioにログインする
  2. 左側のメニューからコンテンツを選択、編集する動画を選択する
  3. 説明欄に、タイムスタンプのタイトルとリストを入力する

注意点は以下の3つです。

  • 必ず00:00から始めること
  • 数字は半角で入力する
  • 3つ以上のタイムスタンプを昇順で並べること

タイムスタンプを利用したチャプター機能は視聴者にストレスなく長い動画を見てもらうためには重要な機能です。作成方法は簡単で、SEO対策も兼ねられるので、ぜひ活用してみましょう。

YouTubeチャンネルの登録者数の伸ばし方|分析編

 

YouTubeの登録者数を増やすためには分析も重要です。さまざまな観点から分析し、改善のために効果測定を行うことで、効率的に登録者数を増やせます。6つの分析項目を設定したので、これから分析に取り組みたいと思っている人は参考にしてください。

どのようなユーザー層にニーズがあるのかを分析する

YouTubeの登録者数の増加を狙うには、不特定多数に届けようとするのではなく、動画の方向性からターゲットを限定する必要があります。

YouTubeアナリティクスを活用した場合には、視聴者タブで視聴者の情報をチェックすると良いでしょう。視聴者に関する情報は以下のようなことがわかります。

  • リピーターか新しい視聴者か
  • 視聴者がアクセスしている時間帯
  • 視聴者の年齢と性別
  • 視聴者が見ている他のチャンネル
  • 地域分布
  • 字幕言語

以上のような項目から分析し、対象にしたターゲットと一致しているか、異なった場合どのように修正していくべきかを分析できます。

流入元(トラフィックソース)を分析する

トラフィックソースとは、視聴者がどの画面を経由してその動画に辿り着いたかがわかる機能です。YouTubeアナリティクス内のリーチの画面から確認できます。

大きく分けて、YouTube内か外部からの流入なのかに分類が可能です。詳しくは、以下のような場所から流入が考えられます。

YouTubeの内部トラフィック

  • ブラウジング機能
  • チャンネルページ
  • 終了画面
  • ショート画面
  • 通知
  • 再生リスト
  • 関連動画
  • YouTube広告
  • YouTube検索

YouTubeの外部からのトラフィック

  • 埋め込み動画のリンクがあるWebサイト
  • 埋め込み動画リンクのあるアプリ

トラフィックソースの分析をもとに、流入に強いところを強化、弱いところを補強するなどの対策ができます。

チャンネル登録率の高い動画パターンを分析する

YouTubeのエンゲージメントタブから、総再生時間の長い動画や再生リストを見られます。どのような動画がユーザーから好評だったのかを知るのは重要です。以下のような情報を分析すると良いでしょう。

  • 視聴維持率
  • 高評価率

視聴維持率は動画のどこで離脱されたのかがわかる指標です。この指標から、どこで飽きやすいのか、視聴者はどのような情報が必要か・不要かがわかります。

高評価率は動画のどのタイミングで高評価・低評価したのかがわかる指標です。この指標からも視聴者の必要な情報・不要な情報がどこにあるのかがわかります。

この2つの観点から分析すると、ユーザーのニーズの把握ができ、動画の質を高めることが可能です。

クリック率の高いサムネイルを分析する

YouTubeのクリック率は平均で4〜5%と言われています。そのため、クリック率が10%前後あればクリック率が高いと言えるでしょう。

サムネイルはクリック率に大きく関わる要素です。クリック率の高い動画のサムネイルで、以下の3つのような観点から分析してみましょう。

  • 視覚的なインパクト
  • 文字の量
  • 文字や画像の色合い

サムネイルは視覚的情報から動画へ誘導するので、見やすさや目立ちやすさなどの観点から他の動画に活用できるテクニックを探すと良いでしょう。

視聴維持率が高いコンテンツを分析する

視聴維持率は、動画のどこで視聴者が離脱したかがわかる指標です。YouTubeの評価基準では、再生回数よりも再生時間が評価されます。

つまり、多くの人が途中で離脱した場合、再生時間が伸びず評価も上がりにくくなる仕組みです。

そのため、視聴維持率が高いコンテンツを分析して、全体の動画の総再生時間を伸ばすことが重要と言えます。

一般的な視聴維持率は40%ほどです。これ以上の視聴維持率のある動画の分析をしましょう。

チャンネル登録者数の推移を分析する

チャンネル登録者数の推移は、YouTubeアナリティクスの概要タブから確認できます。

チャンネル登録者数の推移は、どれくらいの頻度で投稿しているか?など個人差があります。そのため、これまでに紹介してきた分析方法をもとに「この分析の結果を反映した動画を上げてから増加した」などをベースに推移を分析していくと良いでしょう。

YouTubeチャンネルの登録者数の伸ばし方|その他の対策編

YouTubeのチャンネル登録者数を少しでも伸ばすために、先ほど解説したポイントの他にさまざまな対策方法があります。

ここでは、運営方針・コンテンツ制作・YouTubeSEO対策以外の対策方法を解説します。

これまで解説してきた対策方法を試したが、少しでも多くチャンネル登録者数を獲得したい場合、ぜひ実践してみてください。

動画のシリーズ化

始めたてのチャンネルでは難しいかもしれませんが、YouTubeチャンネルの登録者を増やす上で動画のシリーズ化を行うことは有効です。
視聴者のニーズを満たしていれば、シリーズ化されているチャンネルではチャンネル登録の可能性が高くなる他、毎週のドラマを楽しみにするように熱量の高いファンを獲得することもできます。

また、動画視聴導線としてプレイリストにシリーズをまとめることで関連動画への誘導も可能になります。

親和性の高いチャンネルとのコラボレーション

こちらも開始直後のチャンネルには難しい施策ですが親和性の高いチャンネルとのコラボレーションを行うことでチャンネル登録者数を伸ばすことができます。

視聴者の年齢や性別、趣味嗜好が似ているYouTubeチャンネルとコラボレーションすることで効率的にターゲットの誘導が可能になります。
コラボする際のポイントとして、コラボ先のチャンネル視聴者にコラボ動画を見つけてもらうようにするため、YouTuberの名前をタイトルやタグ、概要欄に追加することを意識しましょう。

またコラボ先にも同じフローを満たしてくれるよう指示することも大切です。
概要欄には名前だけでなく、コラボして動画や相手のチャンネルのURLまで入れるようにしましょう。

掲示板やSNSなど複数の集客チャネルを利用する

YouTubeのチャンネル登録者数を伸ばすには、まずはチャンネルの存在を知ってもらう必要があります。

そのためには、掲示板やSNSなどでYouTubeチャンネルを宣伝すると良いでしょう。

YouTubeチャンネルを宣伝するための掲示板があれば、その他の事業も宣伝できる掲示板もあります。

またInstagramやTwitterなどのSNSは、年齢や職業問わずユーザーが多いことから、幅広い人々への宣伝ができると考えられます。

「#(ハッシュタグ)」を活用すれば、自社商品やサービス、企業名などを検索した方に表示される可能性が高まるでしょう。

YouTubeのチャンネル登録者数が増えないチャンネルの特徴6つ

チャンネル登録を増やす以前にYouTubeでは、投稿した動画の存在に気付いてもらえなければ数多ある動画の海に埋もれるばかり。しかし、投稿した動画が露出されるためのポイントを押さればチャンネル登録者数が増えるでしょう。

チャンネル登録数を増やすために以下で運用上の課題はないかの6項目をチェックしてみましょう。

チャンネル登録を増やす前に!チェックポイント6選

1.キーワードは適切に選定されているか

動画の内容やクオリティには自信があるのに視聴数が増えない場合に多いのがキーワード設定の甘さです。

例えばキーワードに「リフォーム 格安」と設定しているのに、動画の内容がリフォームの仕方がメインになっている。
「サッカー 欧州」のキーワード設定なのに内容がサッカーシューズの選び方になっているなどです。

極端な例ですが、目的をもって訪問してくるユーザーにとって、内容のミスマッチは即離脱につながる致命傷です。

戦略建てたキーワード設定を行った上で撮影・編集に挑む必要があります。

2.タイトルと内容が合致しているか

キーワード設定はSEO施策ですが、タイトルはユーザーが動画を選ぶ際に参考にするもの。

ユーザーに「見てみたい!」と思わせる魅力的なタイトルでなければクリックしてもらえません。そのためキーワード同様に動画内容とミスマッチしていると、視聴維持率が低くユーザーが集まりづらくなります。

・結論を載せる
・権威性の高い情報を載せる
・ユーザーが共感する悩みを載せる

上記のようにユーザーが思わずクリックしたくなるようなタイトルとサムネイルの作成が重要です。

3.ニーズに合ったコンテンツを提供しているか

キーワードもタイトルも合致している。でも見てもらえない…。
その場合に考えられるのはそもそもニーズがないということです。

ニッチやブルーオーシャン狙いだとしても、あまりに市場が小さすぎるのも困りものです。

検索サジェストキーワードプランナー等を駆使して狙った市場のボリュームがどの程度存在しているのかイメージすることも大切です。

4.チャンネル設定を正しくしているか

チャンネルとしての方向性を打ち出すことは、チャンネル登録という具体的なアクションをしてもらう上で重要な要素です。例えば、自転車メーカーなら、「自転車作りのプロが発信する乗りこなし支援チャンネル」といった方向性を明確に示しましょう。

チャンネルページのデザインやロゴマークの作りこみ、もっと基本的なことで言えば概要欄の説明やチャンネル名も適切なものになっているか、改めてチェックしてみるのも良いかもしれません。

5.コンテンツ内容は特化型になっているか

事業内容が多岐にわたる企業、YouTuberとして様々なことに挑戦したい個人だとしても、チャンネルで発信するコンテンツは初期段階ではできるだけ絞るべきです。

百貨店のように様々なテーマや領域でコンテンツを積み上げるのは悪いことではないですが、ユーザーにとって「このチャンネルは何のジャンルなの?」と思われることは初期段階で登録者数を伸ばすという目線で見るとマイナスとなります。

段階を踏んでジャンルを増やすのはいいですが、最初は特化型でスタートするのが賢明です。

6.クオリティが最低限をクリアしているか

これは画質というより、特に内容面についてです。内容のレベルは登録者が制作側の実力を見極める指標になります。

例えばノウハウものの内容が稚拙だったり、トークスキルが未熟な場合、信頼を落とすだけでなく、次に見てもらえる可能性も大きく低下します。

大きな予算をかけたり拘り抜く必要はありませんが、視聴者が快適に動画を見ることができる程度のクオリティについては最善を尽くすべきです。

YouTubeのチャンネル登録者数を増やした成功事例と理由【カテゴリ別5選】

YouTubeでチャンネル登録者数を増やすために、まずはどのようなYouTubeチャンネルが人気であるのかや、実際に登録者数が増えているチャンネルの種類を知ると良いでしょう。

チャンネルを新たに開設しようと考えている」方は、ぜひ以下でご紹介する実際に登録者数が増えたYouTubeチャンネルと、成功した理由を参考にしてください。

ゲーム実況チャンネル

ゲーム実況チャンネルは、顔出ししている方がいれば、顔出しはせずに音声のみで実況を行っている方もいます。

なぜ人気なのかは、コロナ禍をきっかけに自宅でゲームをする方が増え「攻略方法を知りたい」方が増えたからです。

またお笑い芸人やアイドルなどの芸能人のゲーム実況も注目されており、ゲームの内容は関係なく「芸能人のリアクションなどが見られるから」と実際にチャンネル登録する方が多いです。

登録者数が伸びたゲーム実況チャンネルは、リアクションの面白さや実況者が個性的などが特徴です。

そのためプレイが上手ではなくても、登録者数の増加が期待できると考えられます。

さらに必然と動画内容が長くなり、長時間の再生回数にもつながるので、広告収益を得るための条件である「直近1年間の再生時間の合計が4,000時間以上」を達成しやすくなるでしょう。

法律系チャンネル

法律系チャンネルは、日常と法律を絡めた内容が注目されており、誰でも分かりやすい内容がチャンネル登録者数増加につながっています。

法律系チャンネルと聞くと、一見「内容が難しそう」とイメージする方もいるかもしれませんが、人気のある法律系チャンネルは子どもから大人まで理解を深めながら楽しめる内容となっています。

例えば「校則って絶対に守らないといけない?」「殴られてやり返したら犯罪?」などの質問に、弁護士の観点で答えていくようなチャンネルもあります。

知っておくとタメになる内容や、友達や家族との会話のネタになるような動画が、チャンネル登録者数を伸ばすきっかけとなるでしょう。

カップル系チャンネル

カップル系チャンネルは、男女カップルや同性カップルなどチャンネルの種類がさまざまです。

なぜカップル系チャンネルが人気なのかは、リアルなカップル事情が見られる点が大きな理由だと考えられます。

特にカップルYouTuberの実態を知りたい方に大人気です。

またカップルのどちらかが個人チャンネルから、カップル系チャンネルに流れた方もいます。

そのためもともと個人チャンネルを運用していた者同士でカップル系チャンネルを開設すると、2人分の登録者数獲得にもつながりやすいです。

ただし、ファンの方々の理解を得る前にチャンネル開設を行うと、カップル系チャンネルだけではなく個人チャンネルでの被害にも影響するので注意しましょう。

ビジネス系チャンネル

ビジネス系チャンネルでは、仕事に活かせるスキルから、自己啓発などの心理的要素など多岐にわたって投稿されています。

ビジネス系チャンネルはビジネスマンから、就職を控える学生など幅広い年齢層へ需要があることが投稿が広がった理由でしょう。

ビジネス系チャンネルのメリットは、書籍などでは難しく敬遠される内容も、会話のテンポや編集技術、アニメーションを取り入れるなどの工夫をして、より多くの人が理解しやすくできることです。

ジャンルが多岐にわたることや、ビジネスという経験が活きるジャンルであることから、参入しやすいジャンルとも言えます。

エンタメ系チャンネル

エンタメ系チャンネルは、HIKAKINさんやはじめしゃちょーさんなどの著名なYouTuberが多いジャンルです。

著名な方が多いことからもわかるように、視聴者に親しみを持たれやすいと言えるでしょう。

エンタメ系は深く考えず見られて、暇つぶしには最適なジャンルです。調査によると、YouTubeの利用目的は最も多い4割が暇つぶしのためと回答。エンタメ系チャンネルはそうした視聴者のニーズにも合っていると言えるでしょう。

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすために広告配信はあり?

YouTubeチャンネルは、広告配信をきっかけに知ってもらえたり、既存ビジネスへの流入へとつながる可能性があります。

そのためチャンネル登録者数を増やすために広告配信を行うのは、1つの手段としてありだと考えられます。

YouTubeの広告配信には、インストリーム広告・インフィード動画広告・ディスカバリー広告などがあります。

特に動画視聴中に強制的に再生されるインストリーム広告は、チャンネルへの流入力が高く、登録者数を増やすためには効果的です。

またインフィード動画広告に関しては、検索結果やおすすめ動画の中に紛れている形で表示され、広告感がないので自然に再生されやすいです。

YouTube広告を有効活用

YouTube運用をより効率的に進めるためはYouTube広告を活用するのが最もスマートです。
様々な施策をすることで、YouTube運用における登録者の増加につなげられますが、結果が出始めるのは早くて3か月、一般的には半年~1年は考慮する必要があります。

YouTube広告を活用すれば、それだけの時間をかけて得られるWeb施策の成果をお金で買えるのです。
実際に成果が出るかは動画の内容次第ですが、より戦略的にスピード感もってYouTube運営を進めるなら使わない手はありません。

YouTube広告には大きく3種類あります。TrueViewインストリーム広告、TrueViewディスカバリー広告、インフルエンサー広告です。

TrueViewインストリーム広告

インストリーム広告はYouTubeを視聴していると最初や途中に流れる広告です。ここでは作成した動画をユーザーの視聴動画に差し込むことになります。いわゆるテレビCMと同じパターンです。

直接的な効果とは別に、どんな動画が見られやすいのか。タイトルやサムネイルなどを変えながらテストの意味合いも含めて活用すれば、今後の戦略にもフィードバックでき、それだけでもコスト分を回収できる価値はあるかもしれません。

TrueViewディスカバリー広告

ディスカバリー広告は関連動画の枠に掲出される広告です。本来ならしっかりと施策をしてある程度の実績が積み重ねって初めて掲出される枠にいきなり入れる価値はかなりのものといえます。
動画のクオリティが水準に達し、ニーズにマッチにしていれば一気に多くの視聴を獲得できるかもしれません。

注目動画や人気動画といきなり並ぶワケですから、よく視聴されている動画の内容をしっかり研究し、遜色ないレベルに仕上げておくことは最低条件です。そうでなければ効果はマイナスに作用しかねません。

インフルエンサー広告

著名なYouTuberに自社の製品やサービスを紹介してもらう広告です。
影響力のあるYouTuberがその動画内で扱ってくれるのである程度の数字は保証されたようなものです。
自社で作成する動画とコラボすることで、さらに活用効果は高まるでしょう。

YouTubeで支持を集めるには何が必要なのか。活用することで自社動画の数字を稼ぐことも重要ですが、トップYouTuberからそうした部分を学ぶ意味でも一度はやる価値のある広告といえるでしょう。ただし人選を間違えると企業イメージを落としかねないことは認識しておく必要があります。

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすためのツール6つ

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすには、ツールの活用がおすすめです。

さまざまなツールがある中で、どのようなコンテンツが人気であるのかなどを分析するツールを活用しましょう。

チャンネル登録者数を増やしたい方は、ぜひ以下でご紹介する6つのツールを利用してみてください。

YouTubeアナリティクス

 

動画へのアクセスだけではなく、チャンネル全体へのアクセスを解析するツールです。

YouTubeのアカウントを持っていれば、誰でも無料で利用できるので、複雑な設定や登録は必要ありません。

YouTube analyticsを利用すると、視聴者維持率・クリック率・視聴者属性・視聴時間帯・トラフィックソースから「どの動画が人気だったのか」「どのような人たちがいつ視聴しているのか」などが分かります。

例えば、分析結果から最も視聴されやすい時間帯に投稿するなどの工夫をすると、チャンネルへのクリック率が増え、登録者数の増加にもつながるのではないでしょうか。

ターゲットを絞るためにも活用できるツールなので、始めてツールを使う場合まずはYouTube analyticsから利用してみると良いです。

NoxInfluencer

YouTubeチャンネルの基本的なデータを分析し、分かりやすいデザインで表示するツールです。

NoxInfluencerで知れる情報は、主にグローバルランク・国/地域ランク・Noxスコア・アップロードされた動画の本数(直近1ヶ月)・広告収益の見積もり・アフィリエイト収益の見積もりの6つです。

NoxInfluencer独自の情報ではあるものの、はっきり数字で表示されるので、チャンネル登録者数を本気で伸ばしたい方にとっては目安となるでしょう。

また直近1年間のチャンネル登録者数の推移がグラフで表示されます。

ただし、データベースに登録されたばかりのチャンネルや認知度が低いチャンネルの場合は、グラフが表示されない可能性があります。

チャンネル登録者数を増やすだけではなく、動画の質を改善したい場合にはNoxInfluencerを活用すると良いでしょう。

vidIQ

動画を点数化し、ひと目で動画の質の良し悪しが分かるツールです。

YouTubeが公式でおすすめするツールであり、YouTubeアカウントがあれば誰でも無料で利用できます

vidIQでは、1つのグラフで動画の点数だけではなく、視聴者の年齢層や性別などが分かります。

また他の方の動画まで分析できるので、ライバルの動画を分析すればご自身のチャンネル運用に生かせます。

ただし他の方の動画を分析するには、Chromeに拡張機能を追加する必要があり、Chrome以外のブラウザでは使えないので注意しましょう。

ご自身の動画だけではなく、他の方の動画を分析してチャンネル登録者数を増やしたい方はvidIQをおすすめします。

RankTracker

RankTrackerはSEO対策に特化したツールで、競合他社の情報まで提供してくれるのが魅力です。

数十億のデータベースからキーワードを検索するKeywordFinderや、データをスキャンしてSEOの問題点を洗い出す監査ツールなどさまざまな機能を利用できます。

レポート作成能力にも秀でているため、チームでYouTubeを運営している人におすすめのツールです。

Awario

AwarioはYouTubeの分析に特化しています。YouTubeで他社が自分のアカウントに言及したら知ることができたり、インフルエンサーの発見やキャンペーンの追跡などが可能です。

特徴的なのがYouTubeモニタリングで、YouTubeを監視しブランドや製品、ハッシュタグなどのキーワードを追跡・分析します。

そのため、YouTubeに特化してより細かなデータ分析が可能です。

TubeBuddy

TubeBuddyはYouTube運営に役立つツールが60種類も搭載されたツールです。アナリティクスをもとにチャンネル運営のアドバイスをしてくれるOpportunity Finderという機能もあるので、データ分析に慣れていない人も参考にできます。

また、Video A/B Testsという動画の概要欄やサムネイルなどの効果テストを行える機能もついているのがポイント。

前述で分析について詳しく解説した通り、チャンネル登録者数を増やすためにはさまざまな項目で何が効果的だったのか?を分析しなければなりません。Video A/B Testsを使ってABテストをすれば、1度に2パターンの検証ができるので、効率的に分析が可能です。

YouTubeマーケティングで確認すべき要素とKPI

YouTube運営を成功に導くためにはマーケティングが重要です。アルゴリズムを押さえ、広告を活用する。それが即効性に優れる手段であることに違いはありません。

加えて、ユーザーの動向を詳細に分析することが、YouTube攻略には不可欠です。

YouTubeを訪問するユーザーの動向は、標準装備されているYouTubeアナリティクスを活用することで詳細に把握できます。様々な項目をチェックできますが、ここでは登録増を目指す上で特に重要な4つの項目に絞って紹介します。

インプレッション数

インプレッション数は画面にあなたの動画が表示された回数です。
トップページには動画リストが並びます。この中の一つがあなたの動画だとしても1インプレッションです。

ユーザーはその中から見たい動画を選びます。
この回数が多いということはあなたの動画は少なくともYouTubeからの評価は高いといえます。
増減をチェックすることでYouTubeアルゴリズムの攻略度が高まったと考えていいでしょう。

インプレッション数とクリック率

インプレッション数とクリック率

クリック率

クリック率はインプレッションの内、あなたの動画が選ばれた割合を示します。
10回のインプレッションがあり1回クリックされればクリック率は10%です。
一般的には2%~10%がクリック率の平均値と言われています。5%以上あればかなりいい数字だと思っていいでしょう。

クリック率が低い場合に検証すべきなのはサムネイルです。インプレッション数が多いにも関わらずクリック率が低い場合、サムネイルが魅力的でない可能性があります。

なぜなら多くの動画の中からユーザーはサムネイルに書かれている文字や画像から面白そうかどうかを判断しているからです。

視聴維持率

最後まで見てもらえればそれだけユーザーにマッチしたコンテンツ提供ができたことになります。

YouTubeが動画を最初から最後まで見てもらえるコンテンツを高評価することを考えてもこの指標は重要です。
どれだけの時間見られ、どこで離脱したのかを把握することで動画の構成の改善にもつながります。

視聴維持率と登録者数

視聴維持率と登録者数

登録者数

どの動画で登録されたのか。逆に登録解除されたのかも分かります。
動画単体で見るよりもあなたの企業の動画にユーザーがどんな内容を求めているかを探る意味でも、トータルでチェックすることが肝要です。

さらに登録者が多かった動画以上に解除された動画を分析することで、改善点がより鮮明に洗い出せるでしょう。

ここで紹介した3項目は、まさにそれがどれだけ進捗しているかを測るバロメーターです。インプレッション数が増え、クリック率が向上し、視聴維持時間が増える。それは、あなたの動画がYouTube内で影響力を増していることそのものです。

YouTubeアナリティクスでは年齢や流入経路も確認できますが、少なくともこの3つの指標を常にウォッチし、PDCAを回していけば、登録者は確実に増加に向かうハズです。

チャンネル登録者数を伸ばすにはYouTubeマーケティングの目線が必須

登録者の伸び悩みを解決するには、YouTubeの特徴を踏まえた戦略が不可欠です。
それを実践するためにはYouTubeマーケティングが必須となります。そのポイントは2つ。

YouTubeアルゴリズムを攻略する。
YouTube広告を有効活用する。

この2つができれば、チャンネル登録数を一気に加速させることも不可能ではありません。

チャンネル登録者数を伸ばすにはYoutubeマーケティングが必須

チャンネル登録者数を伸ばすにはYouTubeマーケティングが必須

YouTubeアルゴリズムを攻略する

YouTubeの登録者を増やすためにはより多くの人の目に留めてもらわなければ前へ進めません。そのためにはYouTube特有のアルゴリズムを把握しておく必要があります。
アルゴリズムは、ユーザーが見たいと考えている動画をできるだけ違和感なく提示できるよう計算された、いわば気の利いたコンシェルジュのような役割を果たすものです。

その攻略の鍵は YouTube のビジネスモデルを考えればみえてきます。
YouTube にとって好ましい動画、それはより長時間、最後まで視聴してもらえるコンテンツです。なぜなら多くの広告を掲載でき、より多くの収益につながるからです。

つまり、YouTubeとしては最後まで見たてもらえそうな動画が、おすすめしたくなるコンテンツということです。

選定における基本は、ユーザーの視聴傾向ですが、上記の条件をクリアしていればその中からさらに選ばれやすくなるといわれています。
要は、有益性が高く、内容も構成もすぐれた高品質な動画は多くのユーザーの目に触れやすくなるということです。
YouTubeの都合といってもこれはユーザーにとっても有益なことですから当然ですね。

その上でより戦略的にアルゴリズムを利用するなら、狙い目は関連動画です。
関連動画はその名の通り YouTube ユーザーが今見ている動画に関連した内容の動画を掲出します。ユーザーは次に見る動画を高い確率でここから選択するといわれ、閲覧率を高める上でも効果的です。

YouTubeアルゴリズムを攻略する

YouTubeアルゴリズムを攻略する

その仕組みは、例えばサッカーの動画を見ていればサッカー関連の動画。料理の動画を見ていれば料理の作り方の動画を掲出するといった具合です。

ここでポイントとなるのが 数ある関連性の高い動画の中からYouTube は何を基準に関連動画を選定するかということです。
それが、より長く YouTube に滞在してもらえそうな動画になります。
つまり、YouTubeが高評価している動画が、掲出されやすくなるのです。アルゴリズムの攻略は、いかにユーザーを満足させるか。そこが全てといっていいかもしれません。

YouTubeのチャンネル登録者数についてのよくある質問

YouTubeのチャンネル登録者数についてのよくある質問を4つ紹介します。

チャンネル登録者数をリアルタイムで確認する方法は?

  1. YouTube Studioにログインする
  2. 左側のメニューでアナリティクスを選択
  3. 概要タブのリアルタイムカード、現在の数を表示をクリック

チャンネル登録者数を細かく見る方法は?

チャンネル登録者数1000人未満はリアルタイムで前述の確認する方法と同じやり方で1人単位で見ることが可能です。

1000人以上になると、YouTubeのシステム上、10人や100人単位でしかチャンネル登録者数を確認できません。

チャンネル登録者数を非表示にする方法や理由とは?

2022年7月29日よりチャンネル登録者数を非表示にすることができなくなりました。

これまで非表示にしていた理由としては、2つのパターンが想定されます。

  • まだ始めたばかりで登録者数が少ないチャンネルで、一定の権威性や動画の信憑性を得るために非表示にしていた
  • 人気が出ると悪質な行為やコメントのターゲットにされることを防ぐ目的

非表示できなくなった理由は、人気配信者のなりすましを防ぐためというのが考えられます。

日本のYouTubeのチャンネル登録者数ランキングを見る方法は?

yutura(ユーチュラ)で登録者数や再生回数のランキングを見ることが可能です。

チャンネル登録者数を伸ばす近道はYouTube運営のプロへ|TUUUBEへのお問い合わせはこちら

本記事ではYouTubeチャンネル登録者数の伸ばし方に関して基本的なポイントを解説しました。

YouTubeチャンネルの登録者数を伸ばしたい、登録者数の伸ばし方が分からないという方は多いはずです。

実際にYouTubeチャンネル登録者数を増やすためには行うべきステップが複数存在します。

運用するYouTubeの方向性・戦略の策定などベースとなる部分からチャンネル開設・実際の設定、そして根幹となる動画コンテンツの制作。
実際に動画がアップされた後はアナリティクスの分析から運用改善など。

YouTubeに関する専門知識を持っていない状態でこのような施策を成功させることは至難の業だと言えます。

YouTubeチャンネル登録者数を伸ばしたいという場合、まずはYouTubeマーケティングを専門に活躍する企業に相談するというのは有効な手段です。

本記事を執筆した株式会社TUUUBEはジャンルを問わず数々の企業のYouTubeチャンネルを立ち上げから運用まで支援する実績のあるYouTube運用支援会社です。

YouTubeに特化したプロフェッショナルによる運用実績と、国内最大級のYouTubeニュースメディア「LogTube」の運営を通じて日々収集されるYouTube関連の最新情報を組み合わせることで企業のYouTube活用を数多く支援しています。

「自社でYouTubeを活用したい」「YouTubeを始めたが思うようなマーケティング効果が出ない」

このようなお悩みを持った企業のマーケティング担当者さまは、以下フォームよりまずは株式会社TUUUBEにお気軽にご相談下さい。

まずはお気軽にお問い合わせください

YouTube を活用したい企業のチャンネル運用代行や運営支援を行なっています!!
また Web 広告動画や YouTube 動画の受託制作でも多数の実績があります!!

ご相談・各種お問い合わせはこちら